最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

マツコ、芸名は「マツコ・インターナショナル」だったかも? 「5時に夢中!」で語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

5月15日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、月曜コメンテーターのマツコ・デラックスが、友人で女装家のナジャ・グランディーバ、ダイアナ・エクストラバガンザ両名と共に、自身らの芸名について語った。

マツコ・デラックス」以外の意外な芸名候補とは?



12日に発表された「アメリカの赤ん坊の名前ランキング」で、大統領と同じ「ドナルド」が前年から順位を下げたというニュース。これをきっかけにMCのふかわりょうが「みなさん個性的な名前ですけれども」と切り出し、それぞれの芸名がついた経緯を尋ねた。

ナジャ・グランディーバの芸名は、憧れのドイツ人モデルから拝借したもので、ダイアナ・エクストラバガンザの芸名は大好きなダイアナ・ロスから迷いなく付けたと語る二人。「マツコさんはご自身で(つけたの)ですか?」とふかわに振られたマツコ・デラックスは「私はもうずっと『マツコ』って街で呼ばれてたから。あたしが一番名前の付け方は適当」と語り、ナジャとダイアナを「この二人はうらやましいと思うランキング2トップよ。本当にすごいいい名前だなと思う」とした。

自身の芸名について「マツコは決まってたんだけど、『デラックス』『インターナショナル』『ロワイヤル』『ユニバーサル』が残ったのよ」と語り、その意外な候補にスタジオは爆笑に包まれた。最終候補は「デラックス」と「インターナショナル」の2つに絞られ、最後は一番単純な「デラックス」に落ち着いたと話すマツコ。ダイアナからは「『マツコ・インターナショナル』って会社名みたいね」とツッコまれていた。

エクストラバガンザという名字は、「何かで見て、ゴロがいいから決めた」というダイアナ。一方ナジャは、初めてゲイバーに行った時に名前を聞かれて「エリザベスです」と答えたという。ことあるごとに二人を「かわいい」「おしゃれ」と形容していたマツコ。「ここまで行くと究極のオシャレよね」と締めた。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス