最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

毎週泣けると話題のドラマ『母になる』は、母と子の神話に別視点を示す物語 - "母になる"ことvol.8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●"母親"という名誉職を奪う戦いは必要なのか?
女優・沢尻エリカ主演の日本テレビ系ドラマ『母になる』(毎週水曜22:00~)から、"母になる"ことを考えるこのシリーズ。vol.8では、同局の櫨山裕子プロデューサーに話を伺っていく。

同作では息子・広(道枝駿佑)が誘拐され、9年の歳月を経て再会することになった母親・柏崎結衣(沢尻)、広を救い7年間育てていた門倉麻子(小池栄子)、ヘアメイクとして活躍しながら「良い母親になれていない」と苦悩する西原莉沙子(板谷由夏)という、3人の"母"が描かれる。それぞれの思いが交錯し、毎回「いちいち泣ける」「辛いけど見てしまう」と話題だ。

現在の展開では、実の母親 VS 育ての母親といった"女の戦い"に注目が集まっている。しかし、実際に話を聞いてみると、今後は事前に予想していた"母になる"物語よりも、柔軟な道が示されようとしていた。

○親だけが子供を育てるのではない状態に

――今回のドラマの制作に至ったきっかけは、何かあったのでしょうか?

自分にも子供がいて、脚本家の水橋文美江さんにも子供がいて、やっぱり思うようにならないことが多いんですよね、子供って。自分が母親かと言われたら、物理としてはそうなんだけど、想像してたよりも、実感する瞬間が少なかったりして。そんなことよりも、いろいろ起こる問題の方が大きい。

本当にわからない・できないことだらけなんですけど、じゃあ後悔するかというと、それはないんですよね。その感覚をなんとかして皆さんに伝えたいと思ったのが、きっかけでした。タイトルからも分かる通り、「母になる」ということの意味、難しさ、喜びをドラマにしたかった。

――ご自身の経験がかなり含まれているんですね。

私は自分が子供を産んで、すごくラッキーなことにお姑さんが面倒を見てくれたので、今の仕事を続けて来られました。それでも、他の人が育てているから、自分の思ってることと違ったりはするんです。でもそこはひとつ、納得しないとダメですよね。

そういった経験をしているので、親だけが子供を育てるのではなく、何かもっと緩やかな共同体みたいなものがあってもいいんじゃないかと思ったりします。生物学的な母親に縛られるとどんどん首が絞まっていくので、ゆったりとみんなで子供を気にかけて接していくことができると、子供にとってもいいんじゃないかなと思います。

――共同体といっても、村社会のようなものではなく、緩やかな共同体というところが良いですね。

今、前半戦でやっているのは、"母親"という名誉職を奪い合う戦いじゃないですか。でも果たしてその戦いって必要なのか? という問いを投げかけたいです。母親と子供の神話を信じる人にとってはとんでもない話かもしれませんが、せっかくやるんだったら、そこまでいかないといけないんじゃないかと。賛否両論あるとは思いますが。

●「母親」という一言でくくらない物語に
○もう少し楽に生きていける道を探りたい

――『母になる』では女性陣も様々な立場の方を配置されている印象です。毎週見ていると誰かのシーンで必ず泣けてしまうんですが……。

小池さん演じる麻子は、子供を産んでない人の代表という役割があります。麻子は、子供を産んだことのない人が受ける社会からのプレッシャーみたいなものを、全部受け止めてしまう。その麻子の思いと、「自分が母親なんだ」ということが確信的にわかってる結衣との間に壁や溝はあります。

かたや、板谷さん演じる莉沙子は子供を産んでいるのにわからない。それは私に近いかもしれないですが、母親になったという実感が薄い人もいると思いますし、「母親」という一言でくくられてしまうけど、女性にとってはいろんな立場や思いがあるということも盛り込みたかった。

でも逆に引いて見てみると、それぞれ抱えているものはそんなに重いことなのかなという気もして。今は、子供を産んで育てるということの意味が、どんどん重くなっているのではないかな。もう少し楽に、周りも自分も生きていける道はないのかな、という思いはあります。

――そういった立場の違いやそれぞれの思いを考えるきっかけはあったんですか?

子供が悲惨に死んでいく事件が多かった時期があって、それに対する分析本がたくさん出ていたのですが、親と子供の関係の歪みが原因だと言われていることが多いように感じました。それを読んでいつも思うのは、「客観的に何かを言ってやれる立ち位置の人はいなかったんだろうか?」ということでした。

子供に何かあった時、親だけが責められて、その後の人生が大きく変わってしまいますが、本人たちは良かれと思ってやっていたこともたくさんあったはずで。そこになぜ、第三者がいなかったんだろうか? 違う価値観の人がいれば、もうちょっと違った風に物事が運んだんじゃないか? と思うんです。親子をめぐる関係の有り様みたいなのが窮屈になっているから、もうちょっと緩めたほうがいいんじゃないかと。あまり背負い込みすぎずに、他の人に助けを求めるとか。

私も姑が助けてくれなかったら多分、すごく追い込まれていたかもしれないと思うんですが、そこは甘えることができました。そういうことが可能な環境があるなら求めてもいいと思うし、それを受け止める側の認識も含め、もう少し視野を広く持ってもいいんじゃないかなと思うんですけどね。

――それでは最後に、今夜放送の第6話の見どころを教えてください。

麻子がなぜ、広を7年間育てるに至ったかということを全部見せます。とんでもなく壮絶だと思うので、多分一番泣くと思います(笑)。でも、面白いです。見る人によっては全然感想が違いますから。麻子にすごく共感する人もいれば、「麻子が許せない」という人もいて、それがまさに立場による違いなのかもしれません。

○ドラマ『母になる』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)

3歳で誘拐にあった息子が、9年を経て13歳になって現れ、それに関わる3人の女性たちが傷つきながらも「母になる」までの物語。出演は、沢尻エリカ、藤木直人、中島裕翔、道枝駿佑(関西ジャニーズJr.)、高橋メアリージュン、浅野和之、風吹ジュン、板谷由夏、小池栄子ほか。

(C)NTV

※5月24日掲載予定のvol.9では、キャストについてお話を伺っていきます。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス