最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

波瑠の不倫相手が絶妙にチャラい!「あなたのことはそれほど」他、注目の春ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【芸能ライター・スナイパー小林の今からでも観るべき春ドラマ Vol.2】

前回に引き続き、4月スタートのドラマの中から私が気に入った、今からでも観てほしい作品をいくつかピックアップします。

今回はいつの間にかヒットドラマの放送枠化(「重版出来!」「逃げ恥」「カルテット」など)したTBSの火曜22時。そしてヒューマンドラマ枠化しつつある水曜22時の作品を紹介します。こうして並べてみると、期せずして曜日違いの22時対決となったのかも?

●あなたのことはそれほど

毎週火曜22時放送/TBS系列/出演:波瑠、東出昌大、仲里依紗、鈴木伸之

◆みんなが大好物のゲスです、不倫です

W不倫劇をめぐる2組の夫婦が織りなすラブストーリー。原作のマンガが人気を博しているだけに、主要4キャラへの注目度は高い。各キャスティングを私なりに分析してみよう。

憧れていた同級生と不倫の恋に落ちる、渡辺美都(波瑠)。朝ドラ効果で清廉潔白なイメージが強かった波瑠がズルい女を演じることにやや不安があったけれど、これがいい化学反応を起こしている。真面目そうな人が悪気もなく浮気をする様子は、観ている側をイライラさせてくれる。とにかくこの女、美都がムカつきますので奥様方は視聴にご注意を。

妻を猟奇的に愛する美都の夫・涼太(東出昌大)。東出の怪演のエスカレートに期待がかかっている中盤、私が注目したのは、彼の声が震えだすとストーリーが動きだすということ。彼の声の性質なのかもしれないけど、「貴族探偵(フジテレビ系列)」のミポリンの声と微妙にリンクする。

美都と恋に落ちるイケメン会社員の有島光軌(鈴木伸之)は、チャラ男臭の醸し出し方が絶妙だ。第4話で自分の子供の出産祝いを、あっさり美都との逢瀬に使っちゃうあたりが……! 鈴木が三代目JSB(兼EXILE)のガンちゃんに似ているのは、みなさんお気づきだろうか。彼が三代目のオーディションを受けて落ちたというのも何となく頷ける。

そして光軌の妻・麗華(仲里依紗)。しっかり者だけど地味なビジュアルで薄幸そう、という原作のイメージを忠実に、そして安定して再現しているのは、この役だけかも。さすがです。

●母になる

毎週水曜22時放送/日本テレビ系列/出演:沢尻エリカ、藤木直人、小池栄子

◆子どもを産んでいなくても感動

3歳で誘拐され、見ず知らずの女性に7年間育てられていた愛息。そして9年後に息子を発見して物語がスタートする夫婦のヒューマンドラマだ。

現在、産みの母・結衣と7年間の育ての母・門倉麻子(小池栄子)のふたりの、広(道枝駿佑)を巡る愛憎劇、いや攻防戦が始まったところだろうか。自分が置かれた状況を把握しつつも、麻子を「ママ」と呼んで慕い続け、結衣の自分に向けられた愛情に揺れる広。どうすればいいのか正解を見出せない親子たちが切ない。

このドラマの番宣でエリカ様が多くのバラエティ番組に出演していた。中でも印象的だったのは、「踊る踊る! さんま御殿!!(日本テレビ系)」で、さんまからネットで叩かれることを気にしないのかと聞かれた時の一幕。

「もう、全然。『死ねばいいのに』とか(ネットで書かれても)おまえが死ねよ、みたいな」

このエリカ様の一言に拍手喝采。やっぱり強気な彼女は美しさを増す。さらに同じ番組に出演していた小池栄子の「ハリウッドのレッドカーペットで『別に』って言ってほしい」にも笑った。このふたりによるドラマの副音声放送を期待。

<TEXT/スナイパー小林>


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス