最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

視聴率低迷の原因は二階堂ふみの棒演技ではない?/『フランケンシュタインの恋』第四話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日放送の『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)第四話視聴率は、前回から0.4ポイント低下の8.0%だったことがわかりました。ネットでは、視聴率が奮わないのは「二階堂ふみの棒演技のせい」なんて言われていますが、単純に脚本が面白くないからだと思います。物語うんぬんではなく、綾野剛のエロさと可愛さを拝むためのドラマなわけで、二階堂ふみ演じる津軽継実は、深志研(綾野剛)に感情移入して見ると本当にイラつく女の子。あえての棒演技が嫌とかいう以前に、好かれるわけがないんですよ。

今回は、そんな2人がお散歩するシーンから始まったのですが、横断歩道を渡れば前を歩く園児の真似をして手を上げる研さん。継実に「散歩」という言葉を習えば、「サンポ? 散歩楽しいです!」と笑う研さん。ショッピングモールで洋服を選べば、何種類も試着しては継実に首をかしげられ、いつもの服に着替え直すと「しっくりきますね!」と言われて何も買わず仕舞い。結局買えなかったのにニコニコ笑う研さん。継実の大学へ行き、「昔、私(=継実)と同じ病気で死んだ母と一緒に手を合わせてた」という敷地内のお地蔵さんに目をつむって手を合わせる研さん。継実が、お地蔵さんの隣に生えている“いつ来ても花が咲いてない木”を見て「ここに来るたびに思うんです。私ももうすぐ枯れるんだって」とメンヘラ発揮すると、眉をハの字にした切なげな顔でたたずむ研さん……他、開始10分は研さんがただただ可愛い時間でした。大満足です。

その夜。研さんが再度ラジオにメールを送ると、翌日、作業場に稲庭先輩(柳楽優弥)と継実が来ていた時にまたメールが読まれました(先週ラジオをクビになったはずの天草ですが、前回の研さんのお悩み相談にリスナーから大反響があり、続投することになりました)。今回の相談は「恋をすることができました。でもその人は治らない病気で悩んでいます。大事な人の命を守るにはどうすれば良いのでしょうか?」というもの。天草(新井浩文)が回答を求めて突撃したのは、『運命は自分で変えられる』なる本の著者という継実の大学の教授・鶴丸(柄本明)! 鶴丸教授が「相手を喜ばせることです。楽しませることです。もっと長く生きたいと思うようにその力を引き出すことです。相手に生きてほしいと願うことです。恋の力は相手の遺伝子を変えることができる!」と熱弁すると、天草は「フランケンシュタインさん、相手を喜ばせて笑顔にしてください。心から革命を起こしてください!」とエールを送りました。

背中を押された研さん、ラジオが終わると「僕は津軽さんが好きです。津軽さんに恋をしています。津軽さんも僕に恋をしてください。津軽さんを喜ばせます。津軽さんを笑顔にします。そしたら津軽さんは長く生きられます」とみんなのいる前でド直球の告白! しかし、継実は「勝手なこと言わないでください。恋はできません。恋人にはなれません。ごめんなさい」と去ってしまいます。うーん。先週「私と一緒に人間の世界で生きていきましょう」なんて言ってたし、お散歩中の雰囲気も良い感じだったし、そもそも森から研さんを人間界に引きずり出して来たのは継実です。勝手なのはどっちかな? イライラ。

さらに翌日。研さんは仕事中にビルの3階から転落し、継実の姉・晴果(田島ゆみか)の病院へ救急車で運ばれます。が、鶴丸教授いわく、深志研太郎によって“永遠の命を与える菌”を注入されたことで、細胞の再生力が人間を越えて高いという研さんは、大事故なのに擦り傷ひとつありませんでした。その上、晴果が体温を測るために研さんが寝ている布団をめくると、シーツには白いキノコがびっしり! 思わず晴果は、第一話で自身が倒れた時のことを思い出し「気味悪い……妹に近付かないで!」と絶叫。研さんは病院から逃げ出してしまうのです。継実が病院に来ると、白いキノコまみれの布団を見せながら「これ、私に生えてたのと同じものじゃないの? あの人、なんかおかしいよ……」と告げる晴果。傍から見れば正論ですよね。しかし継実はキリッと「お姉ちゃん、深志さんは何も悪くないんだよ。いつもそのことで悩んでるの、ずっと身体のことで……私と同じなんだよ」と睨んで、研さんを探しに行きます。こっぴどく振った相手が入院したらお見舞いに行くとか、いなくなったら探しに行くとかって、やっちゃダメだと思います。期待しちゃうでしょ! イライラ。

挙げ句。研をお地蔵さんの前で発見した継実は、再び愛の告白を受けるのですが、「恋なんて目に見えないじゃないですか。そういうことに頭を使って振り回されたくないんです。自分の人生が短いことを悲しいとも思いたくないんです。私が恋をしても仕方がないんです」とまた振ります。

ここで研は、本ドラマ最大の超ファンタジーを見せるのです! なんと、継実が自身の寿命と重ねて見ている“枯れた木”を抱きしめ、木に念のようなものを送り始めると……木が花、ではなく、継実が好きと言っていた「赤いキノコ」だらけに!!! そして、「津軽さんがいることに感謝しています。津軽さんに喜んでもらえるように、津軽さんが笑顔でもっと生きられるように僕が願います。津軽さんを枯らしません、僕が革命を起こします!」とまたまた告白を! これにより継実は、泣きながら「はい」とニッコリ!!! いやいや、えーー!! やっと2人が両思いになれたこのシーンって多分泣きどころだと思うんですけど、2人とも変わり者すぎてまったく泣けません。というか、初回から「キノコが気持ち悪い」って散々言われているのに、キノコの木にする必要ってありました?

さて。ようやく気持ちが通じ合った2人の恋ですが、ちょっとずつ嫉妬心が溢れ出てきた稲庭先輩。まだ継実のことが好きなんですね~。「フランケンシュタインって本当にいるの~?」と疑い始めた天草の先輩ラジオDJ・十勝みのる(山内圭哉)と大宮リリエ(水沢エレナ)がラジオで「フランケンシュタインさん、もし本当に存在するならラジオにご連絡くださ~い!」と募っているのを聞いた稲庭先輩は、天草のもとを訪ね「フランケンシュタインならうちにいます」とリークするのです。来週はラジオチームと研さんがご対面することに……! 何だか企んでいる様子の稲庭先輩。先週はあんなに可愛かったのに、もうニヒルな顔つきがハマっています。綾野剛の可愛さだけで、どこまで踏ん張れるのか……。第一話ぶりのヌードに期待です!

(ドラマウォッチ:ナチョス)

・第一話:綾野剛の入浴シーンがエッチ…いつの間にガチムチ体型に?/『フランケンシュタインの恋』第一話レビュー
・第二話:可哀相な怪物・綾野剛が可愛いすぎて死にそう…!!/『フランケンシュタインの恋』第二話レビュー
・綾野剛に続き、恋敵・柳楽優弥まで可愛さ発揮! いい男しかいないアタリドラマ/『フランケンシュタインの恋』第三話レビュー

<そのほかのドラマレビューはこちら>

▼母になる

▼人は見た目が100パーセント

▼ボク、運命の人です。

▼あなたのことはそれほど

▼女囚セブン

外部リンク(messy)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス