最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

綾野剛の“ライバル”発表に会場沸く 村上虹郎のライバルには納得の声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【綾野剛/モデルプレス=5月15日】俳優の綾野剛が15日、主演映画「武曲 MUKOKU」(6月3日公開)の完成披露試写会に出席。ライバルを明かした。

同作は、「私の男」の熊切和嘉監督最新作で、綾野演じる主人公の矢田部研吾と、村上虹郎演じる高校生・融との宿命の対決を軸に、“父と子”、“師匠と弟子”の闘いと絆を描く。

◆綾野剛のライバルは…?



この日は綾野のほか、村上、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明、熊切和嘉監督が出席し、同作の内容にちなんで各々がライバルを明かした。

綾野は「ライバル…いやぁ…んーーー」と長く考えた末、「ふざけてるわけじゃなく、武曲では“矢田部研吾”っていう役をやっているんですけど、別の作品で“研さん”っていうのをやっていまして…。同じ研究の研で(笑)研さん対決だなって…」と主演ドラマ「フランケンシュタインの恋」(日本テレビ系・毎週日曜よる10時半放送)で演じるかいぶつ“深志研”と対比。

ドラマでは和みキャラが特徴の研さん、映画では狂気に満ちた研さんであることから「天使のように優しい研さんが勝つか、地獄のような研さんが勝つか…ちょっと楽しみ」とし、会場に訪れたファンを盛り上げた。

◆村上虹郎のライバルは…



一方、父は俳優の村上淳、母は歌手のUAを両親に持つ村上はライバルについて「両親」と回答すると会場は一気に納得のムードに。

「永遠のライバルかなと思います」と深々と話すと、“かいぶつさん”をライバルにあげた綾野は「俺ちょっともう恥ずかしい…」と照れ笑いを浮かべていた。

◆綾野“研吾さん”の作品に意気込み



綾野は同作について「色んな感情が入り交じる作品です。そんな中でも一つあげるなら、誰しもが誰かの子供であったということ。生きていること自体が希望であるということが、さいごまでとおしてみていただける中で体感していただけると思います」と話した。

また、劇中では剣道で村上と熱い対決を繰り広げており「虹郎と“アクションではなく剣道”をやっています。一人でも沢山の方に観ていただいて、愛していただけたら幸いです」と締めくくった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス