最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

AV女優イベントの控室で起こる“ギスギス感”の正体とは?【カリスマ男の娘・大島薫】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

先日久しぶりにAV女優だらけの現場に出席した。

4月30日、7回目の開催となる「ニコニコ超会議2017」に出演者として呼ばれる機会をいただいた。内容はAV女優を数人集めて、真面目にニュースを語ろうというような主旨のものだ。ボクはAV業界を辞めて久しいが、司会の大役を預かった。

出演者は紗倉まなさん、大槻ひびきさん、月島ななこさん(片桐えりりか)さんという、いわゆるトップ女優たちだ。控室で和気あいあいと盛り上がるAV女優たちを見て、「昔見たトップ女優たちの印象と違うな……」と、ボクは現役時代に見たある光景と重ねていた。

「Japan Adult Expo」という、AVメーカー、おもちゃメーカーなどアダルト業界を巻き込んで開催される大きな祭典が毎年行われているのをご存知だろうか。ボクは現役時代、そこへ呼ばれたことがある。もう3年前、2014年度の会場はディファ有明だった。

広いドームに所せましと大勢の観客が集まったが、出演者の人数もすごい。トップAV女優だけを100人も集め、大部屋の控室にはそうそうたる顔ぶれが並んだ。言ってみれば、これも女性の恰好をしたことでしか、見ることのできなかった景色だ。

ただ、部屋に入ったボクは、すぐにある違和感に気付いた。

◆控室で感じた「全方位への威嚇」

美しく、愛らしい女性だらけのその空間に、異様なまでのピリつきを感じる。

「あー、かおるー! 一緒に写真撮ろうよー!」

顔なじみのAV女優さんに声をかけられる。

「う、うん……」

それに答え、一緒にスマートフォンで写真を撮る。その間もボクは刃物を突き付けられているような鋭い視線を感じていた。

ボクが何かをしたのだろうか? いや、そうではない。これは全員から発せられる全方面への威嚇なのだと気づいた。

実のところ、AV女優で、しかもわりと名の売れた人物たちは、そういう視線をほかのAV女優に向けることが多い。もう引退したため、ここで名前を出すことは控えさせていただくが、誰でも知ってるある有名AV女優が、イベントはおろか現場にすら「自分以外の女を入れるな」と言っていたエピソードなどは業界では有名な話だ。

ああ、それでかと納得がいった。例えば、有名女優2人が出演している3PモノのAVなど、演者だったボクはもはや見方が変わってしまっている。こういうときはお互いの技術の見せ合い、マウンティングの場にしか見えない。

どうやって相手よりもエロく見せるか、どうしたら相手よりかわいく映るかの戦い。もちろんすべての女優がそうではないが、有名になればなるほどその傾向は強くなる。

この女性が抱く感情は何なのだろうか。

◆女性は「大勢のなかの一番」じゃダメ

どことなく野心家といえば、男性のイメージがある。闘争本能とはいわば男性性の象徴のように語られることも多い。では、女性が抱く誰よりも上に立ちたいというこの想いは、野心とは別のものなのか? いや、これは男性の見た目のときに男社会で感じた野心とも方向性が違う気がする。

ボクはこの活動を始める前、営業会社にいたことがある。いわゆるブラック企業だ。目の前の数字を追いかけることを目的とする会社だけに、社員には野心家も多かった。誰よりも数字を上げてやる、営業成績で1番になってみせる。そんな同僚の野心を多く感じていた。思うに、男の野心とはこの「1番である」ということがポイントなのではないだろうか。

では、女性の野心とはなにか。それは嫉妬心と言い換えてもいい。その場にいる人間のなかで1番好かれていればいいのなら、「現場に自分以外の女性を入れるな」という発想には違和感がある。それよりも自分だけが評価の対象でいたい。つまり、女性の野心とは、オンリーワンでいたいということなのではないかと、ボクは考える。

昔付き合っている女性に「私のこと好き?」と聞かれて、「1番好きだよ」と答えたら「2番もいるの?」と訊かれたことがある。そのときはなぜそんなことを訊ねられるのかわからなかったが、いまそういう場面に触れてわかった。そう、女性は1番ではだめなのだ。

「君のことだけが好きだよ」

そうでなければいけない。トップに立ちたいと考えるのは、タテ社会に生きる男が陥りがちな思考ではないだろうか。同じ職種、ジャンルで競い合い、切磋琢磨する関係性は、こと恋愛において女性は求めていない。自分だけを必要としてもらいたいのだ。

ほんのわずかな言葉選びの差で、相手の受ける印象は大きく変わる。我々男性の常識は女性にとっての常識ではない。そういった微妙なニュアンスまでを含めて、女性と接せられたら、もう少しボクらの関係は上手くいくのかもしれない。

【大島薫】

作家。文筆家。ゲイビデオモデルを経て、一般アダルトビデオ作品にも出演。2016年に引退した後には執筆活動のほか、映画、テレビ、ネットメディアに多数出演する。著書に『大島薫先生が教えるセックスよりも気持ちイイこと』(マイウェイ出版)。大島薫オフィシャルブログ(http://www.diamondblog.jp/official/kaoru_oshima/)。ツイッターアカウントは@Oshima_Kaoru


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス