最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「チケトレ」オープンにユーザー賛否「ジャニーズに使える?」の声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
アプリなどで誰でもチケットの売買を行えるようになり、何かと問題が起きているチケットの高額転売。 昨年にはアイドルグループ「嵐」のコンサートチケットを高額で転売した女が逮捕されるなど、社会問題となっています。

ですが、「本当に行けない…」というときにも譲渡の手段が無く、チケット代を無駄にすることも。

そんな中、転売の対策の一環として"定価でチケットを譲れる公式チケットトレードリセール「チケトレ」が2017年5月10日にプレオープンしました。

チケトレとは?


・日本音楽制作者連盟
・日本音楽事業者協会
・コンサートプロモーターズ協会
・コンピュータ・チケッティング協議会

の4団体が開設。

運営はぴあが担当しています。

チケットはすべて券面金額で出品
代金のやり取りはすべてチケトレ運営事務局が仲介
万が一、購入者が「偽造チケット」「出品者都合によるチケット未着」「出品者都合によるチケット紛失・破損」などの事由により公演に入場できなかった場合はチケトレ運営事務局にて取引をキャンセルし、購入者にチケット代金+取引に関わる手数料を全額返金する(※高額転売を阻止する「チケトレ」誕生!しかし問題点もあるようで…/かみあぷ速報より)

販売が終了しているチケットが「定価で手に入るかも」と一見良いように思えるのですが、色々と問題点があるようです。

出品者は発送まで自分持ち!?


ではどういうシステムかというと、

取引手数料
・出品手数料:今だけ¥0!
・購入手数料:購入チケット金額の10%

決済システム手数料
・購入したチケット金額の3%
※チケット購入時のみ加算

送金システム手数料
¥380
※出品チケットの取引成立時に加算
(※公式サイトより)

その高い手数料、送料は自分持ちというシステムに厳しい意見が寄せられています。




転売ヤーの餌食ではないかと懸念の声


また、転売屋がチケットを定価で買い、オークション等で高値で売るのでは?という懸念の声もあります。



身分証関係でも不安が…


最近のチケットには転売防止のため"身分証を確認"というところも増えてきています。 このことに対し「チケトレ」では、

・初回のみ運営側にて出品者及び購入者の本人確認あり。
・身分証(運転免許証、健康保険被保険者証、パスポートのいずれか)を提出、ユーザーが撮影した写真(画像)をアップロード
・氏名(漢字・かな)/生年月日/身分証画像/住所/口座情報(※出品者のみ)

としています。
「リスク高すぎ」と、その点でもユーザーが手を出しにくいことの一環にもなっているようです。





チケット戦争必至のジャニーズ界隈には期待の声も


チケットの高額転売でファンが悲鳴を上げていたジャニーズ界隈には期待の声もあります。

たしかに、ジャニーズのチケットはどのグループも争奪戦が厳しい様子、
導入可能なら利用者は一気に増えるのではないでしょうか。




プレオープンから賛否両論な「チケトレ」

正式なオープンは2017年6月1日からとなりますが、高額転売を防ぎ、一人でも多くの人が満足にチケットを手に入れることができるようになればいいですね。今後の展開に期待です。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス