最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

TMR西川貴教「明治時代じゃん!」TOKIO山口達也の極貧生活に驚く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5月10日放送の「TOKIOカケル」(フジ系)のゲストは西川貴教。かつて同じ地域に住んでいた西川と山口達也が、ブレイク前に体験した極貧生活を明かした。

ソロデビュー前の1991年に、20歳でバンドデビューした西川。

その頃に住んでいたのは中野周辺で、西武新宿線の下井草駅が最寄り駅だった。

「金なかったから、渋谷から歩いて帰ったりとかしてましたもんね」と当時の貧乏生活を振り返る。

このエピソードを聞いて、山口は「たぶんその当時、オレ家近いよね」とポツリ。

デビュー前の山口も、同じ西武新宿線の野方駅の近くに部屋を借りていたという。

「リハーサルしてる貸スタジオが野方にあって、通ってましたね」と西川が応じると、長瀬智也は2人を指さしながら「(西川と山口は)同じバンドでもおかしくないくらい(笑)」と偶然のニアミスに驚く。

山口の部屋によく遊びに行っていた松岡昌宏は「お金ないから冷蔵庫なくて、全部ボウルに氷入れて冷やしてた」と山口の極貧ぶりを暴露。

西川は「(そんな冷やし方)明治時代じゃん!」と突っ込む。

次回、5月17日(水)放送の「TOKIOカケル」のゲストはKis-My-Ft2藤ヶ谷太輔と高嶋政宏。

https://news.walkerplus.com/article/108838/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス