最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

前田敦子、長澤まさみの妹に 「散歩する侵略者」追加キャスト発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前田敦子/モデルプレス=5月11日】女優の長澤まさみ、俳優の松田龍平、長谷川博己らが出演する映画「散歩する侵略者」(9月9日公開)の追加キャストとして、前田敦子らの出演が発表された。

5月17日(現地時間)より開催される第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門への正式出品が決定している、黒沢清監督の最新作となる同作。劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」を映画化したもので、数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイディアをもとに、黒沢監督がサスペンス、アクション、そして究極のラブストーリーと一つのジャンルに収まらない、新たなエンターテインメントに挑戦した。

◆豪華キャストが集結



これまで、長澤、松田、長谷川、高杉真宙、恒松祐里の出演が発表されていたが、前田をはじめ、満島真之介、児嶋一哉、光石研、東出昌大、小泉今日子、笹野高史の出演が明らかに。

加瀬鳴海(長澤)の妹・明日美役には前田。物語が動きだすきっかけとなる、重要な役柄を演じている。

加瀬真治(松田)が散歩中に出会う、引きこもりの青年・丸尾役に満島真之介。町で起こる一家惨殺事件を捜査する刑事・車田役にお笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋。鳴海の取引先の会社社長・鈴木役に光石。真治が出会う牧師役に東出。物語のキーパーソンとなる医者役に小泉。役人を名乗り、加瀬夫妻や桜井たちの前に出没する謎の男・品川役に笹野を配役した。

豪華俳優陣は脚本を読み、「面白い!」と出演オファーを快諾。黒沢監督は「正直こんなに集まってくれると思わなかったので、感激しました。そのシーンそのシーンできっちり見せ場を作ってくれているので、その人たちがどんな目に遭っていくのかというのを観るのもこの映画の楽しみの一つ」とコメントしている。(modelpress編集部)

■ストーリー



数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」―真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

外部リンク(モデルプレス)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス