最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【極秘情報】映画「君の名は。」の知られざる秘密11選 / オープニングにはネタバレシーンがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
2016年の大ヒットアニメ映画といえば新海誠監督の「君の名は。」をあげる人が多いのではないでしょうか。公開されて2ヶ月で興行収入が150億円を突破し、最近ではアメリカでも上映が開始され話題になりました。

知られざる極秘情報を大発表!


今回はそんな大ヒット作品「君の名は。」の知られざる情報を大発表! 何度でも観たくなると評判の同作品ですが、これらの情報を知っているとさらに作品を深く楽しめること間違いなしですよ。

「君の名は。」の知られざる秘密11選



1.「君の名は。」は古今和歌集がきっかけで作られた
新海誠監督は公式ホームページの中で、「君の名は。」は、小野小町の和歌の「思ひつつ 寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」というのをきっかけに作ったと公言しています。

この和歌の意味は「好きな人のことを考えながら眠ったのであの人が夢に出てきたのだろうか、夢だとわかっていたら目を覚まさなかったのに……」という恋に翻弄された状態の心理を歌ったものですが、「夢」というキーワード、目を覚ました時の後悔の気持ちなど、映画に通じるところが多々ある短歌です。

2. 企画書の時点ではまったく違うタイトルだった
「君の名は。」の作品タイトルは、企画書の段階ではまったく違うタイトルがつけられていました。そのタイトルは「夢と知りせば(仮)-男女とりかえばや物語」だったとのこと。新海誠監督はこのタイトルについて、古典「とりかえばや物語」を意識したと語っています。

3. 別の新海作品のキャラが出演している
三葉の国語教師である「ユキちゃん先生」は、実は新海誠監督の別作品「言の葉の庭」のヒロイン、古文教師の雪野百香里がそのまま登場しています。声優もまったく同じで花澤香菜さんが担当しているのです。ユキちゃん先生は、「言の葉の庭」と同じように「君の名は。」でも万葉集について語っています。

ちなみに、主人公の立花瀧がバイトをしているレストランの名前は「IL GIARDINO DELLE PAROLE」で、イタリア語版の「言の葉の庭」のタイトルと同じであるそうです。


4. モデルとなった場所が多数存在している
前述のレストラン「IL GIARDINO DELLE PAROLE」のモデルとなったのは、新宿御苑前にある「カフェ ラ・ボエム」というレストラン。瀧と奥寺先輩が初デートをしたカフェは、国立新美術館内の「サロン・ド・テ・ロンド」というカフェです。

また、瀧の家は小説版の「君の名は。」に千代田区六番町在住という記述があるため、千代田区四番町にある公務員宿舎がモデルなのではないかと言われています。さらに、瀧の父親は霞ヶ関勤務であるため、官僚という設定なのではないか、という話も。

そして、ラストに瀧と三葉が出会う印象的なシーンは、四谷駅近くにある須賀神社の階段がモデルとなったそうです。

5. エンドロールに岩井俊二の名前がある理由
エンドロールにはなぜかスペシャルサンクスとして岩井俊二の名前があります。これは新海誠監督が岩井俊二作品から多大な影響を受けていて、「君の名は。」の中にもいくつもの岩井俊二作品へのオマージュシーンがあるからなのです。


6. ティアマト彗星の周期は東日本大震災の地震の周期と同じだった
劇中で糸守町に落下して大惨事を引き起こすティアマト彗星ですが、このティアマト彗星の周期はおよそ1200年となっており、東日本大震災の地震周期と同じ。これは偶然ではなく、新海誠監督もインタビューで「3.11」を意識したと公言しています。

7. 劇中のRADWIMPSの音楽は映画オリジナル曲
劇中で使用されているRADWIMPSの楽曲はすべて映画のために作られていて、映画の脚本ができてすぐに主題歌の製作が開始。新海誠監督とRADWIMPSのメンバーによって1年半の期間を掛けて試行錯誤しながら作り出されました。

さらに、音楽が完成したあとは音楽に合わせてセリフを短くしたり、音楽を流す時間を長くしたりと、音楽ありきの調整を行うという手法が取られました。「君の名は。」において、音楽がそれだけ重要なものだと位置づけられていたわけですね。

8.「口噛み酒」は実在した
映画の中に登場する「口噛み酒」は、現在ではほとんどその風習はなくなったものの、かつては世界各地でその風習が実在したことは伝えられています。日本でも作られていた記録が残っていて、アイヌ、沖縄や奄美諸島といった場所で作られていたそうです。

9. アイSHOPにもモデルがある
飛騨のコンビニとして登場する「アイSHOP」は、新海誠監督の「秒速5センチメートル」に登場しているコンビニとまったく同じ。こちらは種子島にある「アイSHOP石堂大平店」がモデルとなったそうです。

10. 作り話である
非常にリアルで現実味のある描写の「君の名は。」ですが、実は作り話であり、フィクションなのです。つまり、主人公のふたりが入れ替わった現象も、隕石が降り注いで町が消えた出来事も、すべて作り話なのです。


11. オープニングにネタバレシーンがある
オープニングには、社会人となった瀧と三葉が背中合わせで立っているシーンがありますが、最初は三葉の背丈の方が少し高いのですが、三葉の髪を結ぶ紐が解けると、瀧の身長が三葉より高くなります。つまり、途中で三葉の成長が止まる(死ぬ)ことを表していることの暗喩と言われているのです。


もう一度観たくなる!


過去と現在が入り組み、独特の世界観が広がっていく「君の名は。」。さまざまな伏線が張り巡らされているため、何度観ても新しい発見があると言われ、実際に多くの人が繰り返し劇場に足を運んだそうです。

まだ観たことがないという方も、すでに何度も観たという方も、これらの極秘情報を知った上で観るとまた新たな発見ができるかもしれませんよ。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス