最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

おぎやはぎ小木博明、ムッシュかまやつさんお別れ会での非常識な行動を明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

毎週木曜25:00~27:00深夜放送、おぎやはぎがパーソナリティを務める「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)。

5月4日放送では、小木博明が義母である森山良子のいとこに当たるムッシュかまやつさんのお別れ会に場違いな恰好で参加するに至った経緯を説明。その地獄すぎる状況と小木がとった非常識な行動の数々を告白し謝罪した。

逃げ場を失った小木がとった非常識な行動


「悪いことをしちゃってさ」と後悔した様子の小木。5月2日に行われたムッシュさんのお別れ会には、1000人にも及ぶ錚々たるメンバーが集まっていた。皆が黒の礼服に身を包む中、小木と元AKB48小嶋陽菜はデニム姿で訪問したのだという。

報道陣が撮った写真を見た矢作兼は「二人ともデニムだね」と吹き出した。小木は、義理の母である森山良子から「ムッシュもそういう人だし、普通の恰好でいいよ」と言われ、勘違いてしまったと弁明。「こじはるに普通の恰好でいいよって言っちゃった」と小嶋をも巻き込んでしまった責任を感じていた。

「俺ら以外みんな黒、ビックリしちゃってさ」と、その時の恥ずかしい状況を話す小木に対し、矢作は「一番きついよな、あの場違い感」と相方に同情しながらも苦笑した。 小木は「で、俺愛人みたいなの連れてきてんじゃん」と小嶋とのツーショットが更に場違い感を増していたと語った。

小木は、あまりの恥ずかしさに小嶋以外と話すことができず「こんな格好だから大御所の人達に申し訳なくって、挨拶もせず無視しちゃった」と、あり得ない非常識ぶりをぶっちゃけ「本当に常識のない人じゃないか!」と矢作を驚かせた。

また大勢のマスコミの前を通らなければ帰ることができないのも苦痛だったと説明。矢作は「普通の恰好でいいと言われても、やっぱり保険で黒着ていく」と自分の考えを語り、常識ある一面を見せた。

森山良子と小木の妻である森山奈歩は、両者とも黒い服で参加していたらしい。いろいろと言い訳を並べた小木だが、やはりデニムは場違いであったと後悔しているようだった。


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス