最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【あるある】みんな大好きボンバーマン! ボンバーマンあるある31連発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
ボンバーマンといえば、友達と集まってワイワイ楽しむパーティーゲームの大定番と言っていいだろう。ファミコンの初期にハドソンから発売されて以来、最近ではNintendo Switchで最新作「スーパーボンバーマンR」が発売されるなど、基本的なシステムはそのままに続編が作られ続けている大人気ゲームシリーズなのである。

よく起こることも変わらない?


ボンバーマンのゲームシステムは至ってシンプルで、爆弾を使って壁を破壊しながら敵を倒すというもの。対戦モードでは相手を全滅させれば勝ちという、誰もが一瞬でルールを理解できるほど単純明快だ。新作ができるとアイテムが増えたりすることもあるが、基本的には変わらないのである。

だからこそ、ボンバーマンをプレイしているときに起こりがちなこと、すなわち「あるある」もシリーズの第1作からほとんど変わらない。ファミコンでボンバーマンをプレイしてきたオッサンも、Nintendo Switchではじめてボンバーマンをプレイしたチビッコも、同じミスを犯してストレスを溜め込んだりしているのだ。


ボンバーマンあるあるを大発表!


そこで今回はボンバーマンをプレイしているときに起こりがちな「ボンバーマンあるある」をまとめてみた。皆さんはいったいいくつ共感できるだろうか。以下、31連発でドーンとお届けしよう。

ボンバーマンあるある31連発


1. ゲームスタートと同時に爆弾を置いて自爆し速攻で1機失う

2. 2人対戦モードでお互いがスタートと同時に爆弾を置いてしまい、両者自爆で引き分け

3. ギャンブルでドクロアイテムを取りに行くがろくな結果にならない

4. 5人プレイでは中心からスタートするやつが集中攻撃を浴びる

5. 早い段階でブロックを破壊しまくったせいで相手をなかなか挟めず超持久戦になる

6. 対戦モードでは爆弾を置きまくるやつほど先に死ぬ

7. ボンバーマンシリーズが発売されまくっていた90年代、欠かさず新作を買ったはいいがそんなに中身が変わらない

8. なぜか新作になるほど操作性が悪くなっている気がする

9. そして新作になるほどゲームバランスが悪くなっている気がする

10. かといって、どの作品が一番バランスが良かったのかわからないので結局最新作をプレイする

11. 新作でのプレイに慣れすぎたやつがファミコン、スーパーファミコン版のボンバーマンをプレイするとザコ


12. 開始早々にあえて死んでみそボン(みそっかすボンバー)になって邪魔してくるやつの鬱陶しさ

13. みそボンで1人倒して復活しても結局すぐ死ぬ

14. 大量にアイテムを取っていたやつが死んだときのアイテム争奪戦で起こる友情破壊

15. 爆風に巻き込まれて死ぬときのアニメーションをよく見ると実はかなりグロい

16. 性格の悪いやつは強化アイテムを取らずにあえて燃やす

17. もっと性格の悪いやつはみそボンになったあとにアイテムを燃やすことだけに情熱を注ぐ

18. リモコンボムを手にしたやつが現れた瞬間に修羅場になる

19. コンピュータを交えた対戦モードで人間だけが先に死に、延々と凡戦を観戦させられる

20. 爆風の強さを計算し間違えて死亡


21. スピードアップのアイテムを取りすぎたやつはたいてい爆風に突っ込んで死ぬ

22. 投げた爆弾が1周してきて詰む

23. 袋小路のアイテムを取りに行った瞬間に爆弾を仕掛けられる

24. コントローラーを引っこ抜くという荒い妨害をしてくるヤツ

25. 全員が自滅してスタートから何もしていなかったヤツが勝ったりする

26. とりあえず出たら取るが、アイテムの意味がよくわからない

27. 他の人が操作しているキャラをなぜか自分が操作していると勘違い

28. トロッコの争奪戦が起こる

29. 初期ボンバーマンの敵キャラデザインのやる気なさ

30. ちょっとだけ対戦をするつもりが気づいたら長時間プレイしてしまう

31. 対戦がきっかけで友達と不仲になる


シンプルだからこそおもしろい


以上、ボンバーマンあるある30連発をお届けした。Nintendo Switchで発売された「スーパーボンバーマンR」は売上も好調で、友達との対戦プレイをしやすいハードで発売されたということもあって評価も高いようだ。やはり基本がシンプルだからこそ、多くの人から親しまれるのだろう。

昔も今も、卑劣なプレイでリアルな友情にヒビが入ってしまうことも少なくないが、それもボンバーマンの醍醐味のひとつ。これから先も幅広い世代から親しまれるゲームであることは間違いなさそうだ。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス