最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

小嶋陽菜に白石麻衣…菅田将暉らイケメンも集結!EXO-CBXが大トリ「GirlsAward 2017 S/S」豪華ランウェイ&ライブに熱狂<写真特集/まとめ>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【GirlsAward/モデルプレス=5月3日】3日、東京・国立代々木競技場第一体育館にてファッション&音楽イベント「GirlsAward 2017 SPRING / SUMMER」が開催された。

◆トップバッターは乃木坂46白石麻衣



1stファッションショーの「GUILD PRIME」ステージに登場した白石麻衣は、ストライプのショートパンツを履きこなし、美脚を披露して颯爽と登場。アイドルの顔とは違う、モデルのオーラを放ち歓声を浴びた。

◆三吉彩花、胸元ざっくり衣装で登場 色気たっぷりランウェイ



序盤、「Stradivarius」ステージのトップバッターに鮮やかなブルーのセットアップを着こなし登場した三吉彩花。ざっくりとあいた胸元や引き締まったウエストが見えるセクシーな装いで、色気たっぷりに魅了。

ランウェイ先端ではウインクを飛ばし、さらに観客をうっとりとさせていた。

◆M!LK佐野勇斗&板垣瑞生「ガルアワ」で「いた!ちゃの!です!」 クールからのキュートにランウェイ



5人組ボーカルダンスユニット・M!LK(ミルク)のメンバーで、俳優としても活躍する佐野勇斗と板垣瑞生が揃って登場。板垣は、昨年4月と10月にM!LKとしてアーティスト出演したが、モデルとしては今回が初めて。佐野は、過去2回M!LKとしての出演に加え、昨年7月に開催された「Girls Summer Festival by GirlsAward」にモデル出演して以来、今回が2度目となる。

ベージュを基調としたコーディネートに身を包み、クールに颯爽と登場。すぐさま歓声を集めた2人だが、ランウェイ先端では“いたちゃの”コンビならではの「いた!ちゃの!です!」のVサインポーズをキュートに決め、より一層会場を沸かせた。

◆池田エライザ、お腹&デコルテ&美脚魅せ SEXY夏コーデ披露



「SLY」ステージに登場した池田は、ビビットな赤のセットアップからお腹をチラリ。オフショルトップスからはデコルテを、タイトなショートパンツからは美脚をあらわにした夏ファッションを着こなした。

アンニュイな表情を浮かべランウェイ。セクシーな雰囲気で会場を魅了した。

◆乃木坂46秋元真夏「ガルアワ」緊張のMC 南キャン山ちゃんからツッコミも



大型イベントでMCを務めるのは今回が初となる乃木坂46の秋元真夏。バラエティ・ドラマ・映画と多方面で活躍し、乃木坂46ではムードメーカーでもある彼女が、山里亮太(南海キャンディーズ)とともに同イベントの進行をスタートさせた。

秋元は「お客さんが入ってる景色を見ると余計に緊張します。乃木坂のときとはまた違って、女性もすごく多くて歓声も違いがあります」と緊張の面持ちを見せ、小学校の卒業アルバムには「アナウンサーになりたい」と書いていたほど憧れていたMCとあり、「まさかという感じで、マネージャーさんに話を聞いた時はドッキリかと思いました」とコメント。山里から「まだわからない。落とし穴があるかも」とツッコミを受けると、笑顔を見せていた。

◆石原さとみ「ガルアワ」シークレット登場 ハニカミ笑顔に黄色い歓声



シークレットゲストとして、ブルーのハイネックワンピースに、タイトにまとめたヘアスタイルの石原さとみが登場すると、会場は大歓声に包まれた。

「本当に緊張していて、たくさんの方に出迎えていただいてびっくりしています」と笑顔。去り際もはにかみながら手を振る石原に対し、ため息にも似た歓声が上がった。

◆欅坂46「不協和音」で圧倒!“最高難度”パフォーマンスに「ガルアワ」会場が息を呑む



本編アーティストライブのトップバッターを飾った欅坂46のライブは、3rdシングル『二人セゾン』で開幕。メンバーでタワーを作る印象的なフォーメーション、センター平手友梨奈のソロダンスに会場は盛り上がり、観客席はサイリウムでグリーンに染まった。

2曲目は、最新シングル『不協和音』のカップリング『エキセントリック』を歌う攻めたセットリスト。ステージをいっぱいに使い、メンバーが中腰で踊るなど印象的なダンスで魅了すると、中盤ではランウェイ先端にぎっしりと詰まったメンバーが20人で1つの大きなうねりを作るような独創的なパフォーマンスを披露した。

そして、最後はグループ史上最高難度のダンスに挑んだことで話題の『不協和音』。平手が力強く拳を突き上げ、歌い出すと、メンバーが倒れ込んでフラフラになりながら立ち上がるなど、「既成概念を壊せ」という歌詞のようにまさにこれまでのアイドルにはない鬼気迫った激しいダンスが続く。レーザーの光とダンスが一体になり、世界観に染まった会場は息を呑むほど圧倒された。

MCなし、全3曲フルサイズで歌いきり、最後に菅井友香キャプテンが「みなさんありがとうございました!以上欅坂46でした」と挨拶しステージを後にした欅坂46。メンバーは汗びっしょりで達成感に溢れた表情をしていた。

なお、この日は体調不良で活動一時休止中の今泉佑唯を除く、石森虹花、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井、鈴本美愉、長沢菜々香、土生瑞穂、原田葵、平手、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐、長濱ねるの20名の選抜メンバーが出演した。

◆モデルにこるんはやっぱりすごい!藤田ニコルの美くびれに釘付け



1stファッションショーの「Bershka」ステージに登場した“にこるん”こと藤田ニコルがは、タンクトップにビスチェを合わせた着こなしで、美くびれをあらわにし登場。

引き締まったにこるんのスタイルと、モデルならではのオーラに会場中から歓声が沸き起こった。

◆新川優愛、極上ミニワンピからのぞく美脚にドキッ デコルテも披露



スペシャルショーのトリを飾った新川優愛は、デコルテラインをあらわにしたミニワンピース姿で登場。裾からのぞく美脚にも目を奪われ、可愛すぎる振る舞いで観客を魅了していた。

◆JY(知英)「ひとパー」成田凌&町田啓太からサプライズ花束「女に生まれてよかった!」



白のふんわりワンピースで美脚あらわに登場したJYは、まずフジテレビ系月9ドラマ「好きな人がいること」の主題歌に起用されていた「好きな人がいること」を披露。キュートな歌声を響かせ、「みなさんこんにちはJYです!楽しんでますか?」と挨拶した。

続いて現在放送中の同局系ドラマ「人は見た目が100パーセント」(毎週木曜よる22時)の主題歌となっている新曲「女子モドキ」をパフォーマンスしていると、同ドラマに出演中の町田啓太と成田凌が花束を持ってサプライズ登場。JYとともにランウェイに進み、客席にプレゼントを投げ込むと、より一層大きな歓声が上がった。

歌い終えたJYは「まさかドラマの2人がここに出てくるとは思わなかったです。皆さんもびっくりしましたよね!?」と驚きの表情。2人から「素敵な歌声をありがとうございました」と花束を渡されると、「あ~ぁ!女に生まれて…よかった!」と同ドラマに出演中のお笑いタレント・ブルゾンちえみのお決まりの台詞を照れながら披露し、会場を盛り上げた。

◆乃木坂46松村沙友理、“あざと可愛い”ランウェイで悩殺



雑誌「CanCam」の専属モデルとしても活動している松村沙友理は、スペシャルショーに爽やかな白シャツ×パンツスタイルで登場。客席に笑顔を振りまいていたかと思えば、ランウェイ先端では松村ならではのあざとい表情も見せ、「可愛い~!」と大歓声を浴びていた。

◆吉田沙保里選手、SEXYドレス姿でランウェイ サプライズ出演にどよめき



胸元、背中があいた真っ赤なドレスに身を包まれたゴージャスな女子レスリングの吉田沙保里選手が登場すると、観客の女子からは大歓声。ランウェイ先端ではブーケを勢い良く飛ばし、会場には笑いが起こっていた。

MCの乃木坂46秋元真夏は「レスリングの印象がすごくあるので真逆のイメージでドキッとしてしまいました」と声をかけ、吉田選手も「こんな素敵な服を着てランウェイをしたのは初めてでオリンピック並に緊張しました」と話していた。

普段とは違うゴージャスなメイクも施していた吉田選手。スタイリングは、『VOGUE GIRL』の運営にも携わりファッション監修など幅広く活躍している軍地彩弓氏がプロデュースした。

◆欅坂46渡辺梨加、緊張のランウェイデビュー ピンクコーデで可愛さ全開



2ndファッションショーの「dazzlin」ステージに登場した欅坂46の渡辺梨加は、ピンクのロンパースを着こなし初ランウェイ。同イベントにモデルとしては初出演となり、緊張の面持ちを見せながらも笑顔を浮かべ、会場から黄色い歓声を浴びた。

◆中村アン、ビスチェ1枚で美肌見せ ビッグスマイルで魅了



「Boisson Chocolat」ステージトップバッターで登場した中村アンは、胸元の大きく開いたビスチェ×ワイドパンツを着こなし。ウェーブヘアをなびかせ爽やかにランウェイを披露すると、大きな笑顔で会場を魅了した。

◆乃木坂46堀未央奈、華やかスタイル&上品笑顔に胸キュン



「Boisson Chocolat」ステージに登場した乃木坂46の堀未央奈。サーモンピンクのトップスにオレンジのロングスカート、ターバンを合わせた華やかなファッションを上品に着こなし。にっこりと笑顔を浮かべて歩き、ランウェイ先端ではさりげなくウインクを飛ばし、ファンを魅了していた。

◆ハイテンションな“あしゅ”が可愛い 乃木坂46齋藤飛鳥、ミニスカで夏ルック



雑誌「sweet」などでモデルとして活躍する乃木坂46の齋藤飛鳥は、「dazzlin」ステージのトップバッターを飾り、今年らしい赤いブラウスにピンクのタイトミニスカートを合わせたガーリーなコーディネートを着こなし。

「かわいい~!」と大歓声に包まれると嬉しそうにノリノリで華奢な身体を揺らしながらランウェイを歩き、先端では投げキッス。4回目のガルアワ出演となり、堂々とステージを楽しんでいた。

◆乃木坂46北野日奈子、“上目遣い”で魅了!ポップな夏ファッションで登場



「WEGO」ステージに出演した乃木坂46の北野日奈子は、白のTシャツにピンクの透け感のあるボトムスを合わせた装い。

前回に引き続き、ガルアワでは2度目のランウェイ。雑誌「Zipper」専属モデルでもある北野は、カラーサングラスをずらして上目遣いで会場を目線を飛ばすなど、楽しげな雰囲気でウォーキングを披露した。

◆欅坂46小林由依の可憐な微笑みにキュン 上品コーデでランウェイ



2ndファッションショーの「dazzlin」ステージに登場した欅坂46の小林由依は、今回が2回目の出演とあってか緊張も解け、可憐な微笑みを浮かべながらランウェイ。上品なワンピース姿で観客を魅了した。

◆神田うの、ほっそり美ボディ際立つ優雅なランウェイ



シークレットゲストの神田うのは、ほっそりした美ボディが際立つタイトなロングドレスで登場。メンズ2人を引き連れ、優雅なウォーキングで観客を魅了した。

◆みちょぱの色気がすごい 美谷間のぞくSEXYスタイル



雑誌「Popteen」モデルの“みちょぱ”こと池田美優が、「GYDA」ステージにデニムシャツ×デニムタイトスカートのデニムコーディネートで登場。

シャツからは白いレースのインナーをのぞかせ、谷間がチラリ。18歳とは思えない大人のオーラを放っていた。

◆トリンドル玲奈、“肩出し”でほんのりSEXYな夏コーデ



ベビーピンクのオフショルダーロンパースを着こなし、「RIETI」ステージに登場したトリンドル玲奈。

ランウェイ先端ではサングラスを外してとびきりのスマイル。上品さが漂うランウェイで観客を魅了した。

◆ケイト・モスの妹、ロッティ・モス「ガルアワ」で抜群スタイル披露 世界が注目の“次世代セレブ”



世界的スーパーモデルのケイト・モスの妹であるロッティ・モスが、「Samantha Thavasa」ステージフィナーレにて、ホワイトのワンピースにライダースジャケットを合わせた装いで登場。ステージ先端では同ステージに出演した中村アンや河北麻友子と顔を見合わせ微笑むようなシーンも。

抜群のスタイルと美貌で観客を沸かせると、ロッティは客席へ向け大きく手を振りにっこり。“次世代セレブ”の華やかオーラで観客を圧倒していた。

◆田口 淳之介、モデル&アーティストでW出演 長い手足際立つキレキレダンスに釘づけ



モデルとしてもウォーキングを披露した田口 淳之介は、アーティストとしてもライブパフォーマンスを披露。長い手足を活かしたダイナミックかつキレのあるダンスで観客の視線を釘づけにした。

MCでは「こうやって東京で、『GirlsAward』でパフォーマンスができるのが嬉しいです」と笑顔で挨拶し、「Connect」と「QI」の2曲をパフォーマンス。会場からは「じゅんのー!」という黄色い歓声が上がった。

◆中村獅童、袴姿で異色ランウェイ イケメンを引き連れる



初出演となる歌舞伎俳優の中村獅童は、「BoysAward2」のステージに登場。「Boys Award Audition」より選抜された平均身長180cm越えの“見た目だけはハイスペック集団”「イケ家!」(イケヤ)のメンバーを引き連れ、袴姿で貫禄のオーラを見せつけた。

MCの山里亮太(南海キャンディーズ)は、「獅童さんの勇ましさ!」と圧倒された様子。獅童は「こういうの慣れないんで緊張しました」と話していた。

同ステージでは、ガルアワとエイベックス・グループによる日本一のモテボーイズを決定する日本最大級のボーイズオーディションプロジェクト「BoysAward Audition 3rd」の結果を発表。獅童は同オーディションのアンバサダーを務めた。

◆“テラスハウス史上No.1美女”Niki、お腹チラ見せ「ガルアワ」初ランウェイ



丹羽仁希としてNetflix/FOD(フジテレビオンデマンド)にて配信中の人気リアリティーショー「テラスハウス」のハワイシーズン『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』(テラスハウス アロハ ステート)に出演中のモデルのNikiが初出演。

「RIETI」ステージに登場し、フリンジの印象的なショート丈タンクトップでお腹をチラ見せするコーディネートを着こなし。ランウェイ先端ではサングラスをとる仕草を見せ、クールな表情をみせていた。

◆オリラジ藤森慎吾、サプライズ登場で会場歓喜「PERFECT HUMAN」あっちゃんの代わりに?



お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が、シークレットゲストとして登場。自身が所属するダンス&ボーカルユニット・RADIO FISHの「PERFECT HUMAN」をBGMにリズムに乗りながら、楽しげにウォーキング。ステージ先端では、同曲で中田敦彦が行う首をかしげるパフォーマンスも披露した。

藤森のサプライズ登場に大歓声を上げた会場。藤森はトーク中も会場の女子へ指をさすなど“チャラ男”全開で、去り際も「会場のみんな、かわうぃーね!」と決めていた。

◆菅田将暉の初ランウェイは「帝一の國」メンバーと!白コーデで登場に3万人熱狂



映画『帝一の國』に出演する俳優の菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、千葉雄大が登場。映画「帝一の國」スペシャルステージと銘打ち、菅田ら豪華キャストが集結。真っ白なコーディネートに身を包んだ5人が登場するなり、会場はたちまち熱狂の渦に。

この日、ランウェイデビューとなった菅田が「初めて歩きました。人がたくさんいて緊張しましたね」と感想を語ると、MCの山里亮太からは「上京したてか!」とツッコミが。野村はランウェイを経験済であったものの「みんなのエールがばんばん届いてました!みんなで(ランウェイ先端で)ポーズしようって言ってたのに、忘れてた」と茶目っ気たっぷり。

あまりの会場の盛り上がりように、竹内は「最高ですね!帝一の國観てくれた人?愛してるぞ~い!!」と絶叫、続けて間宮は「帝一の國、これから観るよって人!愛してくれ~い!」と竹内にならって叫び、笑わせた。

◆乃木坂46西野七瀬、肩出し&ウインクに3万人うっとり 黄色い声を「噛み締めました」



専属モデルを務める女性ファッション誌『non-no』と「titty&Co.」のコラボステージに登場した乃木坂46の西野七瀬は、繊細なレースが可愛いオフショルブラウスにタイトスカートを合わせた華奢なスタイルが際立つコーディネートを披露し、可憐なオーラで魅了。ランウェイ先端ではウインクをし、約3万人の観客からは「可愛い!」の声が上がった。

同ステージには看板モデルである新木優子、新川優愛など同誌モデルが集結。ランウェイ後、新川から感想を聞かれた西野は、「なかなか『キャー』って言われる機会は少ないので、噛み締めました、皆さんの『キャー』を」と女子の大歓声を浴び、笑顔を見せていた。

◆欅坂46平手友梨奈、ランウェイでも圧倒的存在感 ロックコーデがハマりすぎ



「one spo」ステージのトップバッターを飾った欅坂46の平手友梨奈は、真っ赤なオフショルダートップスにブラックのベアトップオールインワンを合わせたスタイルで登場。ハードにダメージ加工されたボトムからは美脚がチラリ。

グループでもセンターとして圧倒的な存在感を放つが、ランウェイでもそのオーラは健在。ランウェイ先端では手を高々と掲げるポーズで観客の視線をさらった。

◆欅坂46渡邉理佐、爽やかコーデがまぶしい!ノンノモデルとして初ランウェイ



欅坂46の渡邉理佐は、「non-no×titty&Co.」ステージにてストライプのノースリーブワンピースに麦わら帽子をかぶった夏らしいスタイルを披露。少し緊張したような表情で初々しくウォーキングした。

ガルアワでのランウェイは昨年10月開催の「2016 AUTUMN/WINTER」に続いて2度目だが『non-no(ノンノ)』の専属モデル就任後(6月号~)は初となる今回のステージ。トークコーナーでは、同誌先輩モデルの新川優愛から「今日始めてショーデビューしたノンノの新しいモデルです」と振られ、松川菜々花、山田愛奈らと共に紹介された渡邉。「今日、こんな素敵なステージに立たせて頂いて本当に嬉しいです」と微笑んだ。

◆平祐奈のガーリーコーデが可愛すぎ!「ガルアワ」初登場



「evelyn」ステージのトップバッターで登場した平祐奈は、今回が同イベント初出演。大歓声に包まれながら、ガーリーなコーディネートで会場を魅了した。

◆AAA與真司郎、ソロで「ガルアワ」初パフォーマンス 女子熱狂のステージ



男女7人組パフォーマンスグループAAA(トリプル・エー)の與真司郎(ソロ名義はSHINJIRO ATAE fromAAA)が、イベントも終盤に差し迫ったころ、ダンサーを引き連れ登場。1曲目は新曲『Goody-Good girl』。クールに踊りながら渋い声で魅了し、中盤にかけていたサングラスを外すと、会場からは「キャー!」と黄色い歓声が上がった。

現在ロスに留学中で、アメリカと日本を行き来する生活を送っている與。全編英語詞のソロ楽曲『Reunited』では流暢な英語でしっとりと歌声を響かせ、女性ダンサーと絡み合うシーンでは客席が一際盛り上がった。

◆坂口健太郎の“黒髪”カムバック!オン眉ヘアで「タラレバ」KEY金髪から一変



イベント終盤、ブラックのロングアウターにパンツを合わせた坂口健太郎は、雑誌「MEN’S NON-NO」ステージのラストに登場。坂口の髪型は、黒にカラーチェンジしただけでなく全体的にカットされ、前髪も眉上で短くなっており、それまでの金髪姿から一変した。

坂口は前クールの日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」で金髪イケメンモデル・KEYを演じ話題に。今回、役作りのため染めていた髪色を黒に戻して以来、初の公の場となった。

◆乃木坂46“美脚封印”で魅せた!「ガルアワ」最多出演の貫禄パフォーマンス



眩しいほどのサイリウムに包まれる中、7組目のアーティストライブを飾った乃木坂46は、いつもの清楚なスカート衣装ではなくパンツスタイルで登場し美脚を封印。これは3月に発売された最新曲「インフルエンサー」の衣装で、同楽曲を皮切りに乃木坂46のライブが幕を開けた。

続く「命は美しい」では、会場から合いの手も。クールなステージを魅せたかと思えば一転、「裸足でSummer」「ガールズルール」とキュートに歌い踊るギャップで、会場をひとつに。

デビュー当初から出演し今回で9回目、同イベント最多出演アーティストを更新した乃木坂46。MCなし、さすがの貫禄パフォーマンスで、4曲を歌い上げた。最後にキャプテンの桜井玲香が「ラストスパート、後もう少しですが楽しんでいってください!以上、乃木坂46でした」と挨拶を残し、ステージを後にした。

◆小嶋陽菜、ノースリーブで美肌見せ AKB卒業後初「ガルアワ」で溢れる美貌



先月19日の劇場公演をもって、AKB48としての活動を終えた小嶋陽菜にとって、AKB48卒業後初となる「GirlsAward」。「LOVELESS」ステージに出演し、ファッションステージの大トリを飾った小嶋は、ノースリーブの柄トップスに、ホワイトの膝丈スカートを着こなし。麦わら帽子で夏を先取りした。

クールな表情でウォーキングした小嶋に観客もうっとり。最後には優しく微笑むと、客席へウィンクをするパフォーマンスも繰り出し、歓声を浴びた。

◆マギー、圧巻美脚引き立つランウェイ



ショーではイベント最後となる「LOVELESS」ステージのトップバッターに登場したマギー。グレーに色鮮やかな柄が散りばめられたジャケットとスーツのセットアップを着こなし、圧巻の美脚を披露。

クールな表情で会場を見渡し、ランウェイ先端ではさりげないウインクで、観客の視線を釘付けにしていた。

◆EXO-CBX、日本初パフォーマンスで「ガルアワ」大トリ 3万人の大歓声響く「皆さん会いたかった!」



韓国の男性ダンスボーカルグループ・EXO(エクソ)のチェン、ベクヒョン、シウミンからなるユニット・EXO-CBXが、初めて同ユニットとして日本のステージに立ち、大トリを飾った。

登場から大歓声が止まないまま1曲目の「Hey Mama!」がスタート。会場はペンライトで埋め尽くされ、コール&レスポンスが響き渡った。

息の合ったダンスとハイトーンボイスに魅了された観客たちのテンションはヒートアップするばかり。メンバーたちがランウェイに飛び出すと、悲鳴にも近い絶叫が上がった。

MCでは、「みなさん、ガールズアワード楽しんでますか―!ありがとうございます。代々木の皆さん最高!」と興奮気味に挨拶。「素敵なステージでいろんなアーティストやモデルさん、そして皆さんに会えるのを楽しみにしていました。皆さん会いたかった!」、「今日初めてCBXのステージを見る方もいると思いますが、楽しんでいきましょう!」とそれぞれファンに呼びかけた。

最後は「Ka-Ching!」を披露。最後までエネルギッシュなパフォーマンスで、約3万人の観客を魅了した。

◆記念すべき15回目



2010年以来、年2回代々木第一体育館を拠点とし、『渋谷からアジアへ。そして世界へ。』というスローガンのもと開催する同イベント。記念すべき第15回目となる今回のテーマは「Girls!Girls!Girls!」。「春は出会いの始まり。そんな胸ときめく季節に繰り広げられる、女の子の、女の子による、女の子のためのParty」をイメージして展開していく。

ファッションショーではダレノガレ明美、トリンドル玲奈、中村アン、小嶋陽菜などトップモデル、アーティストライブではEXO-CBX、乃木坂46、欅坂46、JYらが登場。菅田将暉、野村周平ら豪華ゲストもイベントを盛り上げる。(modelpress編集部)

◆「GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER」開催概要



日時:2017年5月3日(水・祝) 開場13:30 開演15:00 終演21:00(予定)
会場:国立代々木競技場第一体育館
予定動員数:約3万1000人(延べ人数)

【モデル】※五十音順
愛甲千笑美/愛菜/朝比奈彩/足立梨花/新井ひとみ(東京女子流)/有末麻祐子/安藤ニコ/飯豊まりえ/池田エライザ/池田美優/石田ニコル/伊藤ニーナ/植木あさ香/鵜川もえか/栄木明日香/江野沢愛美/emma/瑛茉ジャスミン/大石絵理/大友花恋/岡田結実/岡本夏美/小澤奈々花(X21)/香川沙耶/筧美和子/加藤ナナ/加藤雛/唐田えりか/河北麻友子/河内セリア/川津明日香/北澤真悠/北野日奈子(乃木坂46)/木津レイナ/熊江琉唯/久間田琳加/紅蘭/黒崎レイナ/桑田留奈/小嶋陽菜/小林由依(欅坂46)/近藤しづか/齋藤飛鳥(乃木坂46)/斉藤千穂/坂田梨香子/佐野ひなこ/佐原モニカ/紗蘭/鹿沼憂妃/白石麻衣(乃木坂46)/末永真唯(X21) /涼海花音/スミス楓/セレイナ・アン/平祐奈/高田秋/高橋紀子/高月彩良/滝沢カレン/立花恵理/田中道子/田中美麗(SUPER☆GiRLS)/田中芽衣/谷まりあ/玉城ティナ/ダレノガレ明美/徳本夏恵/遠山茜子/トリンドル玲奈/中川知香/中田みのり/中村アン/Niki/生見愛瑠/野崎智子/野崎萌香/長谷川ニイナ/土生瑞穂(欅坂46)/林田岬優/姫野佐和子/日向カリーナ/平手友梨奈(欅坂46)/藤田エミリ/藤田ニコル/古畑星夏/堀田茜/ほのか/堀未央奈(乃木坂46)/マギー/松井愛莉/松岡花佳/松永有紗/松村沙友理(乃木坂46)/松元絵里花/水崎綾女/宮内理沙/宮田聡子/三吉彩花/メロディー洋子/八木アリサ/山崎紗彩(X21)/山崎紘菜/山下永夏/山谷花純/ゆきら/弓ライカ/横田真悠/吉木千沙都/ラブリ/Lala(ローレンサイ)/りかりこ/レイモンド愛華/渡辺梨加(欅坂46) 他

【non-noモデル】※五十音順
新木優子/泉はる/遠藤新菜/岡田紗佳/岡本あずさ/岡本杏理/佐藤エリ/佐谷戸ミナ/新川優愛/鈴木優華/鈴木友菜/高田里穂/武田玲奈/西野七瀬(乃木坂46)/馬場ふみか/松川菜々花/山田愛奈 /渡邉理佐(欅坂46) 他

【MEN‘S NON-NOモデル】
柳俊太郎/坂口健太郎/高橋義明/兒玉太智/守屋光治/成田凌/清原翔/山本涼介/中田圭祐/鈴川博紀/宮沢氷魚/三宅亮輔/原修三郎/遠藤史也/若林拓也/中川大輔/鈴木仁

【GUEST】※五十音順
板垣瑞生(M!LK)/上野貴博/浦野秀太/狩野健斗/佐野勇斗(M!LK)/菅田将暉/竹内涼真/千葉雄大/野村周平/濱正悟/間宮祥太朗/LOTTIE MOSS 他

【ARTIST】※五十音順
EXO-CBX/欅坂46/阪本奨悟/JY(知英)/SHINJIRO ATAE(fromAAA)/田口 淳之介/ちゃんみな/乃木坂46/FAKY 他

【OPENING ACT】※五十音順
α-X‘s(アクロス)/X21/東京女子流 他

【MC】
山里亮太/秋元真夏(乃木坂46)/小澤陽子(フジテレビアナウンサー)

【SPECIAL STAGE】
non-no/MEN'S NON-NO

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス