最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

だいたひかるがプライベートの意外な事実を初告白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

毎週木曜深夜放送の、ネプチューン名倉潤次長課長河本準一、そして歌手の華原朋美がMCを務めるバラエティー番組「じっくり聞いタロウ ~スター近況報告~」(テレビ東京系)。

4月27日深夜の放送では、女ピン芸人として2000年代前半に一世を風靡した、だいたひかるがゲストとして登場。話題となった1回目の結婚、そして離婚に至った経緯を初激白した。

世間ではスピード婚と騒がれた1回目の結婚の真相


2006年、30歳の時に売れっ子放送作家と「交際2か月でスピード婚」と騒がれ、さらにその後1年でスピード離婚をしただいただが、実はその報道は真実ではなかった。

名倉の「どれくらい付き合って結婚したの?」という質問に、だいたは「公には2か月の交際で結婚となってたんですけど、本当は8年間交際してたんです」と衝撃発言、スタジオは騒然となった。河本が思わず「今日初めて言うたやろ」と返したところ、だいたも正直に「初めて言いました」と告白。名倉は「スピード交際、スピード離婚ちゃうやん!」とツッコミを入れた。

トークは次に、なぜ1年でスピード離婚をしたかの理由に移る。「交際期間が長い方が、結婚した時にダメになると思いましたね」と、離婚を振り返っただいた。そして「忙しい方だったので、週1くらいしか家に帰って来なかったと思います」と、すれちがい生活だったと告白する。

それに対し、華原と河本は「作家は家で書いているイメージがある。仕事の内容が家でもできるんちゃうかと思うけど」と話したが、名倉は「人気あるバラエティーの作家は何番組も掛け持ちし、夜中まで会議してるから」と返し、バラエティー作家の現状を明かした。

交際8年の末の結婚となると、いくらスピード離婚といっても印象は違うだろう。最終的にだいたは自身のスピード離婚を「交際までのフリが結構長くて、出落ちみたいになっちゃって」と、お笑いの用語になぞらえて分析し、スタジオの笑いを誘った。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス