最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「2017年春ドラマ」20作を視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全20作品がそろった2017年の春ドラマ。今回もドラマ解説者の木村隆志が、全作品の初回放送をウォッチ。俳優名や視聴率など「業界のしがらみを無視!」したガチンコでオススメ作品を探っていく。

別記事(「なぜ事件解決モノ乱発、相反するコメディ演出加速?」)において、春ドラマの主な傾向を[1]事件解決ドラマが乱発 [2]助演俳優に豪華ラインナップ [3]ますます加速するコミカル演出 の3つと分析。

おすすめドラマとして、『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』(NHK 金曜22時)、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系 火曜21時)、『母になる』(日本テレビ系 水曜22時)、『小さな巨人』(TBS系 日曜21時)、『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系 木曜22時)の5本を選んだ。

本記事では、それらの作品を含む、今クール全作品のひと言コメントと採点(3点満点)を紹介していく。

○『貴族探偵』 月曜21時~ フジテレビ系

出演者:相葉雅紀武井咲松重豊ほか
寸評:「推理をしない探偵」「青年貴族」という類を見ない変化球だけに、賛否を呼び、視聴率の苦戦は必然か。変わり者+事件解決は『HERO』『ガリレオ』の黄金パターンだが、今回はニッチさが否めず。豪華キャストのさばき方や笑いの手数など、早期の交通整理が求められる。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

○『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』 火曜21時~ フジテレビ系

出演者:小栗旬西島秀俊田中哲司ほか
寸評:武術カリ・シラットを生かしたアクションへのこだわりは、敵役の動きを見れば一目瞭然。本格派のアクション俳優に負けない役作りに挑む小栗と西島の姿勢は称賛に価する。金城一紀ならもう一歩踏み込んだ事件背景や犯人心理が描けるはずであり、今後に期待したい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

○『あなたのことはそれほど』 火曜22時~ TBS系

出演者:波瑠東出昌大仲里依紗ほか
寸評:ホテルへ向かいながら「こんなの間違っている。だけど今どうしようもなく幸せ」とつぶやくヒロイン・三都をのぞき見するような作品。夫・涼太の粘着質な暴走がクローズアップされがちだが、鍵を握るのは「ピュアだからこそ」という前提を視聴者にどう感じさせるか。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

○『母になる』 水曜22時~ 日本テレビ系

出演者:沢尻エリカ藤木直人小池栄子ほか
寸評:1話で上京前、独身時代、結婚と出産、子を誘拐される、絶望からの再会までのさまざまな時期を違和感なく演じ切った沢尻に脱帽。2話以降では小池の存在感が作品をグイグイ引っ張っている。「近くて遠い」母子の微妙な距離感を一歩ずつ丁寧に描く、脚本・演出に好感。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

○『3人のパパ』 水曜11時56分~ TBS系

出演者:堀井新太山田裕貴三津谷亮ほか
寸評:出演作は多いが決して有名ではない若手3人を抜てき。しかも赤ちゃんとの共演はハードルが高く、序盤は役がつかめないのも仕方なし。往年の昼ドラ『愛の劇場』で見たような設定は深夜にフィットするのか疑問だが、それらを差し引いても赤ちゃんはかわいらしい。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

○『警視庁・捜査一課長』 木曜20時~ テレビ朝日系

出演者:内藤剛志田中圭斉藤由貴ほか
寸評:第2弾も内藤が昔ながらの刑事像を熱演。管理官から新人刑事までが一丸となって事件解決に奔走する展開は地味だがファンは多く、警察内部の対立を扱う作品が多いだけに価値がある。とりわけ同枠の視聴者は叩き上げの刑事が大好きなだけに視聴率の不安はない。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

○『緊急取調室』 木曜21時~ テレビ朝日系

出演者:天海祐希田中哲司、小日向文世ほか
寸評:シリーズ第2弾でグッと落ち着いた印象。1話では三田佳子、2話では福士誠治など、主演級のゲストを敵役に起用する『ドクターX』方式で、勧善懲悪の構図をシンプルかつ鮮明に見せている。取り調べの攻防や1つ1つのフレーズに、物足りなさを感じるのは酷な話か。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

○『人は見た目が100パーセント』 木曜22時~ フジテレビ系

出演者:桐谷美玲水川あさみブルゾンちえみほか
寸評:ネットには酷評記事も目立つが、熱量の高い作品であることは間違いない。原作に足りないドラマ性や心の機微を加えるなど、先入観を捨てて見れば楽しさであふれている。演出の自由度は出色で、体当たりの演技を見せる桐谷はトップのコメディエンヌであることを実証。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

○『恋がヘタでも生きてます』 木曜23時59分~ 日本テレビ系

出演者:高梨臨田中圭土村芳ほか
寸評:「全員恋がヘタ」という切り口が面白い反面、肝心のヒロインにかわいげがないのは気がかり。その分、土村演じる「マグロ」のお嬢さまキャラが際立って見える。2008~2009年に連載された原作漫画を現在版にアップデートするような思い切ったアレンジが見たいところ。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

○『釣りバカ日誌 season2新米社員 浜崎伝助』 金曜20時~ テレビ東京系

出演者:濱田岳広瀬アリス西田敏行ほか
寸評:もはや「浜ちゃんは濱田岳しかいない」と思えるほどのハマリ役で、「素では?」と思ってしまうほど自然体かつ縦横無尽。ぞんざいに扱われ、空回りを続けるスーさんと佐々木課長のヘタレっぷりも微笑ましい。広瀬ときたろう、伊武雅刀と名高達郎などの脇役もフィット。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

○『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』 金曜22時~ NHK系

出演者:多部未華子高橋克典倍賞美津子ほか
寸評:ここまで美しい映像が見られるドラマはめったにない。そう言い切れるほど、黛りんたろう監督のつむぐ映像に魅了される。いまだ手あかのつかない印象の多部は世界観にピタッとハマり、倍賞や江波杏子らのベテランの技もキラリ。NHKの存在意義とも言える作品。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

○『リバース』 金曜22時~ TBS系

出演者:藤原竜也戸田恵梨香市原隼人ほか
寸評:湊かなえ原作らしく、ミステリーとサスペンスの割合がほどよく、連ドラとして見させるだけの耐久力は十分。藤原演じる主人公の成長と、若手俳優たちの共演によるみずみずしいムードも魅力の1つ。視聴率はふるわなくても、ファンが多く、熱の高さを感じる。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

○『女囚セブン』 金曜23時15分~ テレビ朝日系

出演者:剛力彩芽山口紗弥加安達祐実ほか
寸評:女囚同士のおバカな口ゲンカ、写真のモザイクがズレるなどの小ネタ、ポップなBGM……想像以上のコメディ路線に驚かされた。今期も“コスプレ”の剛力は、もはや疑いなき安定感。クールな演技で笑いを生み出すほか、まくしたてるシーンでは先輩女優をも圧倒する。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

○『4号警備』 土曜20時15分~ NHK

出演者:窪田正孝北村一輝阿部純子ほか
寸評:警察ではなく民間警備だから拳銃も手錠もなく、体を張って普通の人々を守る。だからアクションは映えるし、ヒーローとしてもカッコイイ。ストーカーや逆恨みなど事件が身近な分だけ怖さはリアルだが、いかんせん30分ドラマのため、心理描写が乏しくあわただしい。
採点:【脚本☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

○『ボク、運命の人です。』 土曜22時~ 日本テレビ系

出演者:亀梨和也木村文乃山下智久ほか
寸評:「さすがラブコメの金子茂樹」と思わせるテクニックが随所に見られるが、神の設定は『プロポーズ大作戦』のセルフカバーか。亀梨と木村の恋と、亀梨と山下のパートがカットバックでテンポよく描くスタイルも見やすい。今のところ「運命」と連呼する割にネタが弱め。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

○『犯罪症候群』 土曜23時40分~ フジテレビ系

出演者:玉山鉄二谷原章介渡部篤郎ほか
寸評:シリアス路線に徹する潔さは希少価値大。WOWOWとの共同制作らしく、演技派の熱演も映像もワンサイズスケールの大きさを感じる。原作の古さもあってか、事件の内容と解決方法に目新しさを感じないのが惜しいところ。最注目は圧倒的な悪のムードを醸し出す渡部。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

○『マッサージ探偵ジョー』 土曜0時20分~ テレビ東京系

出演者:中丸雄一小芝風花和田正人ほか
寸評:他の事件解決モノをあざ笑うオープニングは爽快。ジョーは存在自体がテレ東のようなゆるさで、肩が凝ることなく見られる。事件や謎解きの質うんぬんを問う作品ではないだけに、脇役の多彩なキャラが楽しい。ひと皮むけたハジケぶりを見せる小芝にブレイクの予感。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

○『小さな巨人』 日曜21時~ TBS系

出演者:長谷川博己岡田将生香川照之ほか
寸評:熱い男を描く『日曜劇場』のファンは多いだけに、視聴者サービスのような作品。「刑事版『半沢直樹』」なんて声も聞かれるが、今作は簡単に倍返しできそうもなく、終盤までは我慢を強いられるかも。所轄vs警視庁より、主人公の生き様をカッコよく描ければ人気爆発か。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

○『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』 日曜21時~ フジテレビ系

出演者:観月ありさ藤ヶ谷太輔上川隆也ほか
寸評:「骨が好きな標本士」という奇抜なヒロインだけに万人向けは難しく、むしろ話題になるくらいディープな世界に落とし込んだほうが盛り上がりそう。変わり者の観月と上川、振り回される藤ヶ谷、空回りする高嶋政宏。いずれもイメージ通りで自然だが、化学反応はない。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

○『フランケンシュタインの恋』 日曜22時30分~ 日本テレビ系

出演者:綾野剛二階堂ふみ柳楽優弥ほか
寸評:『妖怪人間ベム』『Q10』『ど根性ガエル』らを手がけた河野英裕プロデュース作品だけに、荒唐無稽な設定も問題なし。怪物を通して人間とその生活を映し出し、さまざまな気づきを与えてくれそう。より陰陽のコントラストを鮮明にしたほうが、共感を呼び込めるのでは。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

■木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組にも出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技
84』など。

外部リンク(マイナビニュース)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス