最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

日光金谷ホテルに思いをはせて。ササリンドウの缶入りクッキー【甲斐みのりの「おやつの時間」】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明治6年創業の「日光金谷ホテル」は、日本最古のクラシックホテル。ホテルの創業者・金谷善一郎に知遇を与えたのは、宣教師・医者・ヘボン式ローマ字綴りの発案者として知られるアメリカ人・ヘボン博士。金谷氏は自宅の一部を民宿にして、外国人を受け入れるようになるのですが、それは博士が、日光東照宮がすぐ近くにあり、夏は涼しいその土地が、本格的な外国人向けの避暑地となることを見込んだからでした。その後、明治26年に、現在ホテルが建つ場所で、ホテルは正式に開業を迎えます。

私と日光金谷ホテルとのつながりは、13年前に通信販売会社の企画で「乙女の部屋」という期間限定の宿泊プランを監修したことに始まります。それから著書『クラシックホテル案内』や雑誌の取材、プライベートの旅行でも、ことあるごと足を運ぶように。宿泊できる美術館のような館内の、摩訶不思議で絢爛豪華な彫刻や装飾と向き合うと、日々の様々な気がかりを忘れることができるのです。

先日、「『クラシックホテル案内』を読んで以来、憧れていた日光金谷ホテルへ、やっと旅することができました」とおっしゃる方から、嬉しいお土産をいただきました。それは、ホテルのパン部門「金谷ホテルベーカリー」のクッキーバニラ・コーヒー・紅茶味のクッキーが、金谷家の家紋「笹竜胆(ササリンドウ)」の缶に入っています

また近々、日光金谷ホテルのラウンジや部屋の窓辺で、お茶の時間を過ごせるときを夢に見ながら、クッキーを口に運びました。

「おやつの時間」をもっと読みたい>>

甲斐さんのおやつアーカイブをInstagramでチェック!
@mylohas_official フォローしてくださいね。


外部リンク(マイロハス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス