最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

取り入れると「子どもの考える力」がぐんぐん伸びる習慣3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
取り入れると「子どもの考える力」がぐんぐん伸びる習慣3つ
source:http://www.shutterstock.com/

今、日本全体で国際化が進んでいますよね。それで、子ども達にも論理的に考える力が求められています。

これは国際化のためだけでなく、人生の荒波を生きていくためにも必要な能力です。しかし子どもにしっかりと考える力をつけるには、どうしたらいいのでしょうか?

そこで今日は、『1人でできる子になる「テキトー母さん」流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が考える力を伸びる習慣を、お話ししたいと思います。

■1:アウトプットさせないでインプットする


人間が物事を考えるとき、何を使うと思いますか? これは言葉です。脳の中にある、内なる言葉“内言語(ないげんご)”と表現されます。

2~3歳の子どもに「自分の意見を言いましょう」「作文を書きましょう」なんて無茶な要求はしてはいけません。アウトプットさせることに、躍起にならないようにしましょう。

幼児期は再生よりも録音の時代です。ひたすら思考の元となる、この内なる言葉を豊かにしてください。“内なる言葉”ですから「うちの子、言葉が遅い。お喋りじゃない」などと心配することはありません。

頭の中にさえ入っていればいいのです。“外言語(がいげんご)”にとらわれないでください。本当に必要なのは、内言語(ないげんご)の録音です。

でも、「早くしなさい」「何度言ったらわかるの」「やばい」「超」「っていうか~」のような、貧弱なシンプルセンテンスだけが飛び交う家庭環境ではちょっとまずいです。

とはいえ、親がいきなり語彙を豊かにするのはちょっとハードルが高いですよね。ですから、絵本の読み聞かせをしましょう。

絵本には沢山の言葉が詰まっています。考える力を伸ばすために、絵本を使って親子でインプットしていきましょう。

■2:全部教えないで自分で調べる部分を残す


子どもから「この動物なんていうの」「何を食べるの」「どこに住んでいるの」と質問の嵐……。そんなとき、ママが立派な教師になって全部答える必要はありません。

9割答えて、残り1割は図鑑やネットで子どもと一緒に調べましょう。そうすると、知りたがり屋さんの心に火が付き知的好奇心はドンドン膨らんでいきます。さらに、ママの知らない知識も自ら増やしていくことができます。

「わからないことは人に聞けばいい」ではなく、「自分で調べる」ことも教えて考える力を鍛えていきましょう。

■3:怒らないで「話せばわかる」と考える


子どもが鉛筆を投げたとき、すかさず「何で鉛筆投げるの!」と怒ってはなりません。鉛筆を投げた腕を少しばかり強めに握り、淡々と低い声で「鉛筆は何に使うもの」と聞きしょう。

すると、「絵を描くもの」「字を書くもの」と答えるはず。そうしたら、「そうだよね、わかっているよね。だったらもう投げるのは止めようね」と言いましょう。

自分で出した答えなので今後、もう投げることはしません。このように、親が問いかけて、自分で考えさせる習慣をつけることも非常に大事です。

つまり、子どもの考える力を伸ばすポイントは、考える材料の語彙をインプットする、全部教えない、自分で答えを出させる、の3つ。子どもの将来のために、ぜひ早めにトライしてみてくださいね!

【参考・画像】

※ 内言語 – コトバンク

※ 〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』
テキトー漫画

※ 『立石流 子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』
cover_subaru_ikuji2

※ creo77 / shutterstock

外部リンク(It Mama)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス