最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

息をのむほどに幻想的…川に浮かぶ「サガリバナ」が儚く美しい!【沖縄】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tp_0402_sgaribana_eye

木々が芽吹き始める春、これからの時期は旅のベストシーズンです。今、この瞬間にしか味わえない多彩な旅の時間が、日本各地で待っています。そこで今回は、憧れの離島・西表島に咲く、一夜限りの花「サガリバナ」をご紹介致します。
川面を無数のサガリバナが流れる様子は息をのむほどに幻想的!夜に咲き、朝には散ってしまう、儚く可憐なサガリバナ…。6月半ば~7月半ばだけに見られる景色を是非お楽しみ下さい!

記事配信:じゃらんニュース
Coral-foundation西表島【沖縄県竹富町】
五感で楽しむ西表島の自然。
西表島早朝カヌーツアー
サガリバナを目指して、島東部の美しい川をカヌーでゆっくりと進むコーラルファンデーション西表島
早朝のマングローブ林では、刻々と変化する空の色を楽しめる。波がないので初心者でも安心して参加できる西表島 サガリバナ
沖縄の島々や奄美大島などのマングローブ林などに自生するサガリバナコーラルファンデーション西表島
川面を無数のサガリバナが流れる様子は幻想的だ
朝靄に包まれたマングローブの木々の合間をカヌーで進みながら、喜びと興奮がないまぜになったような不思議な感覚を覚えていた。森はまだ眠りの中にいるようで、パドルが水を掻く音だけが響く。やわらかな朝日に照らされた世界は、刻々と色合いを変えていく。
島の面積の9割ほどを亜熱帯のジャングルに覆われた西表島。イリオモテヤマネコなどの希少な動植物が暮らすこの島で、どうしても見たかったものがあった。6月半ばから7月半ばに見られるサガリバナ。夜に咲き、朝には散ってしまう一夜限りの花だ。
「もうすぐですよ」ガイドさんの声を聴きながら、ゆっくりと進んでいく。森の気配が色濃くなると、いつしか周囲に甘い香りが立ち込めていた。ふとマングローブの木々の奥を眺めると、濃緑の川面に白い花々が流れている。儚く、可憐なサガリバナ。ずっと憧れていた光景は、息を呑むほどに幻想的だった。

コーラルファンデーション西表島
コーラルファンデーション西表島
サガリバナの季節(6月半ば~7月半ば)以外は、日の出前の海を舞台にした早朝カヌーツアーも 早朝カヌーツアー

開催期間:3月~10月
催行時間:5時~7時30分(日の出の時間により変動あり)
料金:大人7000円
集合場所:大原港前郵便局※ホテルによっては送迎可(詳細は要問合せ)
持ち物:水着、帽子など。詳細はウェブサイトを参照 http://www.coral-foundation-hoshizora.com/
西表島星空ナイトツアー
西表島は、国内初の星空保護区国際認定候補地になっている
夜、島の食材を使った優しい味わいの料理を楽しんでから、星空ツアーに参加する。見上げれば、満天に輝く無数の星たち。あこがれの離島を旅している喜びを、静かに噛みしめる。
アンビエント星空ナイトツアー

開催期間:通年
催行時間:20時~、22時~
料金:大人3500円
集合場所:大原港前郵便局※ホテルによっては送迎可(詳細は要問合せ)
持ち物:サンダル不可。詳細はウェブサイトを参照 http://www.coral-foundation-hoshizora.com/

西表島東部のフィールドを中心に、カヌーやトレッキング、星空ナイトツアーなど多彩なアクティビティを実施。刻々と変化する空の色や自然環境の音などに注目し、“感覚回帰”や“相対音感”をテーマにした多彩なプログラムが魅力だ。
Coral-foundation(コーラルファンデーション)西表島
TEL/0980-85-5170
住所/沖縄県八重山郡竹富町南風見508-37
営業時間/7時~22時
定休日/台風上陸時※要事前確認
「Coral-foundation 西表島」の詳細はこちら
星空ツアーの前にオススメ
泡波と島の味 はてるま【沖縄県竹富町】
親子二代がつなぐ、優しい料理たち。
はてるま
離島ならではの気取らない雰囲気。旅人同士のコミュニケーションも魅力だはてるま 料理
自家栽培の野菜や島の魚を使った優しい料理は、県内外にファン多数
若き店主が先代のお母さまから引き継いだ味わいを守り続ける郷土料理店。料理はコースのみ(前日までに要予約)。自家菜園で育てた長命草などの野菜やハーブ、店主自らが海で獲ってきた新鮮な魚介類など、素材の味を活かした絶品が揃う。
泡波(あわなみ)と島の味 はてるま
TEL/0980-85-5623
住所/沖縄県八重山郡竹富町南風見201-101
営業時間/18時~23時
定休日/日曜日・不定
料金/お任せ島の味コース4000円~5500円
2日目にオススメ
亜熱帯植物楽園 由布島【沖縄県竹富町】
水牛車に揺られて、植物の楽園へ。
亜熱帯植物楽園由布島
西表島と由布島をつなぐ浅瀬を、水牛車に揺られてのんびりと進んでゆく亜熱帯植物楽園由布島
白砂の道を歩いて、亜熱帯の木々に彩られた小さな離島へ
30種類以上のブーゲンビリアやハイビスカスをはじめ、亜熱帯の植物が息づく周囲2kmほどの島。島内にはカフェや海を見晴らす展望スポット、オオゴマダラの黄金色のサナギを見られる蝶々園などの見どころも点在。
亜熱帯植物楽園(あねったいしょくぶつらくえん) 由布島(ゆぶじま)
TEL/0980-85-5470
住所/沖縄県八重山郡竹富町古見689
営業時間/9時~17時
定休日/なし(台風時要問合せ)
料金/入園料(水牛車渡し料含む)大人1400円
「亜熱帯植物楽園 由布島」の詳細はこちら

※この記事は2017年2月時点での情報です

外部リンク(じゃらんnews)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス