最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

インプットはアンパンマン? クリープハイプ、新曲への思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


クリープハイプの新曲「イト」は、映画『帝一の國』の主題歌として書き下ろされた。菅田将暉さん主演による学園コメディを、華やかなサウンドと力強い言葉で彩る。今回は永井聡監督から熱いオファーを受けての制作だったそう。


■ まるで操り人形のような人間模様からイメージが浮かんで。

「監督との打ち合わせの時に僕らの音楽を必要としてくださっている気持ちがすごく伝わって、その想いにしっかり応えたいと思いました。映画の中に太鼓のシーンがあったりと和のイメージがあったので最初はそのイメージで曲を作ってみたんですけど、最終的にはポップで、映画を観たお客さんが気持ちよく帰れるような曲になりました。僕自身、この曲ができた時は、すごくスッキリとした気分になりました」(尾崎)

「最初の和のイメージの時は三味線風のギターの音を入れたりして実験的でしたが、ちょっと尖りすぎてしたね(笑)」(小川)

「最近はすごく自由に曲作りができていて嬉しいですね」(小泉)

「前回のアルバム『世界観』を経て新しいクリープハイプのサウンドに仕上がりました」(長谷川)

アッパーで開放的な曲調の中に温もりも感じさませる新境地。タイトルは「イト」だが歌詞では<いつかキミの糸が見えるまで/いつかキミの意図が見えるまで>とふたつの意味が添えられる。

「映画の主人公は生徒会長になりたくて色んな活動をしますが、誰かを操っているようで誰かに操られていたりする人間模様から操り人形のイメージが浮かび、糸というキーワードが出てきました。映画を観た人にとって、この曲がクリープハイプの音楽の入り口になるように、歌詞もわかりやすくしています」(尾崎)

普段から映画監督や俳優といった音楽以外のクリエイターとも交流がある尾崎さん。そこで受ける刺激が制作に反映されることもあるという。

「例えばミュージシャンの曲作りに比べると、特に映画監督の方は年に何本も作品が撮れるわけじゃないので。その大変さはわかりますし、主題歌などで映画に携わる時は同じ気持ちでやらないと失礼だなと思います。一曲一曲、悔いのないものを作っていきたいです」(尾崎)

そんなふうに制作の糧となる、個々の日常におけるインプットの時間。他の皆さんはどう過ごしているのだろう。「Apple Musicで色んな音楽を聴くようにしています」(小川)というミュージシャンらしい答えもあれば「好きで観ているアニメは『アンパンマン』。曲の構成や展開を考える時に通じる部分がある気がします」(長谷川)というユニークな答えも。異なる個性が絶妙に混ざり合うことで、彼らの音楽は面白さと熱気を増していく。
左から、小泉拓(D)、長谷川カオナシ(B)、尾崎世界観(V&G)、小川幸慈(G)。2012年、『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。昨年6月には尾崎の初の小説『祐介』を発表。

ジャケットはメンバー全員の顔を合成して作られた。カップリングには「月の逆襲」など全3曲を収録。【初回生産限定盤 LIVE CD付き】¥1,800 【通常盤 CDのみ】¥1,200(UNIVERSAL SIGMA)

※『anan』2017年4月26日号より。写真・野呂知功(TRIVAL) 文・上野三樹

(by anan編集部)

外部リンク(ananweb)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス