最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【日本酒★新発見】花より団子!みたらし団子に合う日本酒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本酒(独楽蔵)

関東ではすっかり葉桜になってしまいましたが、東北ではこれから桜が見頃のようですね!
でも桜より、「花より団子!花よりお酒!?」という人のために、今回はみたらし団子に合う日本酒をご紹介。
きっと「すあま」や「ういろう」などにも合いますよ。

まずは改めて、みたらし団子の味わいを分析してみましょう!
口に入れると、最初に甘辛いみたらしの醤油味が広がり、次に団子のねっとりした弾力とともに柔らかな団子の甘さが広がります。
最初から最後まで甘~い!
日本酒の中でもチョコレートやバニラアイスクリームなど、甘いスイーツと合うものといえば熟成した酒。トロリと甘めな熟成酒をいろいろセレクトして合わせてみました~!

日本酒(独楽蔵)

まずは、あずき色の渋いラベルが印象的な福岡県・杜の蔵の「独楽蔵(こまぐら)」(720ml 税込1620円)。
ふくらみのある旨さを求めて低温でじっくり熟成させた円熟な純米吟醸酒。
熟成の香ばしい香りが広がり、口に入れると瞬く間に旨味が大きく膨らみます。
団子の甘辛さと酒のコクが絡み合うと絶妙で、後味はほどよい酸味も感じられるので甘すぎません。
花冷えの日にはぬる燗でも美味しそうです!

次は、一般社団法人「日本のSAKEとWINEを愛する女性の会」、通称「SAKE女の会」がおすすめするみたらし団子に合う日本酒。
まずは、古酒造りで知られる岐阜県・白木恒助商品の「清酒 達磨政宗 熟成三年」(50ml 税込324円~)。
蔵の中でじっくりと3年以上常温で熟成させたお酒を、古酒の酒蔵ならではのブレンド技術で数種類ブレンドさせたもの。
シェリー酒のようなニュアンスもあるので、ANA国際線ビジネスクラスでは「国産牛フィレ肉のステーキ 達磨正宗熟成三年酒のソース」という機内食もあるそうです。
シェリー酒のようにこのお酒をソースに使っているのですね!

日本酒(ダルマ政宗)

古酒はじっくり熟成させてゆくうちに、だんだんとお米由来のアミノ酸と糖分から美しい色が現れ、お酒の味わいがまるくなリます。
美しい黄金色に見とれながら、杯を口に近づけると、ナッツ系の芳醇な熟成香が漂います。
口に含むとこっくりとまろやかな味わいで、ふわっと甘みが口に広がり、みたらし団子と見事に一体化。
ほのかな苦味もある酒なのですが、団子の甘みが苦味を包み込むので後味も美しいペアリング!
ちなみにこの酒はクリームを使った鶏料理や、チーズ類と一緒に楽しんでも面白いそうです!

最後は、広島県・榎酒造の「貴醸酒8年貯蔵亀甲ボトル」(720ml 税込4,590円/ボトルは亀甲タイプではありませんが、180ml 税込864円~購入可)。
“貴醸酒(きじょうしゅ)”とは、水の代わりに酒で造る、濃厚で甘いお酒のこと(以前、本企画のバレンタイン・チョコ記事でもやっていますのでご参照を)。
このお酒はその貴醸酒を8年以上も熟成させた、トロリとあまあま~♪なお酒です。

日本酒(貴醸酒)
画像提供/榎酒造

紹興酒にも似た香ばしい熟成香がして、口に含むと圧倒的なお酒のコクが押し寄せてきます。
トロリと甘く、熟成の心地良いまろやかさがあり、後味では団子と酒が驚くほど一体化。
このお酒はフォアグラやチーズ、豚の角煮、てんぷらなど、こってりしたお料理とも相性抜群とのこと。

日本酒(みたらし)

しかもこのお酒は、世界中の酒ファンが注目していているようです。
世界最大のワイン品評会IWC2008、2010、2011、2012、2013、2014、2015年に引き続き、IWC2016、SAKE部門古酒の部で通算8度目の金賞受賞をしているのです!
先日発売された雑誌「Pen」の日本酒特集2017年度版、「ソムリエが選ぶ おいしい日本酒」でも熟成酒部門で三ツ星を獲得しているとか!
すごい!これは要チェック!

今回のみたらし団子に合うお酒に関して、「SAKE女の会」では、次のようにコメントしてくれました。
「甘辛いみたらし団子には、やはり甘味とコクと旨味と、少しの酸味のあるお酒が合います。逆に、水のように軽いとお酒が負けてしまって味気ない。だからぐっとコクと甘味のある酒が合います」。

3種のペアリングを味わってみて、この言葉に納得!
みたらし団子には熟成酒がすご~く合う!
「独楽蔵」→「清酒 達磨政宗 熟成三年」→「貴醸酒8年貯蔵亀甲ボトル」の順に、甘さやコクがだんだん強まっていくので、好みの軽さ・重さで選んでみてもいいかもしれませんね!

さて、次回は日本酒好きな女性3人が、自分の好きな日本酒を持参して塩専門店に潜入!
“日本酒には塩と味噌があれば十分”と昔から言われますが、マイ日本酒に合うベストな塩を“きき塩”しながら選びます。お楽しみに!

≪筆者プロフィール≫
▪タッキー(たきぐちともこ)
滝口
国際きき酒師(英語)&きき酒師。
飲食ライター歴20年の食いしん坊バンザイ!
記者&PRプランナー。
日本酒やワインなどもこよなく愛す。
株式会社GreenCreate代表。
テレビ番組などにも出演中。

▪「日本のSAKEとWINEを愛する女性の会」
おもてなしの心よ、たくさん花咲け、花SAKE。
それが、SAKE女(SAKE JO)の心。
日本のSAKEとWINEを楽しみ、旅し、
学びながら、「おもてなし」の心を活かしていく団体。
ホームページ(2017年3月末まで女性は登録無料):http://www.omotenashi-sakejo.com/
6

「SAKE女の会」の新着ニュースはこちらでチェック!
「SAKE女の会」FaceBook


外部リンク(Nicheee!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス