最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

注意すべきは「知らない人」だけじゃない!子を犯罪から守るための対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


通学路や子どもの遊び場で起こる悲しい事件を目にするたびに、親の気持ちになって涙を流し、手を合わせ、自分ごとのように受け止めるパパ・ママは多いのではないでしょうか。

朝、子どもを「いってらっしゃい」と見送り、自分も仕事に出かけ、学校や学童から「ただいま」と無事に帰ってくる。それだけのことが、どれほどありがたいことかと骨身にしみる日もあるかもしれません。

残念なことに、弱者である子どもがターゲットになる事件はあとをたちません。

今回は、犯罪学を専門とする小宮信夫教授の著書『子どもは「この場所」で襲われる』(小学館新書)で紹介された、子どもが狙われやすい場所をお届けします。

毎日、登下校中に子どもにピタリと寄り添っているわけにはいきませんが、小宮教授は、キケンな場所を見分けるわかりやすい基準を提示しています。

■犯人の犯罪チャンスをつぶせ! “危ない人”を見分けるのはムリ! “危ない場所”に着目

小宮教授は、子どもを犯罪から守るためには、“人”ではなく、“場所”で判断する方が効率的だと述べています。

なぜなら、犯罪を起こす人を見分けるのは限りなく困難だから。キケンな場所に着目し、動機を抱えた人が犯罪を実行するチャンスをなくすというアプローチ方法が“犯罪機会論”。

 <犯罪を行っても、捕まらずに逃げられると思ったときに実行に移します。つまり、犯罪者は場所を選んで犯行に及ぶのです。

その場所の傾向を分析して出てきた答えが「入りやすく」「見えにくい」場所というわけです>

それでは、具体的にはどんな場所なのでしょうか?

■キケンな場所を見分ける“景色読解力”とは?

小宮教授の著書からの抜粋です。皆さんも一緒に考えてみましょう。

<次の景色のうち、安全なのはどちらでしょうか?

「通りの両側に塀の高い家が続く住宅地」と「たくさんの窓が通りに面している住宅地」

「木々に囲われている公園」と「フェンスに囲われている公園」

「植え込みもガードレールもない道路」と「植え込みに隔てられている道路」

「見通しのよい周囲が田んぼの道」と「住居が両側に並んだ道」>

みなさん、わかりましたか?

正解は全て後者。

キケンな場所かどうかを判断する最もシンプルな基準が、先ほどの「入りやすい」「見えにくい」という点であり、子どもは場所で「キケンかどうか」を見分ける判断力を養う必要があるとのこと。

教授は、「“人”はウソをつきますが、“景色”はウソをつきません」と述べています。子どもが通学や遊びで出歩くテリトリーにおけるキケンなスポットを、「入りやすく、見えにくい」という視点で眺めてみてはいかがでしょうか。

■日本の公共のトイレは「入りやすく、見えにくい」から要注意

そして、日本においてとくにキケンなのが公共のトイレだといいます。

海外旅行に出かけたとき、個室のトイレのドアの下が大きく開き、使用中の人の足がよく見える構造であることを疑問に思った経験がありませんか?

それには理由があり、足が4本見えたら排泄以外のことが行われていると疑うことができるから。

一方の日本の公共のトイレは、密室度が高く“見えにくい”からこそ、キケン。尿が飛び散り、便がこびりつき、落書きのあるような公園のトイレは、誰もがイヤがりますが、教授は赤ちゃん連れ、障害者の誰もが使えるバリアフリーのトイレのリスクを指摘。

 <誰でも入れるというのは、「入りやすい」場所ですから、防犯的には最悪になってしまいます。>

<公共施設のトイレに子どもひとりで行かせるのはとても危険だということを認識してください>

と述べています。

トイレの危険性を喚起しておきたいものです。

■車道と歩道がガードレール・植え込みで区切られていない道路がキケン!

続いて、意外と盲点なのがガードレールや植え込みで区切られていない道路。

オランダは、先ほどご紹介した“犯罪機会論”の先進国とのことですが、生活道路上にコブ状の“ハンプ”を設け、住宅地で自動車を減速させることで、ひったくり、空き巣、誘拐といった犯罪をしにくくするのに一役買っているそう。

また“ハンプ”が、交通安全にもつながっているといいます。

それほど、車道と歩道が区切られていない道は、緊張感を持って歩くことが必要なのです。

■大人も家の外を一歩出たらちょっとした緊張状態を

小宮教授は、日本人は大人であっても公共の場所で無防備であることを指摘。電車で眠り込んだり、化粧をしたりすることは、外で“ウチ”のようにリラックスしているからだといい、「いつ犯罪に巻き込まれるか」という気持ちが諸外国と比較して低いといいます。

ところが、

<海に隔てられた安全性はもはや遠い過去のものではありません。いまや日本も、安全神話から世界のスタンダードへと防犯意識を切り替えるときに来ています。>

と警鐘を鳴らしています。

電車の心地よい揺れでうっかり眠くなることも、ガードレールのない道路で歩きスマホをしてしまうこともあるでしょうが、“ウチ”と“ソト”での緊張感の切り替えは、大人がお手本として示すべきなのかもしれません。

以上、子どもが狙われやすい場所についてお届けしましたが、いかがでしょうか?

2014年に日本で公開された『世界の果ての通学路』という映画で、道なきサバンナの中を通って学校に行くケニアの子どもたちのために「象につぶされぬよう」と両親が祈るシーンが印象的でした。

スクールバスのある国、子どもだけで公園で遊べない国、20キロの通学路を毎日往復する子どもがいる国と様々ですが、どこでも子どもの安全は親の普遍的な悩み。

地域での小さな声掛けと、子どものテリトリーのリスク確認を継続していきたいものです。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス