最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『孤独のグルメ Season6』第2話 「ご飯の劣勢は必至」豚バラ生姜焼き定食の恐るべき破壊力!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 金曜深夜にやってくる究極の飯テロ番組『孤独のグルメ Season6』(テレビ東京系)。朝まで空腹を耐えることできるのか、視聴者の胃袋を攻撃しまくる番組は早くも第2話。今回は、どんな夜明けと共に出かけたくなる店を投入してくるのか……。

では、第2話「東京新宿区 淀橋市場の豚バラ生姜焼定食」の世界をレビューしていきましょう。

さて、ゴローちゃんこと井之頭五郎(松重豊)がやってきたのは、新宿区大久保。前回も大阪の下町まで営業に出かけてたけど、今回もシブい街。個人で営む輸入雑貨商のゴローちゃん。今回は、カフェで始まる洋食器の展示会の什器一切を取り扱っている様子。けっこうな儲けなのではないでしょうか。

そんな将来性もある大口顧客が相手だからということでしょうか。朝も早くから、搬入だけでなく、あれこれとお手伝い。喫茶店主が、真中瞳……じゃなかった東風万智子ですから。まあ、美人は得ということか。

ひとまず仕事はやり終えて、時間はまさかの午前8時30分。「4時起きだったからな」と、やり遂げた感を語るゴローちゃん。え、喫茶店での会話で東風が「今日のイベントに間に合いそうです」と語っていたけど、ホント、ギリギリでの開店なのか……。大丈夫かな、この喫茶店。

ともあれ、そんな早朝から働いていれば、腹が減るのは当たり前。それも、ガッツリと減るに決まってます。

「モーニングのトーストじゃ物足りない。米、ごはん食べたい……」

一瞬「牛丼の店か……」と楽に済ませようと思ったゴローちゃん。でも、そんなゴローちゃんの目の前に現れたのは、新宿は淀橋市場。総武線の窓からも、ちょっと見えるアレです。

素直に「食堂はどこですか?」と聞けばよいのに、なぜか市場をウロウロと店を探して歩くゴローちゃん。見つけたのは市場内の食堂「伊勢屋」です。

「いかにも、市場の食堂……。この人たちも、今がまさに昼飯時」

ワクワクとはしながらも、パリっとスーツ姿で、少し座り心地の悪そうな感じもしているゴローちゃん。未知の世界といえる市場食堂は、すべてが珍しい様子。ちょっとしたことにも感動です。メニュー表のライスの増減の値段を見ただけで、こんなセリフ。

「50円引き……増しと引きがあるのか」

そして、この食堂はメニューの数もたくさん。定番メニューに日替わりメニュー。固定のものとは別に黒板にもズラりとメニューが。定食だけでなく副菜もいっぱい。

そんな「溜め」のシーンの連続によって、ゴローちゃんの胃袋は一気に拡大しているのでしょう。

「アジフライにも惹かれるけど、今は労働後の肉。プラス小鉢の連打だな」

かくて、最初の注文は、豚バラ生姜焼き定食、納豆と竹の子の土佐煮、明太子、トマトの酢漬け……。

でも、ここで、ご飯は丼に普通盛りで注文してしまうゴローちゃん。ダメだよ、ゴローちゃんが普通盛りで耐えきれるわけがないではありませんか!

それに、豚バラ生姜焼き定食は『孤独のグルメ』においては、忘れ得ぬメニュー。記念すべき原作第1話でゴローちゃんが豚汁と被ったことを、ちょっと後悔しつつもモリモリ食べた、アレです。

こうなると視聴者視点では「さあ、くるぞ、くるぞ……」しかないではありませんか。

ここでまた、生姜焼きの出来上がっていくシーンを挿入するという、とんでもない飯テロ。制作陣は悪魔ですか……。

そうして、定食+小鉢の群れがやってきました。

「あららら……朝からすごいことになっちゃったな」

その一言と共に始まる、ゴローちゃんの名言劇場。

「おお、質実剛健。空腹にズバっと応えるパンチと香り」

「やっぱり、豚バラ生姜焼定食は定食界でも別格だな」

「この時期、タケノコの文字を見ると条件反射的に頼んじまう。四季のあるニッポン、旬のあるシアワセ……」

「味噌汁もいいじゃないか、ここ、ホントに誠実な店だ」

「この店の小鉢は、ちゃんと小鉢然とした量でうれしい」

「このサイズで、この破壊力。ご飯の劣勢は必至」

ここで、ゴローちゃん。豚バラの利点を生かして、メシの巻き食いを始めます。こんなことしたら、もうご飯が足りるはずもありません。

「付け合わせのキャベツも、この店では立派なごちそうだ」

そして、いよいよ手を付けたトマトの酢漬け。ああ、ここで酢の物を入れたら食欲がさらに増大するのは必至。

「最高だ……9時3分の食堂で生姜焼定食の充実」

「ううむ、美味い。生姜焼きのタレをつけたキャベツ。これは名も無きひとつの料理だ」

そして感動と共にやってくるのは、満腹ではなくコンティニュー。

「食べながら考えていたんだ。納豆を食うタイミング。大丈夫、この店にはあの手がある」

そして来た! ご飯のおかわり、茶碗の八分目。

ついに上着を脱いで、まくり食いに突入するゴローちゃん。納豆は、とにかくよくかき混ぜる派のようで、執拗に混ぜ続けるのです。

「白飯と相思相愛、地味だがしっかりと仕事する納豆は朝ご飯に欠かせない名脇役だ」

かくて、最後に1枚だけ残した豚バラを口に運ぶときに飛び出す一言……。

「街の食堂がなくなっている今どきに、こんな定食が食べられるシアワセ」

ああ、まさにその通り。筆者の近所も相次いで食堂が消滅。牛丼屋とオシャレカフェになってしまい、食生活は悪化の一途。きっと、多くのみなさんが同じ思いを抱いているでしょう。

誰か、志ある人が昔ながらの食堂を始めてくれないかなあ。そんな働く者に優しい世界の実現を夢想してしまう、第2話でした。(文=昼間たかし)

外部リンク(日刊サイゾー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス