最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

今川焼き以外の呼び名。ニコニコニュースとmixiユーザーの意見をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
円柱の形をし、たい焼きのようになかにあんこやカスタードが入った和菓子のあの食べ物を、みなさんはなんて呼ぶだろうか? というのも、先日「教えて!goo」で「これをなんと呼びますか?・・〇〇焼き」という記事をリリースしたためだ。恥ずかしながら筆者は、今川焼き以外に呼び名があるとは知らなかったが、記事を配信したニコニコニュース、mixiニュースでは、「今川焼きで決着ついたでしょ?」と事情を知っている方もいれば、元記事には触れられていない呼び名がたくさん寄せられていた。ほかにもどんな呼び名があるのか、今回はユーザーが寄せてくれた意見をもとにさらに議論を深めてみたい。

■今川焼きはまん丸で、大判焼きは楕円!?

まずは、ニコニコニュースのユーザーが寄せてくれたコメントから。

「あじまんが入ってないやん!(山形」(ユウトさん)、「七越焼(富山」(樹猫さん)、「びっくり饅頭って呼んでる。広島県の呉市です」(りるのさん)

「落語『代書屋』にも出てくる。巴(ともえ)焼きがまだ出てない」(SONYさん)、「人工衛星饅頭だと思ってたけど」(zaqtanさん)、「神戸だけど大判焼き、太鼓饅頭、今川焼き、御座候はよく聞く」(てぃーさん)

「俺も広島だが、大判焼きよりも二重焼きって呼び方のほうを多く用いるな」(トクさんさん)、「昔は今川焼きはまん丸で、大判焼きは楕円だったらしいけど、今はどうなんだろう?」(ビクトリアさん)

■きんつばは、今川焼きのことだった!?

ほかにも、今川焼きを「きんつば」と呼ぶ地域もあるようだ。きんつばといえば、寒天を用いた、あっちのきんつばを思い浮かべる人も多いだろう。

それを言えば、magaimonさんが寄せてくれた「道民としては『おやき』。そのせいで信州のおやきを見た時はカルチャーショックだったなぁw なにこれ!? 具に野沢菜!?と」というコメントにも、同じことが当てはまるかもしれない。

長野県出身の筆者にとって、まさか「おやき=今川焼き」を指すとは、夢にも思わない事実だ。お互いが別々の食べ物にもかかわらず、名前は同じとは実に不思議なものである。

いずれにせよ地域によって、同じ食べ物でも呼び名が違うのはとても興味深い。

■御座候は姫路発祥!?

最後に、mixiニュースのユーザーが寄せてくれたコメントを覗いてみたい。

「御座候は姫路発祥。今や広く知られていますね」、「兵庫でも『御座候(ござそうろう)』言うけど?(この名義で店を出してる食品メーカーが姫路に本社があるため)」

「埼玉県川口市民なら太郎焼きだろ!」、「いつもは『ふうまん』、ちょっと上品に『大判焼き』←岡山」、「長崎の佐世保です。回転焼きですね、一休という店が製造販売してます。長崎市に行くと、太閤焼きだったと思う」

なかには名前の由来を記すコメントもあり、もしかしたらそれぞれの地域でルーツがあるのかもしれない。
飲み会や出会いの場で話題に困ったら、今川焼きの話をネタにしてみると議論がますます深まりそうだ。

みなさんの地域では、「今川焼き」のことをなんて呼ぶだろうか?

柚木深つばさ(Yukimi Tsubasa)


外部リンク(教えて!gooウォッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス