最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

蜂蜜★皇帝“メルヘンロックアイドル”体現! 人生を懸けて飛び回る蜂蜜たち「もう売れるしかない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ムーヴメントが巻き起こってから幾年月……今やひとつのジャンルとして確立した感のあるアイドルシーン。その中において決して落ち着いた姿勢など見せず、岐阜県から全国へと飛び出そうと躍起になっているアイドルグループがいる。その名は、蜂蜜★皇帝(はちみつエンペラー)。可愛い蜂蜜の衣装を身に纏い、皇帝のように強靭なアクトを繰り広げる5人組である。

<“メルヘンロックアイドル”という個性を見事に体現>

蜂蜜★皇帝(通称:はちペラ)は、岐阜・名古屋を中心に活動しており、1人が女王蜂で、あとはみんな働き蜂という編成。メルヘンロックアイドルがコンセプトで、メルヘン担当とロック担当に分かれているようだ。先日、東京遠征していた際に目黒・鹿鳴館でのライブを拝見させて頂いたのだが、近年隆盛しているBABYMETALやBiS以降の本格派ロック系アイドルを踏襲したサウンドながら、そこで歌い踊る(暴れ回ると表現したほうが適切かもしれない)メンバーたちのパフォーマンスはまるで女子プロレスを観ているような迫力を誇っており、その一方でひとりひとりの観客と目を合わせてはキュートな笑顔をプレゼントするメルヘン要素もあり、プロフィールにある“メルヘンロックアイドル”という個性を見事に体現していた。

その実力を裏付ける情報としては、昨年行われたアイドルイベント【SEKIGAHARA IDOLWARS 2016. -関ヶ原唄姫合戦-】の予選を全国2位で勝ち抜き、大きいステージから小さいステージまで全4ステージでライブを行う権利も獲得。また、全力で1時間ノンストップライブを繰り広げても耐え得るパワーも誇っており、そのタイトなシチュエーションの中で懸命に届けていく「働き蜂アンセム」等のキラーチューンたちは、ロック系アイドルを好む者であればぜひとも体感してもらいたい。また、体感してもらいたいと言えば、蜂蜜★皇帝のオーディエンスが生む一体感。アイドルも多種多様になった分だけドルヲタも多種多様となり、アイドルのライブの楽しみ方すら複雑化している昨今ではあるが、蜂蜜★皇帝の現場のノリは直球ど真ん中。アイドル現場の原風景がまだそこには広がっており、微笑ましい気持ちにさせてくれる。

<「お父さんに認めてもらえれば……でももう売れるしかないなって」>

なお、メンバーの結城みゆはインタビュー(http://bit.ly/2nfAUwK)で「なんだかんだ5.6年ぐらいアイドルをやってるんですけど、蜂蜜★皇帝が私にとって最後のチャンスだと思って頑張ってます」「ウチはお父さんには認めてもらってないです。蜂蜜★皇帝に入るときに「まだやるのか? 俺には分からん!」ってすごく怒られて、でも「私はやりたいからやる!」って今やってるんですけど、ライブに誘っても「行かない」みたいな。お父さんに認めてもらえれば……でももう売れるしかないなって。それで「自分の娘がこんなに凄くなったのか」って思ってもらう。今はその為にも突き進んでいくしかないなって思ってます」とコメント。

果たして蜂蜜★皇帝の人気は岐阜・名古屋から全国区へと広めることが出来るのか。人生を懸けてステージ上で飛び回る蜂蜜たちの今後にもぜひ注目してほしい。

取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:山田秀樹


外部リンク(Billboard JAPAN)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス