最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

恋愛 

逆効果だった!?男性がゲンナリするやりすぎモテテク4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


男性からのモテをゲットするためのテクニックこと、通称モテテク。みなさんも何かしら実践した経験があるのではないでしょうか?しかし、度の過ぎたモテテクは逆にモテを遠ざけてしまうことに…。そこで今回は、男性をゲンナリさせてしまうやりすぎモテテクをご紹介します。あなたが実践していたモテテクは、実はモテを遠ざけているかも・・・!?

■1.無知アピール
男性は、女性に何かを「教える」ということで優越感を覚え、誇らしく感じるもの。それを利用して、「わからな~い。」や「知らなかったぁ。」と無知をアピールする王道モテテクがありますが、度を過ぎたアピールは男性に違和感を抱かせてしまいます。「こんなことも分からないのか?」と幻滅されたり、「無知を演じているのか?」と怪しまれたりすることで効果駅なモテテクも台無しになってしまいますよ。

■2.大げさな相づちや褒め言葉

男女関係なく、自分の話を親身になって聞いてくれる相手には好感がわきますよね。つまり、相手の話を盛り上げる相づちや褒め言葉を上手に使うことで好感度をゲットできるんです。しかし、相づちや褒め方によっては会話を盛り下げてしまうことに…。「なんでなんで?」などと大げさな相づちを連呼したり、「すっごいね!」と大げさすぎる褒め方をされると、「実は俺の話なんて大して聞いてないんじゃ…」と思われてしまうようです。

■3.イタいぶりっ子
ぶりっ子は加減が難しいモテテクのため、男性の多くがぶりっ子を感じさせる女性の言動に苦手意識を抱くようです。自分のことを「ちゃん」付けで呼んだり、いちいち「できな~い!」とか弱さをアピールする行為は、誰からから見てもイタいと感じますよね。さらに、手軽にできるモテテクの上目遣いはやりすぎることですぐに「ぶりっ子」だと気づかれてしまいます。ぶりっ子は簡単そうに見えて難易度の高いモテテクですから、慎重に取り入れるようにしましょうね。

■4.前のめりなデキ女アピール
気遣いや上品さなど、女性らしい言動に魅かれる男性は多いもの。しかし、モテだけを意識してデキ女アピールをする女性は、わざとらしさが一目瞭然。食事の際に料理を取り分けたり、店員に指示をするといった気遣いができる女性は一見デキる女風ですが、一切の隙を見せずに場を仕切ると“アピールするのに必死な女”というイメージを持たれてしまいます。デキる女アピールも、程よい加減で行ってこそ効果を発揮するモテテク。あくまで自然にできるよう日頃から意識して行うことが大切です。

■やりすぎモテテクに注意!
男性をゲンナリさせてしまうモテテクに共通していえることは、度の超えたアピールをしてしまうこと。モテに捕らわれすぎて違和感のあるモテテクを使うよりも、自然体のまま少しだけモテを意識して接する方が好感を得られるでしょう。(ぐみこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

外部リンク(ハウコレ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス