最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

『人は見た目が100パーセント』6.4%に急落! 桐谷美玲の「ウジウジ演技」に視聴者イライラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 桐谷美玲が主演を務める『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)第2話が4月20日に放送され、平均視聴率は6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、第1話の9.5%から3.1ポイントの大幅ダウンとなった。

同ドラマは、地味な見た目の理系女子研究員・城之内純(桐谷)が、自分は“女子”ではなく“女子モドキ”なのではないかと気付き、同僚の前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)とともに「美の特別研究」に奮闘するストーリー。第2話では、純の新たな上司であり、あこがれの存在である松浦栄子(室井滋)と同じ結婚式に出席することがわかり、純はパーティーファッションの研究を開始。また、イケメン美容師の榊圭一(成田凌)にヘアメイクをしてもらうも、緊張して挙動不審になってしまう……といった展開だった。

「ネット上では、第1話から『ちょっと主人公がオドオドしすぎじゃない?』などと指摘されていましたが、第2話にしてさらに視聴者のイライラが大爆発。『純にイラつく! 美容師に触られるのも無理とか、どんだけ自意識過剰なの?』『オシャレより先に、コミュ障をなんとかした方がいい』『純のネガティブキャラがウザい』『ウジウジしすぎで見てられない』というように、とにかく主人公・純のキャラクターが大不評なんです。視聴率が初回から大幅下落したのも、それが原因かもしれませんね」(芸能ライター)

その一方で、満子や聖良も純と同じ“女子モドキ”として描かれてはいるが、それぞれ明るく、コメディ要素のあるキャラクターのため、視聴者からは「共感しつつ笑える」と好評だ。

「同ドラマは、同名タイトルの女性向け漫画が原作となっているだけに、“視聴者の支持を得られない”という問題は、一概に製作サイドの責任ではないように思います。ただ、『桐谷のネガティブ演技が過剰すぎる』という声もあるので、桐谷の演技プランが、世間の求めるものと“ズレていた”ということなのでは」(同)

「主人公が嫌われる」という致命的な問題を抱えてしまった同ドラマだが、この状況から視聴者を取り戻すことはできるだろうか。

外部リンク(サイゾーウーマン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス