最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

巨大ふとももからご当地ふとももまで登場!? ふとももがいっぱい「ふともも写真の世界展」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


女のコの“ふともも”……。その魅力はひと言では語り尽くせない。ふとももをモチーフに作品を撮り続ける写真家・ゆりあ氏をご存知だろうか。男性のみならず、女性からの支持も高いゆりあ氏のふともも写真。いまでは世界からも注目を集めているのだという。

そんなゆりあ氏の個展『ふともも写真の世界展』が、東京では本日から開催中。そして、これからゴールデンウィークシーズンにかけて名古屋・大阪と計3都市で開催される予定だ。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1319483

ゆりあ氏は、2011年から本格的に“ふともも”を撮り始め、2014年11月のデザインフェスタへの出展で注目を集めた。現在までに計6冊の写真集を出版している。

2015年7月に初の個展を開催、2016年のゴールデンウィーク、シルバーウィーク、年末年始の開催で総来場数は2.5万人を超えた。フェティシズムの追求から、アートへと昇華した『ふともも写真の世界展』は、性別や嗜好を問わずに楽しめることで人気だ。

そして、“フェティシズムアートのニューウェーブ”として新たなシーズンを迎える今回。それぞれの都市で展示内容にも特徴があるのだという。

4月21日(金)から「TODAYS GALLERY STUDIO」で開催されている東京展は、グアムロケで撮りおろされた南国編となる。すべて新作で500点以上(1000脚)のふとももが会場を埋め尽くす。白い砂浜に透き通るような海、夕焼けなどの自然……そして健康的なふともも。南国編について、ゆりあ氏はこのようにコメント。

「途中で色がはっきりと変わる広々とした海が日本ではなかなか撮れないと感じました。また植生が異なるので何気ない風景でも日本とは違う感じが出ていると思います」

屋外の展示スペースには、“ふとももビーチボール”や“ふともも貝殻”など、南国の世界観が演出された「ふとももビーチ」が出現する。

また、5月4日(木・祝)は、女性限定でゆりあ氏の撮影体験も実施予定とのことだ(※雨天中止・要事前予約)。

5月1日(月)から「アートスペース A-1」で開催される名古屋展では、昨年好評だった“ふとももの細道(一直線にのびる閉鎖されたふともも空間)”のニューバージョンが登場するほか、名古屋ならではの“ご当地ふともも”を展示予定。

4月29日(土・祝)から「FREE SPACE KITAHORIE」で開催される大阪展では、シンボルともなっている作品が巨大プリントされ、壁面いっぱいに展示される。まさに“巨大ふともも”に挟まれているかのような写真が撮れるユニークな試みだ。

過去に人気の高かった作品を中心に300点以上が展示される予定で、ニーハイや制服など「ふとももアート」の魅力が存分に堪能できるだろう。

まさに、どこを見てもふとももの空間……。各会場ではオリジナルのふとももグッズなども販売される。今年のゴールデンウィークは、日頃の疲れを女のコのふとももに囲まれながら癒されてはいかがだろうか。

<取材・文/藤井敦年>


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス