最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

キム・ヒョンジュン、飲酒運転も全国ツアー強行にファンも呆れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
日本でも熱狂的なファンが多い韓国の人気の俳優・歌手、キム・ヒョンジュンが約21ヶ月の軍務を終え、6月に日本で行われる除隊後初のソロ全国ツアーの開催が発表された。

約3年ぶりのニューシングルとだけあって、キム・ヒョンジュンのオフィシャルInstagramでは、新曲のレコーディング風景と思われる写真が更新されると、「待ってる」「早く会いたい」などといった来日を待ち望む日本人ファンの声が多く投稿されている。


キム・ヒョンジュンの今後の活動に期待する中、3月26日未明に除隊早々“飲酒運転”で書類送検されるなど、スキャンダル多き彼の行動に呆れる声が相次いでいる。


キム・ヒョンジュン


キム・ヒョンジュンは、2005年に5人組アイドルグループ「SS501(ダブルエスゴーマルイチ)」のメンバーとして韓国でデビュー。メンバー内にもう一人、日本の発音だと同名になるキム・ヒョンジュンが居るため、ファンたちの間では「リダ(リーダー)」と呼ばれ区別されている。

キム・ヒョンジュンは、音楽活動だけにとどまらず2009年に放送された韓国版ドラマ「花より男子」でのユン・ジフ(花沢類)役や、翌年2010年の韓国版ドラマ「イタズラなKiss」でのペク・スンジョ(入江直樹)役で韓国ではもちろん、日本でも俳優として大ブレイクした。

SS501は、2010年6月に所属事務所DSPメディアとの契約満了で、メンバー全員が単独移籍。キム・ヒョンジュンは新しく「KEY EAST」に所属し、2011年に韓国、2012年に日本とソロデビューを果たした。SS501は現在、無期限の活動停止となっている。

帰りを待ち望んだ約2年間


韓国の男性は19歳~29歳の間に約2年間の兵役につく義務がある。 キム・ヒョンジュンは、元恋人A氏とのトラブルで入隊前から騒動を起こしていた。そのため、2015年5月12日の入所日には他の将兵やその家族に迷惑がかからないようメディアやファンにあいさつをすることなく、静かに入所した。

ファンは入隊時に元気な姿を見ることができなかったが、時々公開される日本公式ファンクラブサイトに上がる写真や、韓国メディアからの情報を見ながら、彼の帰りを待った。

2017年2月11日、キム・ヒョンジュンは除隊式の後、元気な姿であいさつ。所属部隊前には約1500人のファンが出迎え、ネット上でも喜びの声が多く見られた。


安心の除隊から一転


3月26日未明、キム・ヒョンジュンが運転する車が、往復4車線道路のど真ん中で信号待ちの状態で全く動かないため、後続車の運転手が警察に通報。警察が現場に到着するまで5分以上にわたり眠っていたという。本人からは免許停止に該当する0.075%の血中アルコールが検出され、免許停止処分となったがツアーは予定通り決行するという。

韓国芸能人の飲酒運転は少なくはない。
2016年には、日本でも人気のK-POPアイドルグループ「超新星」のソンモや、「SUPER JUNIOR(スーパージュニア)」のカンインが飲酒運転で事故を起こし活動を自粛している。

5月24日、日本でも人気のK‐POPアイドル・SUPER JUNIORのカンインが飲酒運転事故を起こし、書類送検された。警察の発表では、事故当時のカンインの血中アルコール濃度は0.157%で、免許取り消し水準の0.1%よりも高かった。カンインは2009年にも飲酒が絡む暴行、当て逃げ事件を起こし、謹慎、入隊を経て12年にグループに復帰した。30歳を過ぎ、やんちゃだった彼もすっかり丸くなったといわれていたが、思慮や分別に欠ける性格は最初の事件の時とまるで変わっていなかったようだ。 (※SUPER JUNIOR・カンイン、超新星……飲酒大国・韓国は、芸能人の飲酒管理もガバガバ/サイゾーウーマンより)

一方、キム・ヒョンジュンは自粛期間なしに活動するというので、ネット上では疑問の声が上がっている。

Twitterでの反応



なお、日本公式ファンクラブサイトでは、全国ツアーの受付やスペシャルイベントの決定が次々と発表されているが、2年間待ち望んだファンからすると「ここで中止になったら困る!」というのが本音ではないだろうか。

(文・はにすけ)

※本記事内のツイートやInstagram投稿等は、各サービスの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス