最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

逆襲開始?「めざましテレビ」1年ぶり2桁 伊野尾効果「イノ調」好評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 20日に放送されたフジテレビ「めざましテレビ・第2部」(月~金曜前6・10~8・00)の平均視聴率が10・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。10%超えは昨年4月8日の10・1%以来1年ぶり。激戦区の朝の“情報番組戦争”で王座奪回を目指す逆襲の足がかりとなるか。今後の動向が注目される。

 2016年の年間平均視聴率は、日本テレビ「ZIP!」(月~金曜前5・50~8・00)が9・0%。11年4月の番組開始以来、初の年間王者に輝いた。

 今年に入り、テレビ朝日「グッド!モーニング・7時台」(月~金曜前7・00~8・00)を含めた三つ巴の戦いが激化。その中、15年まで7年連続年間王者の「めざましテレビ・第2部」が1年ぶりに2桁をマークした。

 好調の要因の1つは、木曜レギュラーを務めるHey!Say!JUMPの伊野尾慧(26)のコーナー「イノ調(しら)」。20日も、青いスープのラーメンやメロンカレーなどのビックリグルメを伊野尾が伝えた「イノ調」内の午前7時21分、瞬間最高視聴率11・6%をマークした。

 渡邊貴チーフプロデューサーは「木曜日に高い視聴率を出せたのは、伊野尾さんの影響が大きいと思います。中でも『イノ調』はキッズ、ティーンら若い世代を中心に人気のコーナーでしたが、最近は彼らの親世代にも人気が拡大しています」と分析。「今回のビックリグルメの企画は、伊野尾さんがいるから成立しているような企画です。伊野尾さんの食レポも最近は進化してきました。そんな伊野尾さんの成長が今の『めざましテレビ』の好調を支える、1つの原動力になっています」と話している。

外部リンク(スポニチアネックス)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス