最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

野生動物にも出会える!カナダ・モントリオールの街中にそびえる「モンロワイヤル」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モントリオールの街は広大な「セントローレンス川」に面しており、旧市街、そして高層ビルが建ち並ぶ中心街へと続く。

その中心街の背後にそびえているのが「Mont-Royal(モンロワイヤル)」であり、「モントリオール」という街の名前の語源になったとされる。

山全体が市民憩いの場となっており、マラソンをする人、アップダウンを利用して身体を鍛えている人、家族や仲間達とピクニックをする人などで賑わっていた。

登り口はいくつかあり、野外彫刻が並んでいる場所や、野鳥の集まる池もある。カナダの象徴であるメープル(カエデ)が色づく頃は、きっと美しいことだろう。



標高は232メートルという小高い丘なので、きつくない坂道を選べば労せず上り下りすることが可能。広大な場所ではあるがきちんと整備されており、ぐるりと散歩してまわって楽しい場所だ。

それもそのはず、ニューヨークのセントラルパークを手がけた「フレデリック・ロー・オルムステッド」の手によるものだという。



「Chalet de la Montaigne(シャレー展望台)」は、ダウンタウンを眺めることの出来るおすすめスポット。

手前にはダウンタウンの街並み、そして奥の方にはゆったりと流れるセントローレンス川まで見える。その雄大な景色は心地良い開放感を与えてくれた。

中は広い休憩所となっており、観光案内所やモントリオールのお土産が買えるショップもある。外が寒い時は、ここでホッと一息つけるのはありがたい。



このモントリオール市民の憩いの場は、動物たちにとっても憩いの場のようだ。

野鳥が多いのはもちろん、運が良ければアライグマに出会うこともある。器用な手つきで落ち葉から餌を探しており、すぐ側で見ている我々を気にしている様子は全くなかった。



近くには高層ビル。しかし緑豊かなモンロワイヤルは、そんな喧噪とは無縁だ。

自然を間近に感じながら生活をしている、カナダの生き方を垣間見られるような公園だった。

(田原昌)


外部リンク(IGNITE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス