最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

GET WILDが30周年記念作品として、「GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition」が配信決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


オリジナル「Get Wild」発売30周年を記念し、収録曲36曲全て「GET WILD」で構成されたTM NETWORK『GET WILD SONG MAFIA』が、オリコン週間アルバムランキング (4位※4/17付 / 8位※4/24付)でも2週連続でTOP10入りを果たし、各メディアやSNSなどでも取り上げられ話題となったが、 今回その収録曲の中からTM NETWORKがavex traxに所属してからの楽曲をまとめた「GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition」が来月5月3日に配信されることが決定した。さらにTM NETWORKデビュー33年目の本日(4月21日)より、iTunesプレオーダー&先行配信もスタートする。

2012年の再始動から発表されてきたライブ音源や新バージョンの「GET WILD」を中心に、Dave Rodgers やglobe、Purple Daysなどのカバー、そして『GET WILD SONG MAFIA』に収録され、配信が熱望された石野卓球やSICK INDIVIDUALSのリミックスも今回初配信されることとなった。

さらに注目すべきなのが、「アキバ系」文化の牽引者的存在で声優、音楽プロデューサーとしても活躍する桃井はるこの「Get Wild」カバーも今回初配信となる。

兼ねてから『GET WILD SONG MAFIA』にも”なぜ桃井のカバー(「Sunday early morning」(2008)初回盤ボーナストラックとして収録)が収録されないのか?”と、SNSなどで反響のあった楽曲なだけに、今回配信アルバムの収録に対し桃井は

「中学生の頃、横浜アリーナで聴いた生「GET WILD」がわたしのライブ体験の原点。時間を遡って当時の自分に教えてあげたいくらい光栄です!(TMだけに)」

とコメントを寄せた。

この他にもこれまで未配信だったDave Rodgers の「Get Wild (GET WILD MEETS TECHNO STYLE Version) 」や6月にアナログでリリースされる石野卓球の「GET WILD(Takkyu Ishino Latino Remix)」も先行して配信されるなど、アルバム『GET WILD SONG MAFIA』とはまた違った内容となった今作。もちろん通常配信にくわえ、ハイレゾでも配信される。

今回の「GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition」はavex関連の楽曲だけを集めた作品ではあるものの、22曲/3時間を超える内容となっているので是非ともチェックしていただきたい。

外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス