最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

福士蒼汰、初デートは「相手に合わせる」 小松菜奈と『ぼく明日』の撮影秘話を語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 発行部数160万部を突破した恋愛小説を映画化した『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のブルーレイ&DVDが6月21日に発売される。発売に先立って、主人公を務めた福士蒼汰と、ヒロイン役の小松菜奈、三木孝浩監督がビジュアルコメンタリーを収録。クランクインからクランクアップまでをメイキング映像で振り返りながら、撮影当時の裏話を語った。

【関連】福士蒼汰&小松菜奈&三木孝浩監督によるビジュアルコメンタリー収録の様子

本作は、七月隆文の同名ベストセラー小説を、福士と小松で実写化したファンタジックラブストーリー。京都の風光明媚な景色を背景に、美大生の青年・高寿とミステリアスな女性・愛美の甘く切ない純愛を描く。

ブルーレイ&DVD豪華版の特典映像として収録されたビジュアルコメンタリーでは、クランクイン当日の気持ちを「探りさぐりです。監督との関係とか、こんな風に考えて来たけど、どうですか?っていう気持ちとか、緊張します」と福士が話すと、小松も「緊張しすぎて、よくわからないですね」と初日ならではの緊張感を明かした。

京都で撮影が行われた本作は、京都のデートスポットを巡るデートシーンも見どころの一つ。劇中では、福士演じる高寿と小松演じる愛美が、初デートで骨董品屋に立ち寄る。このシーンに福士は「初デートで自分の好きな骨董品屋に連れて行くなんて、自分にはできない。基本的には相手に合わせる」と自身の恋愛観を語る。そして、小松に「こういうの、いいと思う?」と聞くと、小松は「相手の好きな場所とかモノを共有できるのは嬉しいと思う」と返答。小松の返答に「そうなんだぁ」とうなずいていた。

このほかにも、収録ではクランクアップ時の裏話や作品への思いなど様々なエピソードが語り尽くされた。その全貌は、豪華版の特典映像でぜひとも確認してもらいたい。

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ブルーレイ豪華版(価格:5800円+税)、DVD豪華版(価格:4800円+税)、DVD通常版(価格:3500円+税抜)は、6月21日発売。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス