最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

渋谷に『EOS M6 CAFE』OPEN! 「カメラ×ファッション」でCanonが新たな層を狙う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ4月20日から発売が始まったCanon のEOS M6。それに合わせ、渋谷のカフェShibuya City Loungeにて『EOS M6 CAFE』が約1か月間OPENする。掲げるテーマは「カメラ×ファッション」。ファッションとの親和性をとことん感じられる工夫がいっぱいだ。

テーマは「カメラ×ファッション」

1200_DSC00257

渋谷ロフト2階にあるカフェ、Shibuya City Lounge。ここで4月20日から始まったのが、『EOS M6 CAFE』だ。同日発売開始となるミラーレス一眼、EOS M6を実際にタッチ&トライできるスペースを設け実際に触って体感できる。カフェのテーマは「カメラ×ファッション」。6人のファッショニスタを招き、彼らが実際に自ら撮影した写真を店内にディスプレイ。カフェ中央に設置されたタッチ&トライコーナーは、アンバサダーの一人であるスタイリスト原田学氏がディレクションし、シューズや服などのファッションアイテムとともにEOS M6がディスプレイされている。シルバーを使用したクラシックな外観が、ライフスタイルになじんでいるのが、目で見て実感できる。

1200_DSC00240

1200_DSC00242

ファッショニスタ6人のリアルなユーザーコメント

1200_DSC00238

今回アンバサダーとして選ばれたブランドディレクターやプレス、スタイリストなどのファッショニスタ6人についても、写真歴は様々。フイルムカメラでブランドルックブックの写真を撮っていた、という人もいればコンパクトカメラで記録写真だけ、という人まで。19日のプレスイベントでは「タッチパネルが使いやすい」「女性にもオススメ」など、ライトユーザーとしても参考になるリアルなコメントが飛び交った。

1200_DSC00249

また、EOS M6の大きな特徴といえるクラシカルなデザインに触れ、ファッションに携わる立場から「これなら持ってもいいと思った」「5年10年経っても愛せるカメラ」というビジュアルに関する賞賛の声も。

ファッション、SNSとの親和性を体感する、カフェの仕掛け

1200_DSC00256_edited

今回のカフェに際して展開する限定メニュー「和牛ブラックカレー」は、黒ゴマペーストとイカスミを入れることで「EOS M6」のブラックボディーをイメージしたブラックなビジュアルがインパクト大。男性も喜びそうな食べごたえある一品だ。ブラックな皿をセレクトしたところは、ファッションセンスを重視する男性にも受け入れられそう。

1200_DSC00265

スマートフォンやInstagramなどのSNSによって、私たちと写真との距離はぐっと近いものになった。「いかにも」なビジュアルでなく自然とファッションアイテムとしてなじむビジュアルを持ち、Wi-FiやBluetoothで簡単にスマホにデータを飛ばせるネットワークとの連携、約180度回転して自撮りも可能なチルト液晶など、初心者でも手を伸ばしやすい要素と、妥協しない機能性を誇るEOS M6。「スマホでとりあえず」ではなく「よりいい写真を」と考える人たちにとって、嬉しい1つの選択肢の誕生だ。ぜひカフェの現場で、その性能を感じてほしい。

○『EOS M6 CAFE』
http://cweb.canon.jp/eos/special/m6sp/cafe/

(ヨシザワ)

外部リンク(エイ出版社)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス