最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

3歳まで育てた産みの母は「何も知らないおばさん」…育ての母の強烈な手紙/『母になる』第二話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日テレ水10枠『母になる』。第二話視聴率は初回より0.1ポイント上昇の10.7パーセント(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。一先ず2桁キープしていることが重要、とみなされがちな昨今の連ドラとしては視聴率的には合格ってところでしょうか。二話めは初回よりも視聴率が下がるのが通例とされているので、

天涯孤独の女性・結衣(沢尻エリカ)と、女慣れしていない理系男子・陽一さん(藤木直人)という善人夫婦のベッタベタな馴れ初めから始まって、デキ婚、息子・広の誕生、明るく楽しい幸せ家族生活が存分に描かれてから、3歳の広が誘拐され行方不明になり不幸のどん底……という落差を見せつけた第一話。事件から9年後、離婚して中華料理店で働く結衣の元に、児童相談所の児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)から息子が見つかったという知らせが入り、児童養護施設で対面し熱い抱擁を交わすものの、まもなく13歳になる広(道枝駿佑)は妙に冷たい目をしている……一体なぜ?

▼沢尻エリカ『母になる』試写レポート/テレビドラマにおける母親という存在の描かれ方
▼沢尻エリカ演じるベタベタ清純派の良妻賢母が宿した小さなリアリティ/『母になる』第一話レビュー
慎重さを欠く児童相談所
空白の9年間を経て他人のような距離感になってしまった息子に、母はどう接すればいいのか。どうやって本当の「母」になるのか、その道のりが主に描かれていく本作。再会したからといっていきなり3歳当時のように「ママ大好き!」「コウはママの宝物よ~」なんてやりとりが出来るわけないですからね。第二話冒頭は、アパートにいる結衣と施設にいる広の電話交流シーンでしたが、広はですます調ながら結衣に色々と質問したり、「じゃあ今度」と会う約束したり、よそよそしさはあるものの関係構築に前向きに見えます。広に「電話、うれしかったです! お母さん!」と言われた結衣は感無量。

一方、児童福祉司の木野は当然、広の件で陽一にもコンタクトを取ろうとします。陽一は広の父親なんですからね。ところが事件以来引きこもり中の陽一に会おうとしても、陽一の世話を焼く琴音(高橋メアリージュン)や、陽一の実母(風吹ジュン)、さらには陽一の元上司で大学教授の西原太治(浅野和幸)らに新興宗教呼ばわりされ追い払われてしまい、息子の無事を伝えることができません。えー……? 離婚しているとはいえ、結衣が広の無事を陽一に伝えられる関係性が残っていたら、こんな誤解も起きないんでしょうが。あれほど愛し合っていた夫婦は、今では完全に音信不通です。

とはいえ、なりゆきで陽一も広が見つかったことを知り、木野によって諸事情の説明を受けるのですが、ここが疑問だらけの展開でした。木野は結衣と広のDNA母子鑑定書を提示しせ、一連の流れを説明。

「まったく初めての事案だったので児相は慎重に検討していた、DNA鑑定実施も含めてまずは結衣に話をしたところ、結衣が先走って自ら広の暮らす施設を訪ね、本人と対面した」とのことですが、それは木野及び児相の過失ではないですか。DNA鑑定の結果が出るまで、結衣に施設の名前や住所を教えてはいけなかったんじゃないでしょうか。また当初、児相側は広が誘拐されてからの9年間ずっと施設で暮らしていたのかと思っていたが、実は広が施設に来たのは2年前だったと判明(そんなことすぐわかるだろ)、それまでの7年間についてはまだ調査中なのだそう。この児童相談所、ちょっと杜撰……。

ウキウキから再びどん底へ
さて、ウキウキ気分持続中の結衣がアパートに帰ると、なんと広が待っているではないですか! 時間が遅かったため、広はそのまま結衣のアパートで一泊することに決定。実の親子とはいえ、つい先日再会したばかりで外泊できるもの? 広に「お父さん」のことを聞かれた時はちょっと困ったものの、寝る前に何度も「お母さんだね」「お母さん」と言われた結衣はこのうえなく嬉しそうです。9年間の空白なんて一気に埋まっちゃった気分かもしれません。

そんな幸せな夜に、広が見つかったことを知ったばかりの陽一が電話をかけてきました。ナイスタイミングだと思うのですが、しかし陽一と結衣の溝は非常に深いようで、しかも陽一は結衣が再婚予定だと勘違いしているため話が混乱して電話では埒が明きません。会って話すのが一番、ということで「再婚はありえませんけど」な結衣と、広に会いたい陽一、明日、施設で落ち合うことになりました。

だったら翌日、施設に向かう前に「お父さんが来る」と広に伝えておけばいいのに、結衣は伝えていません。不可解です。でも広と一緒に電車乗って他愛のない話をして、「子どもが欲しがるもの何でも買うのがお母さんじゃないから」と釘を刺したりして、結衣的にはこの一泊二日で随分と母子の空白の時間を埋められた気でいるのかもしれません。施設に到着するや否や陽一が登場し、突然の再会に驚く広に「手紙、見せてくれないか?」と頼みます。広がこの施設に預けられることになった時、持っていたという手紙。そこに何が書かれているのか?

木野「あの、先に言っておきますけど、広くんそうはいってもまだ12歳ですから」
結衣「13歳になります。もうすぐ誕生日なんです」
木野「そうなんですか? 知らなかった……。ここにいる子は自分の誕生日を知らない子が多くて。とにかく、まだまだ子どもと受け止めてもらって、その上でこれ読んでいただければ……。広くんはこの施設に来る前、門倉麻子さんという人と暮らしていました」
結衣「カドクラさん? どういった?」
木野「どういった方かは、その、現在のところまだ調査中でして」
結衣「広は3歳の春に……」
木野「ええ、連れ去られたのはわかっています。その後、どういった経緯で門倉さんと暮らすことになったのか、広くん本人は幼く、記憶にはないことですから、門倉さん本人に問いただすしかなくて」
結衣「どこにいらっしゃるんですか?」
木野「それは……それもまだ調査中といいますか、所在はいずれご報告できるかと思いますが。とにかく、売れ去られた後の3歳から2年前にこの施設に来るまでのおよそ7年近く、一緒に暮らしていたんです。広くんと門倉さんは、親子として」

いやー不確定なことや調査中のことばっかりですねー。視聴者としては、広が7年間、門倉麻子(小池栄子)という女性と暮らしていたことを知っていますが。「例の手紙」は、麻子が広に綴ったものでした。その内容は、ちょっと……強烈。実母である結衣への攻撃、と受け取れなくもないものでした。

本当のママと新しいお母さん
____

コウへ

ママがこれから行く場所はすごく遠い所です。手紙を書くのもやっとです。だから今こうして急いでいます。どうしても伝えたいことがあるの。(中略)繰り返しよく読んで下さい。

一つ、ママはママじゃなくなる時が来ます。あなたの前にいつか新しいお母さんと名乗る人が現れます。きっとそんな日が来ると思うの。

一つ、その時はちゃんとご挨拶するのよ。「お母さん会いたかった」って。できたら涙ぐんだりするのもいいかもしれない。

一つ、相手はいきなり抱き締めてくるかもしれない。嫌がらずにじっとしてること。

一つ、一緒に暮らそうと言ってくるかもしれない。コウ、その時は逆らったりすると困ったことになると思うの。だから黙ってうなずいておけばいいと思います。

あなたの前に現れた新しいお母さんは、あなたをどう扱っていいかわからないはずです。トト坂のことも、ママと広と二人で暮らした西日の当たる傾いたアパートのことも、そんなことも何も知らない人です。コウが何が好きで、どんなことに興味があって、どんな風に大きくなったか、どんなものを食べると出されるとうれしくて、どんなものを出されると困った顔になるか、目の前に現れたその人は何も知らない。何も知らないおばさんはいきなり現れてお母さんだと言うの。怖いね。とても怖いことだと思うの。でも笑ってあげなさい。優しくしてあげなさい。「会いたかった、お母さん、お母さん」って甘えた感じで何度も言ってあげるといいと思います。何度も何度も「お母さん、お母さん」って、ニコニコ笑いながら言ってあげるといいと思います。

そして最後に一つ、何を出されてもおいしいと言って食べなさい。「こんなおいしいもの初めて食べた」と言って喜びなさい。ママの作ったカレーやコロッケや魚の煮つけが大好きだったことはママとコウだけの秘密です。コウ、ママとコウだけの秘密、いっぱいあるよね。 忘れないでね。いい子にして待っていてください。コウ、コウが会いたいと願えば、ママは会いに行きます。コウが望めばママが迎えに行きます。だからどうかどうか忘れないで。ママはいつだってコウのそばにいます。コウの心の中で生きています。コウ、大好き。コウ大切な愛しい我が子。

あなたのママ麻子より

__________

……結衣の前で明るく振舞う広の態度は、言ってみれば全部、麻子ママの遠隔操作だったわけです。広には自分の知らない9年間、自分以外の女性を「ママ」と呼んでいた7年間があるという事実を、結衣は突き付けられました。いやいや、麻子さん……あなた、迷子の子供を見つけたら、警察に相談するべきだったわけじゃないですか。お財布拾ったら交番に届けますよね。それをしないで、子を誘拐された実母を「新しいお母さん」扱いしてまるで“私たち共通の敵”みたいに書くって、一体どういう神経でしょう?

広は自分のことを「何も知らないおばさん」だと思っている、と突きつけられた結衣。しかし、「見つかったんだもの。生きてたんだもの。知らないおばさんでもいい。『お母さん』と嘘で言われてもいい。あの子と暮らします」と、施設から引き取り養育することを陽一に宣言します。「私、何も知らないかもしれないけど、ひとつ、たったひとつだけ、大事なこと知っている。あの子の誕生日、私は知っている。私が産んだから。あの子を産んだのは私だから」確かにそうですね。

一度は立ち去ろうとした陽一も、結衣の元へ戻り、「僕はずっと引きこもっていたから君よりツナサン(広が好きなゲーム)うまくやれるよ」と、自分も一緒に暮らしたい旨を伝えます。陽一さん引きこもっていてもスマホ所有でした。結衣に歩み寄って抱き締め「……生きてた。あいつ、あんなにでっかかった。生きてた。一緒に、一緒に暮らそう」と、涙、涙の陽一。本当の両親は自分たちだし、すぐには無理でもいつか絶対広は心を開くはず。2人はそう信じているのでしょう。でも、広の心は……? そして広にとって「本当のママ」である麻子の行方は?

いや~、9年間行方がわからなかった息子が見つかっただけでなく、再会、抱擁、電話、手紙、外泊といった「息子と接触する」ことがあっさり可能になっていて拍子抜けました。両親としては今すぐ会いたいと思っても、いくつか込み入った事情があってしばらく実現できない……といった展開にはならなかったんですね。広の心は明らかに麻子ママ寄りですが、でも結衣には無関心なのかといえばそういうわけでもないように思えます。知らないおばさんだと思っていたら、わざわざ結衣のアパートを訪ねますかね? このドラマは、血縁があるから親子だ、とは言い切れないということを鋭く突いています。麻子のあの手紙は、「私こそが広の本当のママである」と雄弁に語っていました。家族とは、親子とは何なのか? 連ドラ1クール三カ月という長丁場(海外より短いですが)でじっくり描いてくれることを期待します。次回予告では、広が陽一の実家を訪ねるシーンがありましたが、祖母の里恵が余計なこと言い出さないか心配です。

▼沢尻エリカ『母になる』試写レポート/テレビドラマにおける母親という存在の描かれ方
▼沢尻エリカ演じるベタベタ清純派の良妻賢母が宿した小さなリアリティ/『母になる』第一話レビュー

<そのほかのドラマレビューはこちら>

▼あなたのことはそれほど

▼人は見た目が100パーセント

▼ボク、運命の人です。


外部リンク(messy)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス