最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

伊野尾慧、”意識的にキラキラ”指摘に「営業妨害!」 - "母性が強い"診断も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの伊野尾慧が20日、都内で行われた映画『ピーチガール』完成披露試写会に、山本美月、真剣佑、永野芽郁、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子、神徳幸治監督とともに登場した。

原作は累計発行部数1,300万部を超える同名の少女漫画で、人気漫画家・上田美和の代表作。日焼けした肌と赤い髪のせいで周囲から「遊んでいる」と誤解されてしまうが、誰よりも純粋な女子高生・安達ももを山本、ももに興味を持つ学校一のモテ男・岡安浬(カイリ)を伊野尾が演じる。

キャスト全員+監督で挑んだ心理テストで同回答だった伊野尾・永野・水上・神徳監督は「安心・安全・安定が基本」と診断され、伊野尾は「ほんとにつまらない人間ですね……」とがっかりした様子に。さらに心理カウンセラーから「フラットに見えて自己防衛心が非常に強い」「母性が強いタイプの人が多い、男性でも」と言われると、永野は笑いが止まらなくなった。

伊野尾が「俺が母性あるっていうのに、めちゃくちゃ笑わないでもらっていいですか」とつっこむと、永野は「伊野尾さん、母性あるんだなと思って」と笑いながら答えた。心理カウンセラーから続けて「マイクが近い」と指摘され「唇の周りにものがあることによって安心感を覚える、甘えん坊なんですね」と言われると、伊野尾は「赤ちゃんと同じですよ!」と苦笑。「キャラを作っているようで、実はあまり無茶が出来ないタイプ」「キラキラしたアイドルを意識的にやっている」と立て続けに指摘された伊野尾は、「ごめんなさい、営業妨害ですよ」「これからもコンサートとかやってくんですよ僕!」と抗議していた。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス