最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

チュート徳井と香取慎吾は新たな人生の価値観を示している? 大人の男女の友情は成立するか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月17日に放送された『深イイ話 スケジュール真っ黒な人は本当に幸せなのか? SP』(日本テレビ系)で、チュートリアル徳井義実(42)が、シングルマザーの友人と家族ぐるみで仲良くしている私生活が明かされ話題になっている。番組通り「深イイ」という感想もあるが、しかし男女の友情成立に疑問を持っている層からは「普通じゃない」と、あまり良い印象を持たれていないようである(芸能人である時点で「普通」ではないのだしそもそも「普通」を求められても困るだろうが……)。

番組では徳井の“誰にも見せていない顔”として、プライベートで、シングルマザーのゆうこさんと、その子ども4人(それぞれ11歳、8歳、6歳、3歳)と仲良く過ごす姿が放送された。徳井は2年間にわたり彼らを自分の子どものように可愛がっているようで、たまの休日には子どもたち4人を連れてディズニーランドに行ったりもするという。

徳井は2016年1月に「女性セブン」(小学館)で隠し子疑惑を報道されたが、おそらくそれが今回番組に登場した子どもとゆうこさんのことだろう。当時、徳井はすぐにこれを否定し、「友達の子を可愛がっているだけ」とコメント。その後『女性セブン』は「2人は男女の関係でなく、徳井さんに隠し子は存在しません。取材に際し、多少先走ったことは否めません」と謝罪と訂正をするに至っている。

1年以上経って隠し子騒動の真相が分かったわけだが、ネットでは「これは勘違いされてもしょうがないレベル。相手の女が配慮するべき」「シングルマザーの友達の子供を我が子のように愛情もって接するって普通じゃないよね。子供が勘違いや期待しても困るし、距離感は大事」など、徳井やゆうこさんに対する批判的な声が上がっている。芸能人に“模範的な男性”であることを求めているのだろうか。はたまた、こうした「普通でない」関係性が公序良俗を乱すと考えるのか……。

そもそも徳井はスピードワゴンの小沢一敬(43)と放送作家の桝本壮志(41)と共に、40代の独身男3人で共同生活をしているという“模範的な男性”と比較すればかなり特殊な男性とみなされる生活感覚を持っている。シングルマザーが男性と親しくしていたらすぐに子供が「新しいお父さん?」と誤解するだろう、という見方もあるが、世の中の男女がみんな誰かと“つがい”になるわけではないという当たり前のことを子供が理解する良いきっかけになるという見方だって出来る。

ちなみに隠し子疑惑といえば、最も新しい話題は香取慎吾(40)である。4月6日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、「香取が行動を共にする謎の12歳少年」の存在を大々的に報じたことで、10年以上連れ添っているパートナー女性との間に生まれた子供などでは、と推測が広まった。だが、4月8日放送の生放送番組『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)で香取はこれを完全否定。「お花見に友達の子と行きたいな。隠し子だと言われている友達の子と」とコメントし、あくまでも「友達の子」だと断言した。香取の言葉が真実か否か判定不能であるが、少なくとも「友達の子」と親しくする大人がいてもいいことは確かである。

ここには「男女の友情など成立しない/いや、成立する」という一大論争も絡んでくるが、男と女の関係が「恋愛」「結婚(夫婦)」「赤の他人」くらいしか幅がないということはあるまい。成立する友情も、しない友情もどちらもあり、一概に論じられるものではないはずだ。芸人界は体育会系かつ保守的な男社会が維持されているが、その中にあって徳井は意外にもリベラルな考え方の持ち主なのかもしれない。

(ボンゾ)

外部リンク(messy)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス