最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

松嶋菜々子『女の勲章』第一夜8.1%、第二夜6.2%の悲劇――フジドラマ主演で「オワコン」化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 “視聴率女王”と呼ばれてきた松嶋菜々子が、地に墜ちてしまったようだ。松嶋主演で、フジテレビが総力を挙げて、4月15日と16日に二夜連続でオンエアした『山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章』の視聴率が、第一夜8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第二夜6.2%と大爆死に終わったのだ。

同時間帯に放送された他局のドラマと比較すると、15日の日本テレビ系『ボク、運命の人です。』(KAT‐TUN・亀梨和也主演)は12.0%、16日のTBS系『小さな巨人』(長谷川博已主演)は13.7%で、『女の勲章』は完敗を喫した格好だ。

原作となった『女の勲章』は、『白い巨塔』『華麗なる一族』(ともに新潮社)『運命の人』(文藝春秋)などで知られる山崎豊子氏の小説。大阪・船場の裕福な羅紗問屋の娘として生まれた主人公の大庭式子(松嶋)は、戦争で家族も家も失ってしまったが、「これからは洋服、婦人服の時代が来る」と洋裁教室を開く。その洋裁教室は人気を呼び、3人の弟子・津川倫子(ミムラ)、坪田かつ美(相武紗季)、大木富枝(木南晴夏)と共に服飾学校の設立に乗り出そうとする中、東大卒の美男子・八代銀四郎(玉木宏)が現れ、自分を雇うよう懇願。さらに、開校を目前に控えた式子の前に、関西デザイナー協会会長・安田兼子(浅野ゆう子)が立ちはだかる……といったストーリーだ。

1999年から2013年まで5シリーズにわたって放送された『救命病棟24時』(フジテレビ系)や、唐沢寿明とダブル主演したNHK大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語』(02年)、『美女か野獣』(フジテレビ系/03年/福山雅治とのダブル主演)など、数々の作品が人気を博した松嶋。11年10月期の『家政婦のミタ』(日本テレビ系)は、最終回で40.0%、平均25.2%と空前の大ヒットとなり、“視聴率女王”の名を欲しいままにしてきた。

しかし、昨年7月期、3年ぶりの連ドラ主演となった『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)は全話平均7.1%と大爆死。そして、今回の『女の勲章』も大コケしてしまい、もはや“オワコン”といわれても、仕方がない状況に陥ってしまった。

「松嶋はこれまでフジとの付き合いが深かったため、『吉良奈津子』が惨敗しても、『女の勲章』の主演オファーを受けたようです。ところが、汚名返上どころか、2作連続の爆死。“視聴率女王”として君臨してきた松嶋の立ち位置を考えると、次回主演作は絶対にコケることはできません。そうなると、視聴率の取れないフジとは距離を置く可能性も高くなりそうです。最悪フジとは絶縁するかもしれません」(テレビ誌関係者)

松嶋といえば、昨年10月期に準主役で出演し、悪役を演じた『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS系/菅野美穂主演)は全話平均10.2%で、なんとか2ケタ台をマーク。我が世の春を謳歌した『家政婦のミタ』は、もう5年半も前の話だけに、そろそろ脇役に転じるのも、商品価値を落とさぬための一手かもしれない。
(田中七男)

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス