最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

香取慎吾&中居正広、生共演へ「スマステ」でSMAP解散後初トーク “重大発表”も明らかに 今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【デイリーランキング/モデルプレス=4月16日】4月16日にモデルプレス内で読まれたニュースをランキング形式でご紹介。

16日は前日明らかになった元SMAP中居正広香取慎吾の共演が話題に。関連ニュースもランクインした。

◆5位:小森純「ソファーも血まみれだった」次男が怪我で病院へ



モデルでタレントの小森純が16日、Instagramにて次男の怪我を報告。ファンから心配の声が寄せられている。

前日、自身が留守の間に次男が口を怪我したことを明かしていた小森。16日の投稿では、1針縫った口の経過を見せに病院へ向かったことを知らせつつ、怪我の詳細を記載。「帰宅したらソファーも血まみれだったし、本当見てられなかった泣」と振り返り「びっくりした!!お兄ちゃんとぶつかり合っただけらしいんだけど、当たりどころが悪かったみたい。子どもは何するか分からないから常に危険と隣り合わせなんだな。。と、思い知らされました。反省。しっかり見てないとな、、。。」とつづった。

◆4位:カズレーザーと同居中のトレエンたかし、爆弾発言にスタジオ困惑



お笑いコンビ・トレンディエンジェルが16日、TBS系情報バラエティ番組「アッコにおまかせ!」(毎週日曜11:45~)に生出演。たかしがお笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーと同居していることについてコメントした。

カズレーザーがバイセクシャルと公言していることから、和田アキ子が「なんで?」と疑問を投げかけると、たかしは「『僕はイケメン好きなんで、たかしさんは興味ないです』って言われるんで」と恋愛関係はないことを強調した。しかし、たかし自身は「女の子の方が好きです」と自身の恋愛対象について前提を踏まえた上で、「カズと一緒にいると良い気持ちになりますけど…、あんまり恋愛してないのでこれが恋愛なのか友だちとして好きなのかよく分からない」と、真面目なトーンで意味深な発言。突然の大胆告白に、スタジオ共演者は反応に困った様子で困惑し、カンニング竹山は「今日の放送、すげーなー!」と驚き。和田も「何とも言えない、じわっとしてた」と笑っていた。

◆3位:テラハ田森美咲、整形疑惑に言及 JK時代とのギャップに驚きの声



14日、「Kawaiian for ひかりTV 4K」の生放送番組「モデルプレスナイト」(毎週金曜よる23時~)にて、「テラスハウス」の東京編『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY』(Netflix/フジテレビ系)に出演していた田森美咲が、整形疑惑にコメントした。

番組で高校生時代のロングヘアの写真を披露した田森。あどけなさが残り現在とはギャップのある1枚に、尾形貴弘が「メスは入ってない?」と整形疑惑を向けると、田森は「ないです!本当にない!」と笑いながら否定。尾形は「本当に?」と疑いの眼差しを向けつつ「アカ抜けたのかな。おしゃれになってイマドキになったね」と高校時代からの変化に驚いたように語っていた。

◆2位:香取慎吾×中居正広の生共演決定にSMAPファン激震「嬉しすぎて感情パニック」「すでに号泣」



元SMAPの中居正広が22日、香取慎吾がMCを務めるテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(毎週土曜よる23時15分~/22日より23時5分~に変更)にゲスト出演することが、15日の放送で明らかになった。ネット上には早くもファンの喜びの声が溢れている。

◆1位:香取慎吾&中居正広、生共演へ「スマステ」でSMAP解散後初トーク “重大発表”も明らかに



元SMAPの香取慎吾がMCを務めるテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(毎週土曜よる23時15分より生放送)の22日放送回に、中居正広がゲスト出演する。15日に放送された次回予告スポットにて明らかになった。昨年12月末をもってSMAPが解散して以降、2人が共演するのはこれが初。香取は「中居正広。ついにか。来週か~久々に会います!」とカメラ目線でコメントした。

中居が同番組に出演するのは、2005年の放送回以来2度目。前回はインフルエンザの香取の代役として草なぎ剛とともにMCとして出演しており、ゲストとしては初となる。(modelpress編集部)

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス