最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

薮宏太が“クラシコ”を熱く語る! 注目選手は「モドリッチ」と渋チョイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WOWOWライブでは、4月21日(金)夜8時から「伝統の一戦クラシコ直前スペシャル WOWOWでやっちゃいます!ペナトーーーーク!」を放送。ペナルティの2人の他、サッカー解説でおなじみの都並敏史、サッカー通の小柳ルミ子、銀シャリが顔をそろえる。

さらにジャニーズきってのサッカー好き・薮宏太も参戦決定。薮がリーガ・エスパニョーラ伝統の一戦“エル・クラシコ”の楽しみ方や注目選手などを熱く語ってくれた。

――1年ぶりのクラシコ特番出演の感想を。

こんなにサッカーのことを楽しく、熱く語れる機会はなかなかないですし、普段Hey! Say! JUMPのメンバーに熱く語っても“?”という顔をされるので(笑)、こんなにサッカー好きが集まった番組に出られることがうれしいし、出演できることが光栄です。

――今回のクラシコの予想スタメンと、注目選手は? 弊社でフォーメーション表を用意してみました。

おっ! これは3月19日のアスレティック・ビルバオ戦のスタメンですね。まず、ナチョはまだ若いので、ここはぺぺになるかなと。あとは、ベンゼマの代わりにモラタという選手の可能性もありますね。チームの有望株なので。

その上で僕の注目選手は…モドリッチですね。

――渋いですね! その理由は?

前線のクリスチアーノ・ロナウド、ベンゼマ、ベイルが注目されがちですが、彼らが活躍できているのはモドリッチという縁の下の力持ちがいるおかげなので。

日本代表でいうと山口蛍選手とか、長谷部誠選手とか、守備もしながらゲームをコントロールする汗かき役です。

――バルセロナはいかがですか。

バルセロナの注目選手はマスチェラーノ。彼がいるかいないかで、チームの安定感があるんですよ。もう一人のセンターバック・ピケが抜かれても、その先にもう一枚マスチェラーノというキーパーまでの壁があることで、守備のクオリティーが全然違います。

さらに彼はベテランでキャプテンシーがあって、少し粗のあるピケを補う役割を担っている。レアル・マドリードの攻撃陣に対して、マスチェラーノがどう対応するかが試合の鍵になると思います。

――モドリッチとマスチェラーノ、どちらも縁の下の力持ちですね。

僕自身、グループ内で縁の下の力持ち的な役割を担っているので、ちょっと共通点があるのかなと。だからそういう人に注目する傾向にあるのかなあと思います。

――チーム同士の思惑や作戦をどう考えていますか?

レアル・マドリードはクロースがコーナーキックで絶妙なクロスを上げて、セルヒオ・ラモスが決めるパターンが結構多い。だからバルセロナはコーナーからの攻撃の対策を絶対にしてくるはずです。

レアル・マドリードはとにかくメッシの動きを封じる策を練っていると思いますよ。ブスケッツからリオネル・メッシへボールを渡して、そこからスアレスかネイマールにパスを供給してゴールといったパターンをさせないように対策するはず…熱くなり過ぎました(笑)。

――(笑)。観戦時の薮さんもこういった感じですか?

そうですね、テレビを見ながらあーだこーだ言ってます(笑)。阪神ファンのおじさんたちの気持ちがよく分かりますよ。至福の時間ですから。

お風呂に入って、キックオフまでにいろいろなことを終わらせて、試合をじっくり見て朝日を浴びて…(笑)。

――欧州サッカーを見て朝を迎える…あるあるですね(笑)。これまでクラシコを観戦していて、印象に残るシーンはありますか?

2005年に、当時バルセロナに所属していたロナウジーニョが大活躍した試合ですね。あまりにもロナウジーニョが神がかり的で、アウェーなのに集まったレアル・マドリードファンがブーイングではなく、スタンディングオベーションしたんです。

勝ち負け関係なく、素晴らしい選手にはきちんと喝采を送るシーンを見て、サッカーの美しさにあらためて気付きましたね。そして、ますますレアル・マドリードが好きになりました(笑)。

――薮さんのサッカー愛が伝わります! 最後に今後の目標を教えて下さい。

まずはこの番組で、サッカーに詳しくない方にも分かりやすく、そして楽しく試合を伝えられたらと思います。

それと副音声をやってみたいです。ペナルティのヒデさんとお酒を飲みながら、ただただ家で見ているかのようなお喋りをしたいです。

https://news.walkerplus.com/article/106346/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス