最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ベッキーの妹ジェシカのCMデビューの裏に姉のイメージ回復作戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

どうやら裏の思惑もあるようだ。ベッキーの実妹として脚光を浴びているジェシカ・レイボーンがスマートフォンの無料コミュニケーションアプリ「PiQy(ピッキー)」のCMに出演することになった。

すでにCMは先月24日からyoutubeなどの動画サイトなどで公開されており、反響を呼んでいる。ジェシカは21歳の時にプロダンサーを志して渡米。13年のストリートダンス世界大会「ジュストゥ・ドゥブ」の米国大会で優勝し、その名が業界で知れ渡るようになった。現在も米国ロサンゼルスを拠点に活動中だ。そもそも、このタイミングでなぜ日本のCMに出演することになったのか。その点をひも解いてみると、やはり周囲の思惑に乗せられた実姉ベッキーの"救済"が大きな狙いとして浮かび上がってくる。

実際にベッキーが昨年、不倫騒動で猛烈なバッシングを受けていた時にジェシカは一時帰国して精神的に落ち込んでいた実姉を献身的にサポート。今年1月にはテレビ番組で共演を果たし、姉妹の強い絆を世間にアピールしている。こうした流れの中でジェシカは密かに実姉の所属するサンミュージックと日本における芸能活動をサポートする上でのマネジメント契約を結び、後々に本格的な"日本Uターン"を果たして行く方向性を固めているという。

「ジェシカが今回CMに出演したのはクライアント(企業)側からのアプローチよりも、実を言うとサンミュージック側からプッシュした流れのほうが強い。要は当初このクライアントがベッキーを起用しようと考えていたものの、彼女が競合相手であるLINEのCMに出演している関係で諦めなければならなかったことでサンミュージック側が『それならば妹を使ってみては』とプッシュしたと聞いている」と明かしたのは某大手芸能事務所の幹部。

その幹部によれば、ジェシカはベッキーが不倫騒動にさいなまれていた昨年秋頃からサンミュージック関係者と接触を繰り返しており、どうやらこの頃から日本での芸能活動を本格化させようと同事務所のバックアップを得ながら今後のプランについて練っていたようだ。となればベッキーを何とか"復権"させたいサンミュージックが今回、「PiQy(ピッキー)」のCMを取り扱うクライアント側に実妹のジェシカを売り込んだ狙いもやはりハッキリしてくる。前出の幹部は、こう続けた。

「ベッキーの不倫騒動を完全に打ち消すため、ジェシカを日本の芸能界で一刻も早く本格デビューさせようと考えているのです。プロダンサーとして世界中を飛び回っているジェシカを日本で芸能デビューさせれば、彼女は否が応でも『ベッキーの妹』としてクローズアップされる。インパクトは大きいし、今のタイミングならば『姉以上の美貌の持ち主』とも言われるジェシカが人気を集める可能性は非常に高い。そうなれば姉のベッキーにも『余波』として人気が再び回復するはず。ベッキーとジェシカの美人姉妹が人気を集めれば、サンミュージックとしては一挙両得。ジェシカを新たな売れっ子にし、不倫騒動で名を下げてしまったベッキーのイメージも一気に回復させようという算段だ」

果たしてサンミュージック側の"ベッキー人気回復作戦"はうまくいくのか。いずれにしても、その成功の行方は実妹のジェシカにかかっていると言えそうだ。

著者プロフィール:四海方正
芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス