最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

男性上司にキレた経験がある女子は○人に1人! 「女性の活躍」道険し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女性の活躍がクローズアップされているが、不満を持っているキャリア女性は決して少なくない! そんな実態が、ビューティアテンドが行った20~40代の“働く女性のリアル”をテーマにした意識調査で明らかになった。

今回の調査によると、約7割の女性が女性の管理職登用や採用が増加していると回答したものの、満足度は高いとはいえず、上司への不満、あるいは会社への不満がある人は、それぞれ2人に1人。どちらかに不満を持つ女性は約7割に達している。

会社と上司、いずれも多かった不満をランキング化すると…。

<会社への不満ランキング>


1位:賃金・労働条件面(給与が上がらない・残業代)

2位:労働時間(長い・不規則)

3位:上司が無能(やる気がない・人間関係)

<上司への不満ランキング>


1位:仕事ができない・無能

2位:やる気がない、無責任。責任逃れをする

3位:自分が正しいと信じ切っている。意見を押しつける

う~む、どれも不満を持っても当然といえそうだ。

コメントを拾うと、「育休の制度があるが、妊娠したら退職するというのが、暗黙のルールで、誰1人妊娠しても続けている子がいない」、「男性のみ、仕事ができなくても、人格がどうでも、年齢で昇格する」、「毎日二日酔いでフレックス、会社では座って耳掃除をしているだけ」、「ろくに仕事もしないくせに自分より長くいるから給料が高い」といった声が出ている。こうした会社、上司が多く存在しているということは、世の中、女性の活躍というのは“掛け声倒れ”といったところか。

こうした無能な男性上司に対して、キレてしまうことはないのか? 今回の調査では、実に6人に1人が上司にキレたと回答! キレた理由では「自分のミスを人になすりつけようとする」ことが圧倒的に多かった。

また、「有給などの制度はあっても取得できず、残業せざるを得ない」など、社内の人手不足に対しても不満が噴出! そんな“ブラック”の状態では、いかに活躍できたとしても、うんざりしてしまうのは当然か。「女性の活躍」は道険しというのが現状だ。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス