最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

絶滅危惧種イルカ解体→肉を路上販売で炎上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国の漁師が絶滅危惧種のイルカを捕獲し、その肉を路上で販売していたと物議を醸している。

広東省珠海市で販売されていたこのイルカは、専門家によれば絶滅危惧種のシナウスイロイルカの子供であるとのこと。ジャイアントパンダと同じくらいの保護野生動物であり、中国では「海のパンダ」とも呼ばれている。珠海漁業管理局はこの事態を重く見て、漁師から話を聞くも、捕獲した時にはすでに死んでいたと主張しているという。

微博(中国版Twitter)などで写真が拡散されると、その稀少さが知られているため、多くの人たちが「なんてことを」「不名誉な話だ」「種の保存がどれだけ大変かわかっていない」と厳しい批判が寄せられる事態に。

ネットでは「規格外の野蛮人だ」「日本の太地町を思い出す」「太地町のイルカは絶滅危惧種ではないよ」「残念なことに中国では珍しいことではないと思う」「頭をあんな風に…ショックな写真」といった反応が寄せられている。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス