最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

櫻井翔、東野圭吾原作『ラプラスの魔女』で4年ぶり映画単独主演、ネットでは批判の声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


の櫻井翔(35)がベストセラー作家・東野圭吾氏デビュー30周年記念作の『ラプラスの魔女』に主演することが発表された。メガホンをとるのは三池崇史監督(56)。共演者は広瀬すず(18)、福士蒼汰(23)とフレッシュな顔ぶれが並ぶ。櫻井が演じるのは、主人公の地球科学研究者。「共演者のみなさんと“大きな化学反応”を起こしたい」と気合十分だ。

ところがネットでは、今回のキャスティングについて批判の声があげられている。それにはいくつかの理由があるようだ。

◆大丈夫?ファンも心配する櫻井の演技力

櫻井主演の今年の新春ドラマ「君に捧げるエンブレム」(フジテレビ系)では、歴代の嵐出演ドラマ最低の8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。ネット上では、「新年から見たいドラマではなかった」「もっと気軽に見られそうなテーマがいい」など、そもそもの題材に拒否反応を示している声も少なくなかったという。しかしそれ以外に主演の櫻井の演技に対する厳しい声もあがっていた。

上記ドラマでの演技も含め、今回の映画主演に対して女性向けの掲示板ガールズちゃんねるでは、以下のような意見が寄せられている。



「櫻井くん、嵐の中でも演技がダントツに下手なんだが大丈夫?」

「ファンだけど、演技心配。いかにも演じていますって感じなんだよね」

「翔くん担当だけど俳優業は向いていないと思う。知的な報道関係に力入れた方がいいと思う」

「 主演の人が下手だったら作品ぶちこわしだよね。なんで上手い人を持ってこなかったのか」

「櫻井くんはセリフ喋ってんなー芝居してんなーって思う。上手い役者とやると浮くよね」

「櫻井くんの世間の好感度は高いと思うけど、俳優さんとして見たいかと言われればまた別なんだよね」

「東野さんの好きな作品なのに演技下手なアイドルがやるのか……」



現在「NEWS  ZERO」(日本テレビ系)で月曜キャスターを務める櫻井を見た製作サイドが「アカデミックなイメージが役に合った」と起用したということだが、ネット上ではファンまでもが今回の主演抜擢を心配する始末だ。さらに今回は初の大学教授役である。年齢的にもやや若すぎる気もするが、果たして演技でカバーできるのだろうか。

◆テンプレートキャスティング!さすがに見飽きたとの声

しかし今回批判の的となっているのは櫻井だけではない。共演者の広瀬すず、福士蒼汰、さらに三池崇史監督の名前が発表されると、ネット上では「またか」という批判が多く寄せられた。ここ数年、広瀬・福士・三池はいずれもアニメや漫画の実写化作品に多く起用されており、すでに食傷気味だ。

広瀬といえば、今月11日に主演映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』が公開されたばっかりである。また福士は来月29日に公開予定の木村拓哉主演『無限の住人』にも出演し、こちらの作品でも三池監督とタッグを組んでいる。今回の広瀬、福士の抜擢についてネット上では、



「また広瀬すず、他にいないの?」

「広瀬すずと福士蒼汰のゴリ押しそろそろ辞めて~。演技力ないし本人疲れてそうだし、無名でもいいから実力派俳優使ってよ」

「内容知らないけどキャストで見ないと判断する」

「日本の映画界がいかに終わっているかがよくわかる配役。こんなのばかりだから映画離れするんだよ」



一部のファンにとっては、好きな俳優が立て続けに映画やドラマに出演することは嬉しいだろうが、その他大勢の人々にとっては「またこのメンツか……」と思わずにはいられないだろう。

櫻井の主演への懸念に加えて、メガホンをとる監督、脇を固める俳優たちへの批判と、現時点での本作への風当たりは厳しい。主演俳優として櫻井は共演者を巻き込んだ“化学反応”を起こすことができるのか。撮影は今月16日にスタートし、4月下旬に撮了予定とのことだが、公開日が楽しみである。

(ライター/mitorito)


外部リンク(東京独女スタイル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス