最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

関ジャニ∞大倉忠義、念願の初挑戦「全力でぶつかっていきたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大倉忠義/モデルプレス=3月28日】関ジャニ∞の大倉忠義主演の舞台「蜘蛛女のキス」が東京グローブ座にて、5月27日~6月18日で上演されることが決定。今作は、大倉にとって初のストリートプレイで、舞台単独初主演となる。

◆大倉忠義主演で名作が生まれ変わる



今作は、アルゼンチンの作家マヌエル・プイグが1976年に発表してベストセラーになった小説をもとにプイグ自身の手で戯曲化し、1981年に世界初演された作品。ブエノスアイレスにある刑務所の小さな監房を舞台に、関わり合うはずのなかった二人の男たちの会話劇で繰り広げられる物語は、ストレートプレイに留まらず、その後、ミュージカル、映画などに形を変えて公開された。

日本でも、1991年にストレートプレイ版が初演、1996年にミュージカル版が初演され、どちらも複数回にわたって再演。今回は、演出家・鈴木裕美氏の演出で舞台化する。

ドラマ・映画などで俳優としての経験を積んできた大倉は、初のストレートプレイ、 そして初の二人芝居となる。そして、巧みな演技力、多彩な表現力でコメディからシリアスまでジャンルを問わず、数々のドラマ・映画・舞台へ出演し、俳優としてのキャリアを積み重ねてきた渡辺いっけいが、今作に大倉と挑む。

◆大倉忠義が念願のストリートプレイに初挑戦



ストレートプレイにチャレンジしたかったという大倉は「自分が生まれたころに創られたこの世界的に有名な作品に出演させていただくのは、嬉しさと同時に不安も感じています」と念願が叶うと同時にプレッシャーもある様子。

それでも「すごく難しいお芝居なので、演出の鈴木裕美さんに全力でついていきたいですし、ご指導いただきたいと思っています」と意気込み十分で、共演の渡辺に「キャリアのある役者さんですので、二人芝居をやらせていただくのはとても光栄なことですし、全力でぶつかっていきたいと思っています」と信頼を寄せている。(modelpress編集部)

■大倉忠義 コメント



いつかストレートプレイにはチャレンジさせてもらいたいと思っていました。自分が生まれたころに創られたこの世界的に有名な作品に出演させていただくのは、嬉しさと同時に不安も感じています。

すごく難しいお芝居なので、演出の鈴木裕美さんに全力でついていきたいですし、ご指導いただきたいと思っています。また、渡辺いっけいさんはキャリアのある役者さんですので、二人芝居をやらせていただくのはとても光栄なことですし、全力でぶつかっていきたいと思っています。

■渡辺いっけい コメント



最初お話を頂いた時、本当に僕で良いの?と思いました。実に素晴らしい戯曲ですが、演じるのはかなり難しい。当然、尻込みしました。でも暫くして思い当たります「大倉君もきっと同じ気持ちなのでは…?」と。そしたら、自然とやる気が出てきました。

演出の鈴木裕美ちゃんと芝居を創るのは久し振りです。彼女は掛け値なく信頼できる演出家です。大変心強いです。大倉君とは初共演になります。非常に楽しみです。

きっと稽古が始まれば、越えなければならない幾つもの山が待ち受けている事でしょう。でも一つ一つ、お互いを確認し合い、登って行ければと思います。何卒、宜しくお願い致します。

■鈴木裕美氏(演出) コメント



「蜘蛛女のキス」は今まで私が演出させて頂いた戯曲の中で、その素晴らしさに於いても、難易度に於いても、指折りだと思います。ストレートプレイ初舞台の大倉さんにとって大変高いハードルであるのは間違いありませんが、先日お目にかかった時「嘘をつきたくない」と仰っていたので、大変頼もしく感じました。いっけいさんと3人で、持てる想像力を最大限に駆使した稽古をするのが待ち遠しいです。

外部リンク(モデルプレス)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス