最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

嵐・櫻井翔は「40代の老け顔おじさん」? “顔パンパン”問題をDr.高須幹弥が斬る!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【第35回】「高須幹弥センセイ、櫻井翔は、どうすれば昔のスリムな顔に戻れますか?」
 老若男女から愛される、国民的アイドルグループ・の櫻井翔。以前、同連載で、辛口(?)な高須クリニック名古屋院・院長の高須幹弥先生から、「目の開きがよく、二重の幅もちょうどいい。パーツ一つひとつの形がキレイで、配置も黄金比に近い」とベタ褒めされ、嵐イチのイケメンと診断されたこともあるが、近頃はネットを中心に「顔がパンパン」と物議を醸しており、ファンの阿鼻叫喚も聞こえてくる。高須先生、櫻井の顔がパンパンになった原因は何ですか? 20代前半の頃のような、シュッとした顔に戻れる可能性があるか、教えてください!

■顔パンパンの原因は「皮下脂肪」
 櫻井翔さんの顔が丸くなっている原因の大部分は、皮下脂肪ではないでしょうか。むくみも多少あるとは思いますが、今は見るからに太っていると思います。これまでもふくよかな時期とほっそりとした時期を繰り返しているので、もともと太りやすい体質なのかもしれませんね。

そもそも、誰しも30歳を過ぎると代謝が落ちるので、20代と同じような生活を送っていると皮下脂肪が蓄えられて、太りやすくなるんです。櫻井さんは現在35歳なので、年齢的なものもあるでしょう。また、ジムなどに行って体を鍛えているそうですが、脂肪のつく部位は人によってそれぞれなので、櫻井さん場合は顔に脂肪がつきやすいのかもしれません。

■顔表面積の拡大でイケメン度もガタ落ち
 以前に比べ、輪郭にシャープさがなくなり、頬は肉がついたことでたるみ、アゴも二重アゴになったので、見た目の印象は老けたように思います。輪郭や頬のたるみだけを見ると、プラス10歳くらい老けているのでは。櫻井さんは現在35歳なので、「45歳のたるみ方」といっていいでしょう。ただ、膨らんで肌にハリが出て、小じわや毛穴の開きが目立たなくなっているので、全体で見れば、実年齢プラス5歳くらいの印象だと思います。

また、パーツの形や配置はとてもいいのですが、太って顔の表面積が広がったことで、パーツが全体的に顔の中心に寄ったように見えてしまい、残念ながらイケメン度もかなり落ちたと思います。

■施術だけでは昔の姿を取り戻せない!?
 もし僕が、櫻井さんの顔をスッキリさせるなら、「メソシェイプフェイス」と「ウルセラシステム」を施すかな。

メソシェイプフェイスは、顔専用の脂肪溶解注射ですが、代謝を促進してむくみを減らしたり、主成分のメディカルハーブで顔の皮膚を引き締める作用もあるので、キレイに小顔が作れます。まずは頬やアゴを中心に、櫻井さんの顔をパンパンにさせている余分な脂肪を溶かします。次に、高密度の超音波を照射し、皮下の筋肉に直接熱エネルギーを加えて内側から引き締めるウルセラシステムで、脂肪がなくなってたるんでしまった皮膚を引き上げます。この2つを施すだけで、ずいぶんよくなると思いますよ。余分な脂肪がなくなって、ハリのなさやたるみが気になるようなら、皮膚の下に極細の糸を埋め込んで引き上げる「ウルトラVリフト」もいいかもしれませんね。

ただ、櫻井さんの場合は、顔全体に脂肪がついてしまっているので、こうした施術だけでスリムな頃に戻るのは難しいのが正直なところ。食事制限や適度な運動など、ダイエットを併せれば、以前のような欠点のないイケメンに戻れると思います。

高須幹弥(たかす・みきや)
美容外科「高須クリニック」名古屋院・院長。オールマイティーに美容外科治療を担当し、全国から患者が集まる。美容整形について真摯につづられたブログが好評。
公式ブログ

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス