最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

話題の「ディグラム」で再診!キハラとハナゲの現在地。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の「ディグラム」で再診!キハラとハナゲの現在地。 ディグラム・ラボ株式会社 (digramlabo Inc.)


どうも、理想論撲滅専門のシンガーソングライター鼻毛の森です。ほのかに残る肌寒さに春服の棚出しを躊躇しがちな3月中旬、僕は「芝公園」エリアに降り立ちました。いや、むしろ降り立ってました。そう、別取材を終えて一息ついていたところ、見覚えのあるビルが…と思い立ちまして即アポ!「東京お散歩サイト」っぽくありませんか?今日訪れたのは、前回記事から約10か月ぶり、会社訪問は2年ぶりとなる「ディグラム・ラボ」です。


目的の人は「ディグラム・キハラ」としてのテレビメディア露出で知られる木原誠太郎さん。心理学と統計学をミックスさせた“正確すぎる性格診断”「ディグラム」の立案・開発者で、そのコンテンツを応用したさまざまなビジネスを展開する「ディグラム・ラボ」の代表でもあります。なんでもオフィスは6階から広めの3階フロアに引っ越したそうで。同じビルですし、夜逃げでなくてまずは一安心です!


地上波テレビメディアのゴールデン番組で数々のメーンを張った木原さんは、有名芸能人の「出さない本質」に土足で踏み込みまくり、お茶の間でも確固たる地位を確立しました。会社も広くなりました。天狗になっていたらどうしよう。とりあえず慎重に、会社に潜入します。※一応、事前アポはとっていますので真似しないでください。


会議室にその姿を発見しました。後姿を見る限りは、鼻も高くなく、肌も赤くない。とりあえずリアル天狗ではないようで、またひとつ胸をなでおろします。


個人的には随分お久しぶりの「ディグラム・キハラ」こと木原誠太郎さん。なんか…やっぱり…社長っぽくなってますね。いい貫禄が。


木原:起業して4年、ようやく企業っぽくなってきました。鼻毛:自社オフィスを構えているだけで創業時から立派な企業だと思いますけど(笑)木原:ディグラム自体がプロジェクトとして認知されてきたので、申し訳ないんですけど書籍の依頼はほぼお断りしています。鼻毛:断るなんて!もったいない!なに考えてるんだ!(※鼻毛の森さんはCDの発売元を探しています。)とはいえ最近も、貯蓄のプロ・横山光昭氏のとの共著となる「とが教える「夫婦のお金」の増やし方」を出版されたばかり…断り切れないこともあるのかと思いきや、「飲みの席の盛り上がりでそのまま(笑)」と木原さん。出版社の皆さん、本気で依頼するなら彼に酒を!


しかも、国内大手の婚活事業体とタッグを組み、「カップリング診断」なるスマホアプリもリリース。昨今の未婚化、その先にある少子高齢化にもディグラムのシステムが投入され…、日本を支配するつもりなのでしょうか?では、レコード会社もカップリングしてください!(しつこい)


さて、仕事の量が体感で10倍…となると、収入も10倍?なんて下世話な質問にも「役員報酬なので固定です。休みが減ったぐらいでなにも変わりませんよ。」と木原さん。成功者の証であろう、熱帯魚の水槽も「業者がつけてくれて、メンテナンスもお任せなので」魚の種類も知らないほど無頓着。僕だったら1匹おいくらぐらいかの価値かは把握しておきますけどね!


ただ、そんな木原さんも性格的にも「変わった部分」はあるのだそう。ある意味、「優しさ」の部分がカットされてきたと。事業を安定軌道に乗せつつある今、情よりも企業としての利益を最優先させなければならないから…ホワイトボードに、自身のディグラム波形の変遷を書き記してくれたので客観的に分かりやすい!うん、確かに今のあんたは鬼だ!(嘘)


さて、せっかくなので僕も「ディグラム診断」を依頼。通算6度目の再診ですが、実は当方も「変わった部分」に心当たりがあるんです。「鼻毛の森」というシンガーソングライターを13年続けてきたと言う自負、「キタコレ!」など執筆媒体もそれなりに忙しく、ラジオ業もそこそこに安定供給、レコーディングにも手ごたえを感じ(レコード会社が決まってないだけです。)…前回までは何度診察を受けても「UⅢ(ゆーさん)型=気疲れが心配なイエスマン」の僕でしたが、世知辛い業態を生き抜く中でそれなりの強さを身に付けました。うん、正直「M(えむ)型=明るく前向き」要素がかなり強くなっていると思えるのです。診察の土台となる20問(全て、はい、いいえ、どちらでもない の3択式)の質問にもサクサクっと応えましたよ。前回までとは問題の向き合い方、なんなら答え方も違います。さあ、見てください木原さん。出会って4年、強くなった鼻毛の森さんを!


木原:なんにも変わってません。UⅢ型(=気疲れが心配なイエスマン)です。


僕(だけ)はあくまでも僕のようです。


木原:これからも変わらない鼻毛さんでいてください。くれぐれもお大事に。「変われなかったもどかしさ」と、「変わらなかった安心感」に揺れながら、オフィスをあとにする鼻毛の森さん。次回はアポなしで押しかけるぐらいに強くなって帰ってきますので、追い返さないでくださいね!


自分が変われたと思っても、人間の本質はそんなに変わるものではありません。そんな「勘違いさん」にならないために客観的性格分析で己を顧みることができる「ディグラム診断」は社会生活に不可欠なツールなんでしょうし、だからこそ需要が尽きないんだと思います。自分では気づかない「いまひとつ」な部分、見つけましょうよ!で、そんなメッセージがこもった辛辣な1曲(タイトルはまんま)は、現在大好評発売中の私めの(一応)メジャーベスト盤『GRAY-TASTE FITS』には未収録となっておりますので、次回作にご期待ください。木原さんに断られた出版社の方もチャンスですよ!書籍みたいなものなので。なんでしたら木原さん、(酒の勢いで)共著を★


外部リンク(キタコレ!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス