最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ワンワンの沙汰も金次第?「いないいないばあっ!」出演への道のり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
source:https://www.shutterstock.com/

世界中のパパ・ママは、わが子のことを「世界で1番可愛い!」と、親バカになりますよね? 筆者も例外ではなく、わが子達の容姿はさて置いて、可愛くて可愛くて仕方がありません!

そんな筆者は、長男が赤ちゃんだった頃、この可愛さを「テレビや雑誌に出て記念に残したい!」と、密かに思っていました。

そんな折、通っていたリトミック教室の子が「『いないいないばぁっ!』への出演が決まった!」というではありませんか……!

今回は、日本中のママがきっと1度は考えたことがあると思われる「わが子を『いないいないばぁっ』に出演させたい!」を、筆者のザックリとした体験談を元に、馬鹿っぽくありつつも半ば真剣に考察してみたいと思います!

aoki_prof

「いないいないばぁっ!」に出演している赤ちゃんは、実はプロ!

source:https://www.shutterstock.com/

実は出演している赤ちゃんたちは、劇団に所属してる1歳3ヶ月~1歳8ヶ月の子なんです!

なぜ劇団に所属している赤ちゃんを出演させているのかという理由が「いないいないばぁっ!」のホームページに書いてありました。

⚫「スタジオ収録という特殊な環境で泣いてしまうと撮影ができない!」

赤ちゃんは成長と共に“場所見知り”や“人見知り”をする子もいて、安心できる家ではないスタジオという環境で、ママと離れてしまったら泣いてしまう恐れがあります。

ワンワンだって、実際に会うと想像よりは大きいはず! たとえ大好きだったとしてもビックリして泣いてしまうかもしれません。

確かに、大好きな“アンパンマンのきぐるみ”を目の前にした幼きわが子はギャン泣きしたことがありました。泣いてしまったら撮影に影響が出てしまうので、この理由には納得です。

決して安くはない!出演するまでにかかる「費用」は⚫万円


前述により、劇団に所属する必要があることはわかりました。

ここからは筆者が以前、実際に経験したお話です。あくまで7年前の筆者の体験談として参考にして下さいね。

(1)まずは「劇団」に所属

筆者の場合、当時のお友達が劇団に所属していたので、「これ!」と選んだわけではありませんが、まずはどこかに所属必要があります。

(2)劇団を決めたら登録!…するにも費用がかかる

登録だけは無料だと思いきや、5万円程度の費用がかかるとの説明でした。

内訳は登録にかかる諸経費で、登録用のプロフィール写真などでした。筆者の場合は大きな金額の説明ではありませんでした。

(3)オーディションのためにレッスンを受ける!…にも費用がかかる

登録をすれば、すぐに出演できるという甘いものではありません! 合格するためにはレッスンが必要なようでした。費用はうろ覚えではありますが、万単位の金額だったかと思います。

“受けないでオーディションに出られないのか”ときいてみましたが、「合格するためには必要なこと。受けないのであれば、他の子にレッスンとオーディションを受けてもらう」と言われました。

確かに「出演させたい!」と思っているパパやママは沢山いるはず。筆者は金額もネックになっていたので、この段階の説明を受けたあと登録自体を辞退しました。

(4)やっとオーディション!…にも費用がかかるようだった

ここまでくればオーディションを受けられます! しかし、オーディションを受けるにも、準備のためなのか費用がかかると言われました……。

出演するためには、意外に費用がかかることがわかりました。“地獄の沙汰も金次第”ということわざがありますが、ワンワンと「ばぁっ!」をする“天国”でも、同様のようです(笑)

ちなみに、『いないいないばぁっ!』に出る方法がつづられたブログを読むと、筆者がやり取りをした劇団の費用は意外に安かったのかもしれません。

とはいえ可愛いわが子の姿をメディアに残したい方、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

きっとステキな思い出になることは間違いありませんよ!

【参考・画像】

※ 体操コーナーに子どもを参加させたいのですが・・。 – NHK ONLINE

※ leungchopan , EvgeniiAnd / shutterstock

外部リンク(It Mama)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス