最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「失礼な人にはどう応じればいい?」重鎮の潔い教えが、身に染みる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社会人として生きていると、どうしても避けて通ることができないのが失礼な人。

  • 今日の洋服はちょっと失敗したなと思っている時に「なんかヘンだよ」と言ってくる人
  • 遠慮しながら間違いを教えてあげたら、第一声が「ウソ!」となぜか否定から始まる人
  • 皆の前で「この前の合コンうまくいきました?」と答えにくいことを聞いてくる人
※写真はイメージ
残念ながら「失礼な人に出会わずに生きて行く」というのは、かなり難しいことです。

そんな失礼な人と、どう接すればいいのか?

誰にとっても為になるコツを、漫画原作者で作詞家の小池一夫(@koikekazuo)先生がツイートし、注目を集めています。

一体、どのように接すれば心を疲弊させずに、失礼な人をあしらうことができるのでしょうか。

重鎮のひと言に「分かります!」

失礼な人に出会ったらどう対処する?

それでは、小池先生の「失礼な人」にどう対処するかを綴ったツイートをご覧ください。

失礼な人は相手にしなくていい

シンプルですが、とても力強い言葉です。

そして、その理由を次のように続けます。

失礼な人というのは、最初から自分と分かり合おうということを放棄しているし、人に失礼であることを己で良しとしている程度の者なのだから。
@koikekazuo ーより引用相手にしない=無視する理由は、たいした人間ではないから。

さらには「失礼な人は相手にしなくていい」と決めておかないと、自分自身が傷ついてしまうこともあると言うのです。

このツイートに、多くの社会人が「勉強になります」というコメントを寄せています。

  • まさにおっしゃる通り。分かっているのに挑発に乗って傷ついてしまいます…
  • 仕事上、どうしても関わらざるを得ない相手だと、困るんだよなぁ。ただ「失礼な人と同じ土俵に上がる必要はない」という真意は伝わりました
  • 相手にしない。これからはそうやって対応してみます。ありがとうございました
コメントにもあるように、仕事上どうしても関わらなければならない相手が「失礼な人だ」ということもあるでしょう。

しかし、「可能な範囲で相手にしない」など、できるだけ遠ざけることで心の疲弊は防げます。

単純なことではありますが、一度「失礼な人は相手にしなくていい」というルールを自分で作ってみてはいかがでしょうか。もしかしたら、今までよりも少しだけ軽い気持ちで仕事に取り組めるかもしれませんよ。


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス