最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

キャンセルはNG!? 相手を見極める目を持とう!「フリマアプリ」で賢く節約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「フリマアプリ」を使って賢い節約術を身に着けよう!
今回は「フリマアプリ」を始めるにあたって、おおまかなルールと準備についてお話しします。
ここでご紹介するフリマアプリは「メルカリ」がメインですが、「FRIL(フリル)」や「ラクマ」などのフリマアプリも、基本的に大きな差はありません。

※ 【「フリマアプリ」で賢く節約】 前回の記事を読む

■手順に沿って「フリマアプリ」をダウンロードと設定をしよう


1:AppStore、Androidでアプリをダウンロード
ほとんどのフリマアプリは、無料でダウンロードできます。
2:基本的な情報を設定
商品の受け渡しに必要な、住所や名前の設定の他、支払い方法やメール設定などを済ませましょう。
3:プロフィールの設定
これから取引するにあたって、あなたのニックネームとプロフィール画像、自己PR文を登録します。
ちなみに自己PR文は「よろしくお願いします!」といった内容が大半。
メルカリの場合は1000字以内で設定できます。
売り手になった場合の、販売時の個人事情を記入される方も多いです。
メルカリは独自ルールを記入しても絶対的な効力はないのですが、トラブル防止や、お互いに気持ちよく取引をする上で、買う前に出品者のプロフィールを一読することをオススメします。

■わからない事は「ガイド」を確認してみよう

「メルカリ」の場合、「ガイド」と書かれた、詳細内容を確認できる項目が用意されています。
「初めてガイド」「詳細ガイド」「利用規約など」に分かれていて、詳しい利用方法が書かれています。
購入のしかた、出品のしかたの他にも、ルールとマナー、発送方法についても詳しく書かれているので、初めての利用者は一読してみるととてもスムーズに取引ができるでしょう。

■気になる事は、「コメント」して聞いてみよう
「聞きたいことがあっても聞けない」「質問されてもきちんと答える自信がない」。
このような不安から、フリマアプリの使用を躊躇されるかたも多いようです。
相手は初めてお話し(コメントのやりとり)する方がほとんどで、「です」「ます」調の丁寧な言葉遣いが基本です。
そして商品についてわからないこと、気になる事は積極的に質問することをオススメします。
購入後に「こんなはずじゃなかった」「思っていたのと違う」など、トラブルの元は確認不足によるものも多いのです。
実は商品説明が詳細に書かれていない場合も多いのです。

また「基本的には購入後、キャンセルをすることはできません」
ここ、重要です。
  • 購入手続きから3日以上、購入者による支払いがない場合
  • 発送までの日数」を3日過ぎても発送されず、出品者からの取引メッセージも3日以上ない場合
この2つのケースに限って、キャンセルホームが現れる仕組みになっています。
ですので、コメント欄で積極的に気になるところを質問してみましょう。

■信用の目安は「取引相手の評価」をよく見ること!

フリマアプリでは売ったり買ったりした時に、最後に3段階で相手を評価。
大きく「良い」「普通」「悪い」に分かれています。
この評価をお互いにした時点で、お金の引き渡しが行われ、取引が終了します。
始めたばかりの出品者の場合は評価で判断するのが難しいのですが、割合的に「悪い」が多い出品者からの買い物はオススメできません。
コメントのやり取りなどで、誠実な相手かどうか、見極めの材料になることも。
必要最低限の連絡は取り合い、お互いに気持ちの良い取引を行えるよう心掛けたいものです。

■「お金のやり取り」も安心できる仕組みになっている
「お金のやりとり」はメルカリが仲介するシステムになっています。
購入者の手元に商品が届き、購入者が受け取り通知をした段階で、出品者にお金が受け渡されるようになっています。
ですので、よほどのことがない限り、
「商品だけが届かない!」「商品を渡したのにお金がもらえない!」という心配がありません。
大まかではありますが、ルールや仕組みについて、ご理解いただけましたか?
次回からは筆者が「メルカリ」を利用して、売り買いを通して感じた事、気づいた事を交えた”リアルなフリマアプリの楽しさ” についてお話ししたいと思います。
また、「フリル」で2016年10月より始まった「販売手数料 ”無料” 」に、とっても魅力を感じた筆者がフリルアプリを新規導入し、「メルカリ」と比較してみたした様子を、これまた “リアル” にお伝えしたいと思います。
どうぞお楽しみに!


外部リンク(日刊Sumai)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス