最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大丈夫?インフルエンザ予防接種後の赤みと腫れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
予防接種を受けると、接種後に腫れや発熱などの副反応が起こることがあります。インフルエンザの予防接種後、接種した箇所に赤みと腫れが出たことが心配なママから相談がありました。専門家は、どのように答えているでしょうか。

生後6カ月の子どものママからの相談:「インフルエンザの予防接種をした箇所が、赤く腫れました。様子を見ているだけでいいのでしょうか?」

『先日6カ月の息子に、インフルエンザワクチンの接種をしました。2回のうち第1回目だったのですが、注射した部分が真っ赤になり硬く腫れてきています。触ると熱く、熱を持っているような気がします。息子は普段と変わらず機嫌良く、熱が出ることも無く、食欲もあります。下痢などもありません。風邪のような症状も無いと思います。ワクチン接種前の説明では、このような赤みが出るとは聞いていましたが、熱くなっていても冷やしたりせず様子を見ていていいのでしょうか?(30代・女性)』

特に対処しなくても大丈夫


インフルエンザのワクチン接種後に患部が腫れることは、珍しいことではありません。特に対処する必要の無い反応には、どのようなものがあるのか教えてくれました。

『お子さんが元気であれば、時間の経過と伴に腫れや赤みは引いていきますので安心してください。私達医療者も毎年インフルエンザの予防接種を行いますが、同じように腫れたり赤くなったりすることもありますので異常なことではありません。お子さんの場合は、食事も水分も摂取できており、活気もあるようであれば緊急性は低いです。特別に対処しなくても、問題ありません。(看護師)』

『インフルエンザワクチンを接種して、接種部分が硬くなる・腫れる・痒みが出る・熱を持つことは約10~20%の人に起こります。珍しいことではなく、抗体が出来るための身体の反応です。接種後24時間以内に起こり、通常2~3日、長くても1週間程で治まります。気になる時は、冷たいタオルで冷やしてください。かいたり揉んだりと、刺激を与えないようにしてください。赤みや腫れが広がるようでしたら、予防接種を受けた病院を受診してください。一時的に発熱することもありますが、様子を見て良いでしょう。(看護師)』

『予防接種の副作用で一番怖いのが、アナフィラキシーショックです。接種後30分は病院で様子を見るか、病院の近くで過ごしてください。(看護師)』

感染予防に努めて


ワクチン接種後も、感染予防に努めるようアドバイスがありました。

『インフルエンザの予防接種をしても、完全に感染しないわけではありませんの。帰宅した際は親御さんである相談者さんが感染しないように、うがい・手洗いをしっかり行って予防に努めてください。外出の際は、マスクを着用することも感染を防止するためには大切です。(看護師)』

10~20%の割合で、ワクチン接種後に腫れなどの反応が現れるそうです。腫れたり熱を持っていても、特別な対処は必要ないようなので様子を見ましょう。ただし、ワクチンを接種してもインフルエンザに感染する場合もあるので、感染予防は引き続き心がけてください。


外部リンク(イクシル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス